日光のクリンソウ | 気ままにナチュラルガーデン

気ままにナチュラルガーデン

山口県の庭の様子を気ままに書いています。
ポール・スミザーやベス・チャトーのようなガーデンを目指して、日々勉強中!
良かったら読んでもらえると嬉しいです(*^^*)

 

日光のクリンソウ

 

2019年6月7日に栃木県日光市にある千手が浜にクリンソウを見に行きました。

 

 

中禅寺湖から船に乗り

 

 

千手が浜に降りてすぐにちょこちょこクリンソウがありました

 

 

浜から少し歩いたところに群生地があります

 

 

兵庫県宍粟市のクリンソウ群生地にも一昨年に行きましたが、宍粟市よりも色の幅が広いというか、バリエーションが多いように感じました。

あの時は赤に近いピンクが多かったかな?白はあまり無かったように思います。

 

 

たくさんのクリンソウにどこがキレイに映るか?とたくさんシャッターを切りましたが、中々本物ほどキレイな景色は撮れません。

是非実物を見に行ってください。

 

 

水が好きなだけあって川沿いにたくさん咲いていました。

 

 

すでに種をつけているクリンソウもあったのですが、我が家に植えてあるクリンソウとは種のちょっと感じが違いました。

家にあるのはプリムラ・アップルブロッサムと赤花クリンソウ、ミラーズクリムゾンが植えてあります。

あれらは種が蕾のように丸く固い感じですが、日光のクリンソウはアネモネ・バージニアナの種のような綿毛っぽくなっていました。

写真がないのが惜しい…!

ちなみに今年もアップルブロッサムと赤花クリンソウの種を取りまきしました。

発芽したらまた書こうと思います。

 

 

これはクリンソウと共に群生していたフキ落葉樹の下に群生していて、明るい林の中!って感じでキレイでした。

 

 

フキの中に生えていたカラマツソウ

我が家には仲間のタリクトラム・デラバイとデラバイ アルバが植えてあり、

近くの秋吉台にはカラマツソウがたくさんあるので、何となく愛着がある植物です。

 

今回の旅行は夕方に戦場ヶ原、2日目に湯滝にハイキングに行って、そこでも野鳥や山野草、樹木などを色々見てきたのですが、ここで書くと長くなるので、ここまでに。