何かするとき

成功を前提に
計画します。



でも

そんなのは

ひと握り


成功したか

しないで人の価値をつけてしまい


成功者として

隣に並ぶ…

どこの世界でもあります。


そして
失敗すると

人々は去る


自分は
恥ずかしいさいっぱい。


そんな中


いい記事をみつけました。


内容
そのままではないですが



参考にされてくださいませ。


人は失敗したり損失を出したり結果が出ないと恥ずかしいと思う。失敗や伸び悩みって当たり前。何か決断し行動すれば恥ずかしい思いはするがぜんてい。
 
失敗を恥ずかしいと思うならそれは無傷で何かを得られると思っていると言うこと。
それは都合の良いお話です。おいしい所だけうまく摘まみ食いたいと考えれば逆にまずい所だけ食わされるはず。人生は最悪の状態が平常時であると思ってやっていれば何でも有難く思えてくるものです。
 
リスク取る取らないで考えたら取った方が良い。局所的には痛い。恥かく、かかないで言ったらかいた方が良い。

失敗、恥ずかしいでやらないより、失敗した後の成功や達成感を味わいながらいきたいものです。