幻のペンダントライト | ラスベガス的リタイアの法則♡カマリオ編

ラスベガス的リタイアの法則♡カマリオ編

在米30年をハワイと南カリフォルニアで過ごしたのちに、ラスベガスで始めた引退生活。ところが主人が悪性脳腫瘍に。ラスベガス大好き♡なヨメが、愛する主人のために古巣カマリオへ。


テーマ:
Hi everyone!

お元気ですか?

オムレツハウスを買って1番に購入したのが、キッチンカウンター上のペンダントライトでした。

ファームハウスっぽいインテリアが好きなので、青系のペイントが剥げたライトを2個アマゾンでオーダーしたのです。

困った時のアマゾン頼み。
それはいろいろなサイトも見たし、あちこちのお店にも足を運びましたが、結局いつものようにアマゾンでやっと頭の中で描いていたデザインのライトを見つけたのでした。

私たちが倉庫に預けていた荷物を運び込む前には早くも配達されて、このライト2個がオムレツハウス入居第1号だったのです。

天井から垂れ下がるタイプのペンダントライトなので、キッチン工事が始まってカウンタートップが入らないことには、どの程度の高さまで落とせばいいのかわからないから、ずっと配達された箱に入ったまま荷物に紛れていました。

…と信じていたのですが…。
…のハズだったんですが…。

これがありませんねん。アセアセ

キッチンも棚の取り付けはとりあえず終わったので、ようやく部屋の隅に山積みになっていた段ボール箱の数々を開けて整理してみたら、どこか奥の下の方にでも隠れているのだろうとたかを括ってたペンダントライトの箱がないことに気づいた次第。

ガーンガーンガーン

やられた…。
気付いた時はいつも手遅れ。汗

これね。こっちの部屋にあったライトの箱や他のものが、ある朝起きたら別の場所に移動されていたんですよ。

主人はきれい好きで、ふと目についたら片付けてくれるのはいいけれど、とにかく捨て魔なのがたまにキズ。滝汗

主人に聞いたら「ガレージにあると思う」と言ったけど、ガレージのどこ見ても箱なんかどこにもないし。

どう希望的観測をしても、

捨てられたとしか考えられへん。えーん

でね。昔なら怒鳴ることも怒りまくることもできたのですが、脳腫瘍の主人に、

「なんで捨てんの⁈」プンプン

と問い詰めても、暖簾に腕押しになるのは火を見るよりも明らか。だって覚えてないに違いないんです。

それにね。ここで責めたら、主人はきっとまた哀しそうな辛そうな顔になってしまう。

だって病気だから。ショボーン

それでしゃーないわと潔く諦めて、またオーダーすることにしました。

そしたら…。

売り切れてるがなーー‼️ドクロドクロドクロ

いや、正確には「残り1点」。

2個いるねん。1個じゃ役に立てへんねん。えーん

あれだけの時間と労力をかけてやっと見つけたライトを、

1番に買っておいたお気に入りのライトを、

誰か返してくれーー。えーんえーんえーん

それでも主人を責められないこのフラストレーション…。あせる

主人の捨て魔度は年季が入ってるのです。
電子レンジの上の棚に取り付けるダクトが、ずっとガレージに置いてあったのですが、毎日のように「これゴミ?」と聞いてくる。

もう捨てたくて捨てたくてたまらないんですね、目障りだから。

で毎日のように私とボーに口を揃えて「NO‼︎」と言われる。

なんでもこの調子で、毎日この繰り返し。あせる

ペンダントライトはまた仕切り直しせな。

前の以上に気にいるのが見つかりますように。お願い
そしたら少しは救われるというもの。

でもマスターベッドルームの壁につけるライトは、めちゃ私好みのを見つけました。ラブラブ

このイキオイで頑張ろう。グー

では、お元気で。

Have a nice day!

よかったら、ポチしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

yums-taさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス