オリンピックの思い出

テーマ:
広島の坂井です。
最近オリンピックの話がよく出ます。
東京ぜひ見に行きたいです!

オリンピックといえば、シンクロナイズドスイミングのビューティプロデューサーをしていたのユミ先生に付いて、選手達に向けてのメイクレッスンのヘルプで強化合宿に行った事を思い出します。

一番の思い出は
井村コーチと、ユミ先生が語っていた事。。


深い愛情なければ叱る事が出来ない



近頃は叱るとか怒鳴るとかはNGな世の中の風潮ですが、その時は緊張感でピリピリしてました。
世界の舞台に立つオリンピックの練習なのでそれくらいは当たり前でしょうが、
死ぬ気で頑張っているという言葉通りの現場を目の当たりにして、若かった私は毎日練習を見るだけで泣きそうでした。

それでなくても厳しかったユミ先生が、井村コーチとの相乗効果もあり??私もメイクヘルプでいつもよりも更に厳しくされオリンピックの練習と共に鍛えられました。
(深い愛情の賜物?)

テレビなどでその時に頑張っておられた選手の活躍を見る度、そりゃそうじゃろ。活躍するはずじゃ。あんだけ頑張っとったんじゃけん。ほんまに幸せそうで良かったと思ってしまいます。



余談ですが、終了後ユミ先生とグアムのホテルにリゾートに行きました。
先生は日焼けが大好きで、サンサンと照りつける太陽の下、真っ黒になってプールで泳ぎ、
ビーチパラソルの日陰で小さくなっている私を呼びます。
「ゆっこちゃんも泳ぎなさいよ」
私は黒くならず炎症して水ぶくれになるタイプで日焼けしたくないので、
「嫌です。」
すると先生は
「あなた面白くないわね。」とまたプールに行ってしまいました。

初めてユミ先生に嫌ですと言えた記念の会話😅