2017年10月18日 21時24分19秒

心にぽっかり穴が開いているような欠乏感を感じるのなら

テーマ:がけっぷち夫婦仲を大逆転
●心にぽっかり穴が開いているような欠乏感を感じるのなら

こんにちは、八馬(はちうま)ゆみ、ゆっちです。

温かい家庭で育たなかった人に共通する特徴。

それは「欠乏感」。

「なにかが足りない」

「なぜか、満たされない」

「幸せなはずなのに、心にぽっかり穴が開いている感じ」


カウンセリングをしていても、ときどき、お目にかかります。

「幸せなはずなのですが、幸せを感じないんです」

という方。

はっきりとした毒親であれば、原因はわかりやすいですが、普通の親の下で育っても、心にぽっかり穴が開いたような気持ちになっている人は少なくないと思います。

私も、普通に愛情のある両親の下で育ちましたが、ずっと、小さな穴が開いてましたし^^;

普通に優しい両親だったので、その穴になかなか気が付けませんでした。

その穴に気づけたのは、夫婦仲がうまくいかなくなったからです。

だから、人生に問題が起きるのは、自分の内面を教えてくれることでもあるのです。

壮絶な毒親育ちである青山華子さん。



大人になってからの経験も壮絶で、恋人からのDVをうけたり、ダメンズにはまったり。

睡眠薬とアルコール依存、買い物依存、セックス依存にもなりました。

「何か足りない」

「なぜか、満たされない」


という思いが、アルコールや買い物やセックスに、依存することにつながって行くのです。

(夫婦仲でうまくいかなくなる場合は、相手にべったり依存して、コントロールすることで、愛を奪おうとするのです)

でも、華子さんは、そんな人生から、自力で、抜け出したのです。

全財産715円しかなく、仕事なし、恋人なし、住むところもなしという、まさに「がけっぷち」にいた華子さんが、29歳で電撃結婚、その後、旦那様と一緒に会社を立ち上げ、彼女が社長に。

そのいきさつは、こちらのご本にありますよ^^

仕事も恋もがけっぷち! 29歳OLが永遠に続く幸せを手に入れたシンプルな習慣/SBクリエイティブ

¥価格不明
Amazon.co.jp

そして、結婚約15年たった今も、ご夫婦は、とっても仲良し♪

もともと家事が苦手で仕事が大好きな華子さんを、旦那様はずっと公私にわたり支え続けています。

仕事では、強くてかっこいい華子さんですが、ぶりっこも上手に取り入れて、「もうムリ~、できな~い」と旦那様に甘えているそうですよ。

(仕事バリバリして、夫婦円満の女性は、ぶりっこが上手です:ゆっち調べ)

そしてね、おうちでは「メイドごっこ」や「女王様ごっこ」などもして、楽しく旦那様と遊んでいるんですって。

そして、華子さんは旦那様のことを、「私にはもったいない人」とのろけてます。

壮絶な毒親育ちを乗り越えて

「好きな人と、好きな時に、好きな仕事をしながら、楽しく暮らす」

という夢をしっかり実現なさっています。

どんなにひどい親に育てられても、どんなにひどい状況であっても

「必ず幸せになれる」

と、断言する華子さん。

・どうしてそこから抜け出せることができたのか?

・どうしたらずっと幸せでいられるのか?

・どんな親でも感謝しないと幸せになれないの?

・今が苦しい人は、どうしたら自分を幸せにできるのか?


そんなお話を、華子さんの実体験をもとに、お話していただきます。

以前、このお話を聞いた方々は、こんなご感想をくださってます。

セミナーとても感動しました。

『私も幸せになれるんだ』って心から思えました。

ほんとうに勇気をもらいました。

~~~~~~~

華子さんの話に勇気づけられました。

いろんなことがあっても乗り越えられる強さを感じ、あつい気持ちになりました。

~~~~~~~

華子さんの壮絶な人生の話を聞いて言葉を失いました。

そこまでの人に会ったことがなかったので、それでも今、しあわせになっているということにすごく希望を感じました。

そうですよね、そこまでの人に会ったことないですよね。

華子さんの、今、お幸せな姿を見て

「私もできる」

と強くイメージしていただけると思います。

11月23日(祝)に開催する「毒親育ちでも、結婚と仕事で必ず幸せな女になるセミナー」♪

13時30分~16時30分に開催します。

そのあと、希望者のみで実施する懇親会もありますよ^^

DVD撮影などはいたしませんので、 会場に来てくださいね。

このセミナーは、10月25日(水)のメルマガより、募集を開始します。

・無料「愛されスイッチON!メール」ご登録
アメブロ外ですが、私のHPで、安全なサイトです。

3カ月後のあなたを愛され妻にするカウンセラー 八馬ゆみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿