1月の長崎百合野病院の理学療法士さんと助産師との研修に参加しました。
毎回、お題は決まっていないのに違う内容が出てくる。

今回は腹直筋離開についてでしたが、その原因は姿勢にあった。

実は腱鞘炎も姿勢が原因。
目からうろこです。

2月4日の佐世保での研修は、姿勢についての内容が入ってます。
詳しくは、空からのたねのホームページにアップしています。

出雲大社参拝

テーマ:
11月14日~15日神在月に出雲大社に参拝に行ってきました。



11月14日は、スーパームーンで、その48時間以内に産神様、氏神様を参拝するということでした。
産まれたのは川崎で、熱海、西彼、佐世保と引っ越しましたので、出雲に日本中の神様が集まる神在月に参拝しようと思ってました。

今年は、11月9日に出雲の稲佐の浜で神々をお迎えする「神迎神事」(旧暦10月10日)から11月16日の神々がおもどりになる「神等去出祭」(旧暦10月17日)の間が出雲に八百万の神々がいらっしゃいます。

出雲大社の参拝の順序
まず、稲佐の浜から砂をビニール袋などに入れて持って行きます。



一の鳥居から順に四つの鳥居を順にくぐって行くとよいそうです。
一の鳥居は、車や電車で行くと通りすぎてしまうので、もどってからくぐりはじめます。



二の鳥居



二の鳥居のすぐ右側にあります。






知らぬ間に行ったことも含め、心身の罪を清めてくれる神様のところを忘れないよいように参拝します、

三の鳥居



四の鳥居の前に出水でお清め


四の鳥居
この鳥居に触れると金運が付くそうです。


本堂



そして、稲佐の浜の砂は、素鵞社に持って行き、浄化された砂をかわりに持ち帰ります。
素鵞社は、下の建物の横にあります。

最初はわからず、お参りしたのに一度通りすぎてしまって、またもどってから砂を納め、浄化された砂をいただきました。
(素鵞社を写したのですが残ってなかったです。最初の一の鳥居も二枚写したと思ったら残っておらず、再度写しに行きました。)


こちらに置き、浄化された砂を持ち帰りますが、多分反対側の木箱が清められた砂だと思います。(何も書いてなかったので・・・)
後は、ゆっくりお参りをしました。
出雲大社に行かれる時に参考にしてください。