街ごとパーティーなラスベガスマラソン | ラスベガス的リタイアの法則

ラスベガス的リタイアの法則

在米30年をハワイと南カリフォルニアで過ごしたのちに、ラスベガスで始めた引退生活。ところが主人が悪性脳腫瘍に。ラスベガス大好き♡なヨメが、愛する主人のために古巣カマリオへ。

Hi everyone!

お元気ですか?

今日も朝から大忙し。
というのも、今日主人の従兄弟ハワードがオレゴンから来るのです。

もう主人がいないので、ハワードは気を遣ってホテル泊。それでも空港まで迎えに行こうと思っていたけれど、結局ウーバーで行くとのこと。
正直助かりました。

というのも。
実は5Kの日に、おそらくスタート地点で運転免許証を落としたんです。あせる

それで朝からまずは気合入れて掃除して、午後はDMVに。


予約しようかと思ったけれど、最短の予約日は1週間先。やっぱりIDがないのは不安なので、頑張って待つことに。
睡魔との闘いで、コーヒー飲みながら待ちました。

今日も長男と話したのですが、2人とも実際にレースで路上を走る方が、トレッドミルでひとり黙々と走るよりもずいぶん楽なことを発見。

周りに同じように走っている人がいること、そこら中でライブエンターテインメントをしていること、周りに景色があることなどは、ジムで黙々とトレッドミルで走るよりもずっと気が紛れるのです。

長男はフリーモントの折り返し地点で、

「このレストラン、こんなとこにあったんや!」

と思いながら走っていたらしい。爆笑

「ああ、ストラスフィアタワーやとか、ミラージュが見えた、とか励みになった」

ストラスフィアタワーやミラージュは、結構遠くからでも見えるんですよ。夜のマラソンなのでネオンの洪水だから。しかも街を上げてのお祭り騒ぎでしょ。
そこら中に仮設ステージがあって、DJやミュージシャンが演奏してる。
夜ネオンの中を走る、という点で、ラスベガスマラソンはよそのマラソンとは趣きが違うと思う。
まるで大晦日のようなパーティー気分。音譜

私も来年はせめて10Kで、賑やかなストリップを走りたい。爆笑

そして沿道で応援してくれる人がたくさんいる。これが予想以上に大きな励みになりました。

レースで走ると、精神面での刺激が大きいんでしょうね。
周りのランナーにも刺激を受けるしね。

レースの詳細を見ると、


1マイルを平均11分42秒のペースなんですよ。ということは、平均時速5.25マイルのスピードで走ったんですよね、ワタシ。

びっくりびっくりびっくり

トレッドミルではレース前最後のランで、45分中最後の2分を時速5マイルで走ったのが、初めての5マイル台だったのに。

それも後半の方がスピードが速くなってた。びっくり
自分でもびっくりしました。

多分真ん中辺りが少し上り坂になっていたので、上りと下りの違いだと思うけれど、上りに差し掛かった時に、折り返したら下りだからそこでスピードを上げようとは考えてた。

初めてのレースでなかなかのペース作りができたと、それがちょっとエッヘン。爆笑

長男は10K(6.2マイル)を50分で走ってはった。びっくり


平均時速7.3マイル。

長男がランニングを始めたのは今年の2月。

お互いに初めてのレースで、思った以上の走りができてよかったです。照れ

これでトレッドミルのほうが実はキツイとわかったから、今後のトレーニングの励みになりました。

さて、ハワードはそろそろ搭乗する頃。

先日の「秋祭り」で買った物以外にマフラーも編んだので、明日会って渡すのが楽しみ。音譜


では、お元気で。

Have a nice day!

よかったら、ポチしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング