20代で
服飾の専門学校に入学したときに


先生が
私達生徒に

あなた達は
プロになる為にいまここにいます。


お友達や家族に

洋服を作ってあげることもあるでしょう。


その時は

プロではないけれど

セミプロとして


賃金をもらいましょう。

っと
お話くださった事は

忘れられません。





学校に入学し卒業したらプロ



学校に行かなくても

実際店舗で働いていて

賃金をもらったらプロ



どっち?


どちらでもいい。


私は


お高い授業料を支払い

技術を学んで

あなたはプロですよーの
お墨付きがあったとしても


実際
お客様に
その技術を提供し
賃金をもらえないなら

プロじゃないと考えてます。



スクールでは



早く

プロとして

歩んで欲しいから

レッスン中から


様々なアドバイスをしています。




生徒さんの目的は



セラピストとして


お客様に

もっている技術を提供し

喜んでいただき


それに見合う代金を

お支払い頂く事が


目標。








技術も大事


マインドも大事



誰から学ぶかも大事



どんなものを学ぶかも大事







私の



スタートは
アロマトリートメント



高い

授業料を支払って

技術を学びました。



っが

その技術を、提供した期間は

少なかったです。




流行りだったのかな?


授業料高いから



大丈夫って思ったのかな?



スクールが有名だったからなのかな?






とにかく


何をもってプロフェッショナルなのか?




やっぱり

サロンに常に

お客様がいて


施術をしているセラピストが

現プロ。


プロフェッショナルと

お墨付きをもらったとしても


サロンにお客様がきておらず



時々

技術を学んでいるのは



セミプロ⁈


いや〜

私は
そのサロンには
行かないな…






私自身

新しい技術を学んだら


内緒で?笑笑


必死に
家族相手に練習するから




練習してます〜は


見せないです。




あなたは

何をもってプロフェッショナルと言うのか?





学校が言ってる

先生が、言ってる





やっぱり


お客様が一番だと思いますが

いかがでしょうか?