昨日の七夕の日、竹寺と名栗八坂神社のツアーに行ってまいりました。





あいにくの雨、と思いきや、大変風情のある雨になり、竹林の中にある


瑠璃殿の座敷での座禅と瞑想は、しとしとと降る雨の音、うぐいすの


透き通った声の中、ほんとうにすがすがしい時間を皆様と共有することが


できました。





釈老師のご祈祷は、密教の特別なご祈祷の作法を間近に見せていただきな


がら厳粛なる雰囲気の中で行われ、各ご当家の祈祷をしていただきました。




もう一つのブログ-20127竹寺 002.jpg


神仏習合のお寺のため、祝詞もあげていただきました


実はももちゃん?神様?の手とエネルギーが写っています(;O;)






もう一つのブログ-20127竹寺 014.jpg



その後、なんとまた座敷童子「ももちゃん」の感謝の雨(?)


本堂から茅の輪をくぐって降りてくる途中、 10円玉くらいの大きさのおはじきが


老師のところに一つ、降ってきました。


きっと一生懸命ご祈祷してくださった老師へのお礼かな、と思っていたら、


その後、10個のおはじきが私の歩く前に降ってきました。!?


バラバラっと音がしたので、前を歩いていた人たちもみんな振り返り、いつもの


ように大騒ぎしながら拾いました(*^_^*)




もう一つのブログ-20127竹寺 022.jpg


女性のみなさんに一つずついきわたるように配り、その後精進料理を戴きました。


いつもながら、竹寺の精進料理は竹づくしで私たちの目と舌を楽しませてくれま


す。素敵なお花もみなお寺の庭にあるもので、あまり見たことのない紫式部な


どのお花が飾られています。



もう一つのブログ-20127竹寺 026.jpg     もう一つのブログ-20127竹寺 034.jpg


このあとも続々とお料理が運ばれてきました。    こちらは老師が食後にアレンジしたお花です。





お部屋に座ってみると、向かい合うのは7人X2列。 


偶然にも七夕の7の数でした。(^.^)




もう一つのブログ-20127竹寺 030.jpg


楽しみながらおいしくお料理を戴いていたときです。


男の方が3人いらしたのですが、ふと見ると男性二人のカバンの上にそれぞれ


大きなおはじきがいきなり現れていたのです。


離れて座っていた男性一人はカバンを持参されていなかったのですが、


最初は自分のところには無いと言っていたのが、「あれ、こんなところに!」と


座布団と自分の足のすねの間に何かがあるのを感じて出してみると、


やはり大きなおはじきでした。ベル





女性には小さなほうのおはじき、男性には大きなおはじき・・・


ももちゃん、やってくれますね(*^_^*)


みんな大喜びでした!





それにしても、このおはじき、見たこともない大きなおはじきなんです。


小さい方も、見かけたことがない大きさのものですが、大きな方はまるで


文鎮(^_^;) 直径が5センチくらいのものです。



もう一つのブログ-120707_132010.jpg
 一番左は、十円玉。 大きさがわかりますか?



ももちゃんは、みんなが幸せな気分になってくれて、楽しいなと思うときには


だいたい現れます。


一緒に楽しんで、いつも走り回っています。





名栗の八坂神社にも参拝し、老師に祝詞をあげていただき、それぞれが


お祈りをしました。


そこでも、じつはこのおはじきが現れたのですよ。ニコニコ





その後、名栗の大松閣という老舗の立派な旅館で温泉に入り、夕食を戴き、


とにかくみなさんに大満足していただけたツアーでした。



もう一つのブログ-20127竹寺 041.jpg

老師がみなさんの念珠やアクセサリー、時計などに気を入れてくださったおか


げで、みんなも元気になったようです。ニコニコ


楽しく喜んで下さるみなさんの顔を見ると、私は本当に幸せになります。


参加していただいたみなさん、ありがとうございました。



これで竹寺のツアーは3年目になりましたが、快く本堂まで貸してくださる竹寺のご住職様には心から感謝いたします。


そして、何より、たくさんの愛をもってみなさんのために祈祷をしてくださった釈老師に感謝申し上げたいと思います。


皆様、ありがとうございました。ドキドキ (ももちゃんもありがとう



クローバー参加された穂の華さんがご自身のブログに書いて下さっています。
ご覧になって下さいね

http://ameblo.jp/honocafe-no33/entry-11297967490.html