逆子と言われて

テーマ:

先月の妊婦健診でエコー画像をみながら

「逆子ですねー。」

と先生に告げられましたポーン


や、やっぱり。。

(≡Д≡;)



どうやら頭らしい硬い感触がおへその上にあり
胎動は下の方で感じていたからです


特に激しく蹴ってくる時は
膀胱を暴行されている感覚に

うっ‼︎ゲッソリとひるむことも多々ありました



私は7ヶ月で逆子と診断されましたが
先生からは、

「この時期は、赤ちゃんが自由にくるくる動き回っているから、まだ心配しなくていいですよ。」

と言っていただきました



それでも気にならないといったら嘘になるので

自宅では、
「頭は下だよー。こっちだよー。」
ヾ(・д・`)

と毎日話しかけてあげました



ネットで調べて
逆子体操が効果あるらしいとわかったのですが


その時期は、ちょうど自宅安静期間中でしたので

逆子体操も禁止されてしまいました滝汗



赤ちゃんの背中の向きを超音波検査で教えてもらって
右向きで寝るように努めましたが



次の健診でも、直っていませんでした滝汗




でも、先生からは
「9ヶ月ぐらいまではまだ大丈夫ですよ。
気にしないでくださいねー。」


と、のんびり言ってもらえたので
安心しました


その頃には、自宅安静が緩やかに解除された時期で

まだ逆子体操や運動はダメだけど
お灸ならいいですよと指導いただいたので

早速、ママ友の知り合いから
逆子治療に定評のある鍼灸治療院を紹介してもらって行ってきましたチュー



三陰交や足三里のツボにハリとお灸を置いてもらって体を温めてもらいました


「ずいぶん冷えてますねー。」
と指摘されて驚きましたが

普段、シルク靴下を重ね履きして
足元だけは冷やさないように心掛けていても、やはり自覚してないだけで
下半身は冷えていたようです…ショボーン


そして、お灸治療をしてもらった夜のこと。


お腹の中の蹴る位置が明らかに変わったのがわかりました!
!(◎_◎;)


膀胱を暴行しなくなったのです笑い泣き

そんなに、即効性があるの?って
驚きましたが


お腹を触ってみると、頭の位置も下の方に下がったのが確認できました



そして、そして爆笑

前回の妊婦健診のとき
超音波検査でハッキリと、逆子が直っていることを先生に告げられ

ほっとひと安心しました。。


あ、でもびっくりアセアセ
まだ油断はできなくて

動きづらいとはいえ
臨月ギリギリまでは、戻る可能性もゼロではないそうです


要は、赤ちゃんにとって
どの向きが居心地がいいのか。ってことらしいです



なので、これからはより意識して
体を冷やさない努力をしたいと思います


他にも子宮内の筋肉を緊張させないで
リラックスして過ごすといいと聞いたので


お風呂タイムも大切にしています


シャワーで済ませず
湯船に浸かって、体の芯から温めながら
心身共にリラックスして筋肉を緩めています


{A8E5B862-6DCA-4E45-9577-993D7A073BFE}

こちらは、『マグマバスプレート』といって
産前にずっと通っていたマグマヨガスタジオが出している、
自宅で富士山溶岩浴ができるアイテムなんです富士山


大好きなマグマヨガも
溶岩浴も

妊娠期間中はNGなのですが

このプレートをお風呂に沈めて一緒に入るだけで
遠赤外線とマイナスイオンの効果を存分に得られて
久しぶりに顔から滝汗をかくことができました笑い泣き



{A05E0B6D-BB99-4369-AD6D-A68DA07A8994}



でも、妊婦だから無理しないように
湯温は39度のぬるめで長風呂しないように気を付けています

それでも、体の芯まで負担なく温まるし
お湯も柔らかくなるので

ベビちゃんも喜んで、胎動が激しくなるんですウシシ音譜



長くなりましたが


もし、また逆子と診断されても
自然に治るケースがほとんどみたいなので

必要以上に心配しなくても大丈夫ですし


もし最終的に逆子のまま出産を迎えても

赤ちゃんにとって、安全でベストな分娩方法で無事に産まれてくれることが何より一番大切なので

穏やかな気持ちで、リラックスして過ごしたいと思います。。

(●´人`●)









AD

コメント(85)