本日もアトリエブログへお越しいただき

ありがとうございます照れ




長かった連休、やっと終わりましたねー👏🏻

休みボケ、してませんか〜〜?(笑)


5月病なども増えるこの時期ですが、

あまり無理をせず、自分のペースで

ゆっくり、頑張っていきましょうね。





さてさて、GW中は夏日になる日もあったりで

薄着になる季節到来です音譜


(と、言いながらここ何日かは急に冷えこんでいますので、この寒暖差で体調崩されませんよう、ご注意くださいね!)




この季節になると、やはり誰しも

体型が気になるもの!




日本人の約25%は下半身が太くなりやすい

遺伝子を持っていると言われ、

いわゆる「洋梨体型」の方が多いのも

日本人特有なのだそうです。


実は体質だけではなく、

よかれと思って続けている

トレーニングや生活習慣で

下半身肥大を助長させる要因になっているとかびっくり




今日はそんな体質改善も含めて、

下半身太り解消についてのお話ですドキドキ







体質的に、下半身が太りやすい、という方は

肥満に関わるUCP1という遺伝子の変異があり、

ヒップや太ももに脂肪を溜めやすい傾向があると

言われています。


欧米人には少なく、日本人の約25%が

この遺伝子を持っていると言われ、

その遺伝子には、

●1日の基礎代謝量が少なく脂質の代謝が悪い、

●一度太ると痩せにくい、

●肉や脂の多い食品が好き、

などの特徴があるそうです。



さらに、

下半身が太い人は、

体に水分を溜めやすい

骨格がしっかりしていて関節が太い

鼻炎やアレルギーがある、

という特徴がある事もわかっています。




まずは、基礎代謝量をアップさせ、

脂肪を燃焼しやすい体質作りを心がけましょう。




冷たいものや乳製品は控え、

消化のいい物をたべる。

過度に眠りすぎず、

朝ストレッチで交感神経を優位にすることも

有効なんだそうです。



また、下半身の冷えが強いと

体を守るために皮下脂肪が増え、

その蓄積がセルライトになりやせにくくなります。

毎晩20分程度の入浴や

暖かい飲み物などで体を内側から温めましょう。







足やヒップの筋肉を鍛えるために、

スクワットなどを

トレーニングに取り入れている方も

多いかもしれませんが、

逆効果になる事も!!



特に太ももの外側が張っている人は、

筋肉が硬くなっていることが多いので

トレーニングの前に

筋肉を包む筋膜をほぐす必要があります。

引っ張られている部分を緩めるだけで

シルエットが変わることもあるので、

まずはストレッチから始めてみてください。



農耕民族がルーツであると言われる日本人は

そもそも『縮める筋肉』は強いので、

『伸ばす筋肉』を鍛え、

筋肉を柔軟にするストレッチをしっかりすると

いいそうですよドキドキ



さらに

出産や加齢で骨盤が開くと

大腿骨も左右に広がり、

ヒップが大きくつぶれがち。

ヒールの外側が極端にすり減る人は、

脚の外側の筋肉を

使いすぎて歩いている可能性があり、

筋肉が骨を引っ張るので、

さらにO脚化が進行しています。


O脚の解消に重要なのが内転筋。

立つときは、

両足の内くるぶしと膝をくっつけてヒップを締め、

歩くときは

内側の膝が軽く当たるように意識する。



料理をしながら、テレビを見ながら、

いつどんな時も

気づいたら両膝をつけ

内腿を締めて、エクササイズしてみましょう。



簡単なエクササイズに加えて、

脚の経絡やツボを刺激して滞りを解消するなど、

気の流れを整える事も効果があります。



神経質に考えすぎず、

気になる部分を揉んだり、擦ったり、

ツボを長押しするだけで⭕️

精神的にもイライラを溜めやすい洋ナシ体型さんは

太ももやふくらはぎの外側を

グーで刺激してほぐすのもおすすめですウインク


その気持ちよさや

痛みを脳に伝えるだけで

自然治癒力が引き出され、

ボディラインもすっきりする効果があるそうです!





下半身太りが気になっている方や、

夏に向けて、ダイエットやシェイプアップを

目指す皆さま。



色んな方法がありますが、

ご自身の体質や筋肉が硬くなっている場所、

歩き方や、食生活など、

あらためて

見直してみる事から始めてみてはいかがでしょうか?





意外と簡単にナイスバディが手に入るかも

しれませんよラブ










FIELDS GROUP
Healing Stones・Jewelry
Jewerly Repair&Reform