どうもこんばんは。



ハイシーズン到来なこともあり、最近はみなさん良い魚をたくさん釣ってますね。

ワタクシも是非あやかりたいものです( ̄* ̄ )



さて、そんな中で、バスもマスも問わずなのですが、自作のロッドで釣りをする方の記事が最近とても気になっていました。



ロッドビルディング…今まで自分には無関係な世界だと思っていましたね。

オーダーにてショップに依頼する事も前に考えていましたが、自作となるとハードルが高いと言うか、素材から作る訳じゃないにしても、釣り竿を作るって…凄いですよねε-(´∀`; )



しかしブロ友さんの記事を見ていて、自作ロッドでお魚ちゃんが釣れたら…

(´-`).。oO(最高に楽しそうだな…

なんて。





さっそく情報をwebにて収集。

先人達の貴重な情報公開を熟読。
ひと昔前なら考えられないですが、ずいぶんと便利な世の中になったものですね。


鬼門はガイドのスレッド巻きとスレッドのコーティングやな(´Д` )



と、暇があればリサーチして、ある程度の技術と道具は必要なようですが、、自分にもなんとかなりそうだな、と。



とまあ、タイトルにある通り夜な夜なロッドビルディングに挑戦してますです。


ワタクシ、何かと自作が好きなんですね。





まずは、手に入れたソリッドグラスのブランク。

{62538AA4-993C-4E7F-91C4-84C64965037B}

約4.3フィート、ハンドル付けて5.2フィートといったところでしょうか。


{B7D4E8D5-3A49-4590-B28E-6580F196DAE7}

バットは8㎜と細いですが、ガッチガチのガラス棒です( ゜∋゜)

元々は5フィート以下のショートロッドにしようかと計画していましたが、この固さのままティップを 詰めたら使えるアクションになるまで削るのがかなり大変そうなので中止。

長さはこのままいきます。




しかしガラス繊維がなんともノスタルジックな雰囲気。



ちなみに無色(乳白色)のソリッドグラスは比較的大きな釣具屋さんで安価に売ってます。
しかし、記念すべきキンタロの処女作はというと、、、なんとアメリカの古い倉庫から出てきたという、何十年前のビンテージブランク。


コレ、とっても貴重な素材ですからね、初回から失敗できません( ;´Д`)
…なんともプレッシャー好きなドMちゃんです。



とりあえずガチガチの棒をスローテーパーにするべく、耐水ペーパーで水研ぎ。

本当はインパクト(電動ドリな!)にバットを固定して回しながら削るのが良い(断面を真円近くに出来るため)のですが、手元にインパクトが無い為フリーハンドでゴリゴリ。

いやいいんです、この辺はあまり肩の力入れず気楽にねε-(´∀`; )








なんて言ってたらソリッドグラスなのにスパインが出ちゃったよ( ;´Д`)


スパインとはロッドブランクの背骨の事なのです。一番固い面ね。
断面が真円じゃないから360度同じ様に曲がらないという事。仕方ないね。

これを神経質に気にして削ったら、L→XL→XXL→…になる自信があるのでw

やっぱりインパクトいるなコレw




スパインについて詳しくは書かないので、ご興味ある方はお手元のそちらで調べてくだされ(笑)





とまあ、スパインはありきでw既製品の曲がり具合を参考にして削っては曲げ、最終的にはレギュラー~スローの良い感じになりました。





さてさて、後はバットフェルールとガイドさえつければ無塗装でも使えますが、ロッドは割とワイルドに?扱うワタクシ。


表面にコーティングする意味も含め、ブランクにクリア塗装をしたいと思います。
せっかく透明度のある黒いブランクですからね、素材感を生かしてのクリア塗装です。


(これが後々大変な作業になるとはこの時は想像もつかなかったのだっ!)



して、ブランクの塗装には高度なテクニックで『しごき塗り』という方法があるそうです。
が、難しそう。。したら今回は気軽にスプレー塗装でいきたいと思います。


スプレー塗装なんてうん十年ぶり?かなり久々なんですが、キンタロの若かりし頃は単車のヘルメットやらマフラーやらを自家塗装していました。

手前味噌ですが仕上がりはかなり自信ありましたね( ̄ー ̄)写真がないのが残念。




とその前に、バットフェルールを装着しましょうか。

{7069D06F-4511-4901-A8EE-5F71097C52D3}

ロッドを曲げた際に一番力が加わる場所なので、ブランクに直接フェルールを接着するのはあまり良くないとの事。
一応スレッドを巻きました。

{F1939314-2C47-4107-BA8F-3090EC5DB03F}

マスキングしてエポキシベッタリ付けて、装着。
ぴったりすぎて中の空気が抜けずになかなか苦労しましたよ。

{084D30E3-353D-4449-9ECA-A5BE2CE3BCDA}

うむ、これだけでロッドらしくなりますね。
フェルールはフェザーウエイト社製のシンプルなもの。ローレットはありません。
これもずいぶん古いものらしいです。


{DB3DD2B1-8C76-4994-91A5-53FF1F7E017A}

{C7106D43-3E95-4133-9F51-3B124864990E}

水性ペンにてネームもいれました。



『シュープリーム モーメント』


直訳で、『最高の瞬間!』です。























…恥ずかしいwww




外人からしたら、ハルクホーガンのTシャツみたいな事になってないといいのですが( ̄ー ̄;




他にもキンタロにちなんで、『マサカリスティック』だとか色々考えましたが(笑)





しかしこんな細い棒に塗装とは、いったいどうなることやら…



とりあえず今回はここまで。



では。

{DC49D06C-8CF1-45D8-9F72-34DEBB815263}