新築リノベーション DIY編

テーマ:
お久しぶりです!約2か月ぶりのブログになりました。
お腹の赤ん坊も元気いっぱいでもう妊娠8か月になりましたよ。
お腹まんまるです。

さて!
7月末にいよいよ引っ越しをしました。
いやーとんでもなく暑かったです。
新居にクーラーが付いたのは引っ越しの翌日でしたので。
今思えばおとーさん、熱中症にかかってたっぽいです。

引っ越し当日も もちろん暑かったのですが、引っ越し前に何度か新居に足を運び
自分たちで『廊下に漆喰を塗ること』と、『リビングの壁2面にペンキを塗ること』という重大DIY作業がありました。これがまた暑かったー。

その時のことを思い出しながら書こうと思います。

7月の3連休1日目。
新居にて、翌日ペンキ作業をする為の養生をすることに。
養生とは、色を塗らないところをカバーするためにしっかりマスキングテープを貼ること。下にペンキが飛び散っても大丈夫なように、床面にマスカーを貼ること。
この基本の養生作業をしっかりしないと後々大変なことになるのである。

我々夫婦2人で養生作業をしていると、なんと助っ人の皆様が登場!例のアーキプロジェクトとBATTIRI DESIGNの皆さんです。皆さんは何と翌日のペンキ・漆喰塗り作業も1日中手伝ってくださりました。最後の最後までお世話になりっぱなしで神のような存在でした。

ひなっこは暑い中でもユーチューブさえあれば大丈夫。
何時間でもアンパンマンのおもちゃ紹介動画を見てられます。しかし最近の口癖は『赤いの(ユーチューブ)見るー!!』なのが困りもの。

 
助っ人様のおかげでリビングと廊下のマスキング終了。
 

そして翌日。この日も暑い!!
ひなっこは実家に預け、大人だけで作業です。

窓を開けるとマスカーがビラビラはためいてしまうので、窓を閉め切っての作業です。かろうじて扇風機は回っていますが。。

おとーさんは廊下の漆喰塗り担当。
卵の殻で出来ているというこだわりの漆喰です。仕事を途中抜け出し、漆喰を塗る事前講義にも行ってました。

水を入れる分量が大事みたい。水を入れすぎると使えなくなってしまうとのこと。レンタルした攪拌機でよーく混ぜるおとーさん。
 
塗り塗り。
 
ビッグダディにも見えますが、おとーさんです。
  

私はというとリビングの壁のペンキ担当です。
真新しい壁に早速のペンキ!!!
塗り始めはかなりドキドキしましたが慣れてきたら少しくらいはみ出したって「まいっか」の精神で塗りたくりました。
ペンキは各色2度塗りしなくてはいけないので、乾かすのに時間がかかるかも?と心配でしたが、何しろ暑い日だったのであっという間に乾きました。

広い面はローラーで。細かいところは刷毛で塗っていきます。

プロレスラーの背中じゃありません。妊娠中の私の後姿です。ぶくぶく巨大化中。
 
ペンキは壁紙屋本舗さんで購入したものです。
サンプルを何色か取り寄せ、気に入った色をチョイスしました。
前に住んでた部屋の壁紙も水色とピンクだったのですが、今回はそれよりもちょっとオリエンタルチックな色。とても気に入っています(〇´艸`O)
 
朝から始めてやっと夕方すぎに作業終了ー!
ほんと私たち2人だけじゃとても間に合わなかった( ´Д`)
アーキプロジェクトのお2人、暑い中 本当に本当にお手伝いありがとうございました!!

出来上がりがこちら。
廊下の漆喰。
 
写真より現物の方が凹凸があって良い感じに仕上がってます。
塗り立ては色が濃くて『思ったより廊下が暗くなっちゃうなあ』と心配になりましたが、乾くと薄くなりとても素敵なグレーに仕上がりました。おとーさんの力作です。

リビングはこんな感じ。
よく見ると壁と天井の境目がガジガジしていたり、ピンクの壁に若干の色ムラが出てしまいましたがそれはそれで良い思い出!それからペンキなのでガツンと家具が当たったりすると色が剥げやすいのですが、まだ沢山ペンキが余ってるのでいつかまとめて修復したいと思います。

新築リノベーションしていただいた家に、自分たちのDIYで仕上げをしてリビングがついに完成!

どんな部屋に仕上がったのかはまた別のお話。
『新築リノベーション ビフォー→アフター編』につづく。
 
AD