病気を抱える子どものお母様 | ソシオエステティシャン江頭裕美のブログ

ソシオエステティシャン江頭裕美のブログ

フランスでは、30年前から活動が始まっているソシオエステティック。
日本では、まだまだ認知度が低く、一人でも多くの方に知っていただければと、このブログを始めます。

先日、いつもお世話になっている訪問看護ステーションのナースから、連絡がありました。



「お子さんの介護をされているお母様何ですが、あまりにも一生懸命で、かなり、疲れが溜まっていたらしく、先日、救急車で運ばれた方がいらっしゃいます。肩も首もガチガチらしくて、良ければ、一度、訪問していただけませんか?」



私は、すぐに、伺わせていただきました。

すると、「以前、マッサージの方に来て頂いた事があるのだけれど、痛くて、ダメだったの」との事。
「そうでしたか。では、今日は、アロマオイルを使いながら、優しくトリートメントさせていただきます」と言って、施術を始めました。




「どこでされますか?息子の顔が見えるところでお願いしたいのですが?椅子に座ったままでも出来ますか?」

すべて、お母様の希望通りに行います。




アロマの香りが部屋中に広がった時、息子さんに「匂い大丈夫?嫌じゃない?」と私が聞くと、はっきりと「大丈夫」と言ってくれました。



お母様は、何度も何度も「はぁ、気持ちが良い」とおっしゃり、それを見ている息子さんも心なしか嬉しそうに見えました。



次の訪問日をお約束して、帰路に着きました。



私も息子の闘病中、本当に気の休まる時がありませんでしたが、10年以上も続けていらっしゃるこのお母様のご苦労は、計り知れない程のものだと思います。



ですが、お母様の「こんな気持ち良いものがあるなんて、知らなかった。○○さん(担当看護師)のおかげだわ。」という言葉にあるように、ソシオエステティックを知らないけれども、必要としている人達がいる事を改めて実感致しました。



このご縁を大切に、また、少しでもお役に立てるよう、訪問を続けて行きたいと思います。