少し時間が経ってしまいましたが、先週の土曜日は東京よりニッケルハルパ奏者のNana Ogashiwaさんをお招きして、フエロン(トリオ)で「北欧の音楽会」を開催しました。


たくさんのお客様がスウェーデンの音楽や、ニッケルハルパに興味を持ってくださって、この企画に参加できて本当によかったなと思います。
企画の安生くん、ありがとうございました!また「北欧の音楽」を広めるべく、これに続く企画やってゆきましょうね。

今回は、Nanaさんにスウェーデンの民族衣装をお借りして、女子はおめかししてみました。

「この衣裳はどこの地域のですか?」というコアな質問もお客様から頂きましたが、確かに民族衣装は地域によって色々と違うようでして、では、公式の場、スウェーデンの国としての民族衣装はどうなんだ…と言われたときに最近できたものが、スウェーデンの国旗色(イエローとブルー)が入った菊の刺繍の衣裳になったそうなのです。なので、スウェーデン王室の画像などを検索すると、この衣裳と同じ衣裳を着ておられます。
胸元には銀のブローチ。私もテンションあがると同時に背筋が伸びる思いで演奏致しました。
衣裳を貸してくださったNanaさん、貴重な経験をありがとうございました!

ちょうどスウェーデン王室の画像検索をすると家族写真が出てきたりするのですが、私たちも、Nanaさんの娘さんEちゃん、旦那様のAさんも一緒に家族写真のように撮って頂きました。王室感はありませんが…笑

{35CE6523-2EA8-40BE-B721-A951C42DFBD5}

 

 


そしてお客様からも依頼のあった、当日のセットリストを…
Nanaさんが文字起こししてくださいました。感謝。
なにげにスウェーデン母音の記号が大変!
当初コラボ曲は数曲くらいで~と思っていたのですが、なんとこんな曲数になっておりました。
 
●1部●
1.リンゴンベリーワルツ(安生正人オリジナル・フエロントリオにて)
2.Ingles brudvals(Nanaさんソロ) インゲルス ブルドバルス
3.Gärdebylåten(Nanaさんソロ) イエーデビ ローデン
4.Edwards Glada  エドワルズ グラーダ
5.Sommar Vals -Marie ver. 夏のワルツ マリー エクセルソンバージョン
6.Close to eight / Nordic tree
7.Hem till Dalen  ヘム ティル ダーレン  風の谷の我が家
8.Polska från Hälleforsnäs  ポルスカ フロン ハッレフォルシュナス
9.Byggnan ビクナン

●2部●
10.Vankarin Polska / Frigg  バンカリン ポスルカ
11.Gånglåt till Djupdalskvior  ゴングロート ティル ユップダールスクヴィーオール
12.Kyrkmarsch  シルクマルシュ
13.1814
14. Himlens Polska  ヒムレンズ ポルスカ
15.Slängpolska  スレング ポルスカ
16.Josefins dopvals ジョセフィンズ ドップワルツ
アンコール 17. 初夏の唄/安生正人
(※このアンコールの安生くんの新曲で、CM動画も作りました→https://youtu.be/sMVQe7jnem4

 

 


演奏終了後は、たくさんの方がニッケルハルパに興味を持ってくだり、実際に弾いてみたりして、ちょっとした体験教室のようになっておりました。
お客様の中には、なんと現在ニッケルハルパオーダー中で、来年の夏に出来上がるという方もいらっしゃいました。
栃木県にニッケルハルパ弾きが増えるといいな~。

会場のパドドゥさんとお客様のあたたかな空間で演奏させて頂き、本当に幸せなひと時でした。

お越しくださいましたお客様、パドドゥさん、お母さんの演奏中頑張ってくれていたEちゃん、旦那様のAさん、そしてNanaさん、フエロンの安生くん、福島さんに心から感謝致します。

ありがとうございました!!

 

 

AD