今回は外壁タイル下地の浮きによる剥離応急処置です。

 

外壁が落ちれば命に関わること。

見つけたらすぐに処理をしたいです。

 

ところが足場掛けるのも多額な費用が掛かるし、高所作業車では作業が出来ないところも多々あります。

 

 

 

今回は3人チームでの作業。

一人がハツリ、もう一人がゴミを受ける。それらを地上と屋上でフォロー。

もちろん地上での安全確保のための人員は必要ですが、実際の作業は3名で行います。

 

 

詳しくはお見せできませんが、ゴミ落下防止用の特殊パックを使い作業をします。

ゴミの落下はほとんどありません。

 

 

浮いている所の撤去が今回のお仕事。

落下の危険があるところはきれいに撤去。

 

ロープアクセスですべてを完璧に作業することは出来ませんし無理に作業をしても良い結果にはなりません。

 

 

 

今回はタイルの隙間を止水処理して作業終了。

以後、ゴンドラでの作業になります。

 

 

 

巷には「足場なして何でもブランコ、ロープでやります!」なんて業者もいますが、責任ある設計施工を請け負う当社としてはそんな無責任な事は言えません。

適材適所、向き不向き、その辺を見極めてご提案するのがプロの仕事!

特にロープアクセスで作業した施工カ所は写真でしか確認出来ませんからね。

 

 

 

 

 

お問い合わせは・・・

↓↓↓↓↓↓

建陶社生活環境設計株式会

http://www.seikatukankyou.com/

 

陶板浴こえど

http://www.seikatukankyou.com/koedo.html

 

facebook

https://www.facebook.com/kankyokaifuku.koedo.tobanyoku/

 

Instagram

https://www.instagram.com/tobanyoku_koedo_official/?hl=ja