昨日の夜、ギザのピラミッドについて、レセプションのお姉さんに聞きに行った

他の人と一緒で、ギザのピラミッドと、サッカーラ(カイロから南にある街)に行くTOUR

値段を聞くと、一応HOTELのTOUR表がある

$35.00という。

どうしようか・・・  考えると言って、部屋に戻った

 

個人で、ギザは簡単に行けるが、サッカーラは少し離れている

地球の歩き方では、TAXIをチャーターして50~70LEと、書かれているが、

全く書かれている値段と、現実が違っているので、ここまで安くは行けなさそうだ

 

あちこち、周るのも全て【値段交渉】しながらになる事は、目に見えている(--;)

どうしよっかなー??と、Beerを飲んでいたら、

レセプションのお姉さんが、「あなた、一人のTOURで$30.00でどう?」と、持ちかけてきた

悩んだ末、承諾

 

今日は、いざ!ギザのピラミッドと、サッカーラへ!

 

ドライバーと、アドゥーというガイドが、朝9:00に迎えに来た

これから、まずはサッカーラに向けて出発です(*^-^*)

 

 

時間的には1時間~1時間半くらいかなー

サッカーラの、ジォセル王のピラミッドコンプレックスに到着

ここには、イムホテプのミュージアムも併設されています

 

入場料 120LE  カメラは一部OK

(外はOK、ミュージアムはNG)

入場のTicket

 

 

まずは、イムホテプのミュージアムへ

綺麗な、カクカクした外観

 

入口です

 

 

中に入ると、こんな感じです

あれ?写真OKなの?とお気づきの方がいるでしょう?

実は、本当はダメなんです(^^;)

 

だけど、ガイドが「今だ!撮れ!撮れ!」と言うので、お言葉に甘えて・・・(^^;)

 

これが、イムホテプらしいです

 

イムホテプは、ジォセル王の側近のような存在

主君、ジォセル王に命じられた政務を補佐する人だったようです

映画、ハムナプトラにイムホテプって出てくるよね?(^^;)

それで、覚えていた(笑)

 

 

他にも、カノプス壺も展示されていました

この、ミイラにする時に内臓を入れる壺・・・なんか好きー♪

 

 

地球の歩き方に載っていた

ジォセル王のMap

 

入る前に、模型で説明を受ける

外壁には、ダミーの入口が14個、そしてその中の本当の入口は1つ

高さは11mだそうだ

 

 

 

城壁は崩れてしまっていたが、正門だけはあった(復元したのかな?)

 

隣には、マスタバと呼ばれる造りのピラミッド(段々ピラミッドだね)

ギザのとは少し違う

長方形のマスタバと言う、大きな墓を造り、6段に重ねて行った

 

 

ガイドのアドゥー

めちゃくちゃフレンドリーで、いい人(だと思う(^^;))

 

 

 

入り口を入ると、2列に20本並ぶ石柱の柱廊

午前中だけど、めっちゃ熱いです(++;)

 

 

いろんなポーズで、アドゥーが撮ってくれています(笑)

 

 

アイドルチックにこんな事も(笑)(^^;)

 

 

柱廊を進んで行くと、開けた場所

柱は昔のまま、現存しています

 

入り口方面を振り返って撮った写真

柱がすごいよね♪だるま落としみたい(^^;)

ちんまり、お土産も売っています(笑)

 

 

こちら、ジォセル王のマスタバピラミッド

この地面の下に、墓室があります

石だけで作られたらしく、墓の表面には、綺麗に磨かれた石灰岩で覆われていたそう

 

 

 

この王様のお墓の前で・・・・

アドゥーが「こうやってポーズしろ」という

言われたとおりにやってたら、こんな写真を撮っていた!(笑)

持ち上げちゃってるバージョン!

 

 

軽々と、持っちゃってるバージョン!

指が写ってて、残念!

 

今度は、連写で撮るからジャンプしろ!と(^^;)

浮いちゃってるよ、あたし(笑)

ガイド慣れしているようで、面白い写真をたくさん撮ってくれた

 

 

お次は、ウナス王のピラミッドです(*^-^*)