自分を愛せないアラフォー女性が自分を10倍好きになれるビリーフチェンジセラピー

自分を愛せないアラフォー女性が自分を10倍好きになれるビリーフチェンジセラピー

自分が好きになれないと悩んでいる女性に向けてそこからの克服方法をお伝えします。

こんばんは。

松田 ゆみです。


風が強くて

寒い一日でした。

寒くなると

何だか寂しくなってくるのは

私だけかな?^^;


でも

今日は友達とランチして

いっぱい話して

愚痴も聞いてもらって

心はポカポカです。


楽しく生活していきたいけど

いろんな人と関わっていると

ストレスを感じたり

イラっとする事も事実だから

こうやって愚痴を言う事も

必要ですよね。



愚痴って

言ってはいけないのかな?


愚痴を言う私は

ダメな人間なのかな?

とそう思っていました。


だけど

それって違うかな。


愚痴は悪口ではないですよね。


愚痴・・・


主語が「私」で

私の気持ちを

吐露することです。


悪口・・・

主語が「他の人」で

他の人を悪く言うこと。




人を評価してしまったり

人と関わって

嫌な気分になったり

する事はありませんか?


仕事、家族、友人

たくさんの人間関係から

誰でも

何らかのストレスを

感じているんじゃないかな?


そのストレスを

外に出す事が出来るか?

内にため込んでしまうか?

それって

とっても重要なことで



内に溜め込んでしまって

がんばりすぎてしまうと

ある日突然

張りつめていた糸が

プチッと切れて

心が壊れてしまいます。

冷え切ってしまいます。


そうならない為に

ストレスを発散する事は

とても大切です。

そのひとつの方法として

「愚痴」をこぼすことが

あるんだと思います。

それは

自分を守るためにも

大切なこと。



愚痴をこぼしていいんです。

誰かに頼っていいんです。

弱さを出していいんです。



誰にでも

むやみやたらに言うのは

ちょっと違うのかも

しれませんが

愚痴は悪口ではないし

愚痴を吐き出す事で

新しい自分の気持ちに

気付ける時もあります。



これ以上頑張らなくて

良いんです。

もう充分頑張ってます。


自分を一番

大切にしてあげたいですね。


こんばんは。

松田 ゆみです。


昨日の夜はテレビで

サッカー観戦。

最後の最後まで

ハラハラドキドキの

目が離せない試合でしたが

勝って嬉しかったです。


選手、監督、スタッフ

そしてサポーター

みんなが一つになって

戦っていた気がします。


点が入った時

勝った時の

みんなの笑顔が

とっても素晴らしくて

暖かい気持ちになりました。



同じ方向に向かって

進んでいる仲間がいるって

素敵ですね。


人それぞれいろんな考えがあり

その中で話し合って

認めあって

成し遂げられる事って

あるんだと思います。



例えば


チームで仕事をしていて

その中で一人でも

他の人と違った

勝手な行動を取ってしまうと

仕事にも支障が出て

上手く進んではいきません。




コミニュケーションを取る上で

話をする事って

とっても

大切なんじゃないかな。


言葉にしても

捉え方は人それぞれで

なかなか自分の思いが

伝わらない事もあるのに

黙っていては

尚更何もわからないし

伝わらないですよね。


声に出すって大事。


わからなければ

「わからない」

と言えば良いし

嫌なら嫌と言えば良い。



自分の言葉で

自分の素直な気持ちを伝える事

をしていきたいです。


その前に

先ず


「おはようございます」

「お疲れ様です」

などの

挨拶は必須かな。

それと

何かやってもらったら

「ありがとうございます」



感謝の気持ちを

伝える事が大切だと

私は思います。


こんばんは。

松田 ゆみです。


今日は友達とランチに

行って来ました。


友達と会って

いろんな話をするだけでも

楽しくて嬉しいのに

ランチもとっても美味しくて

大満足な一日になりました。


私自身

そんなにたくさんの友達が

いる訳ではないけど

こうして

気心知れた友達がいる事に

感謝です。


前は

たくさんの友達がいる事が

凄くて

良い事だと

思っていました。


子供の頃母から

「あんたみたいな子は

友達いないよね」

と言われた事があり

「え?私って

友達いないのかな?」

「たくさん作らなきゃ

いけないのかな?」

と思った事がありました。


だからか

ずっと

とにかく友達作らなきゃと

一生懸命になっていた時が

あります。

だけど

初対面とかではなかなか

話しかけたりする事が出来ず

気付けばいつも一人。

その度に

落ち込んでは

他で楽しく話している人達を

羨ましく思ってたんですよね。


きっと何が何でも

友達にならなきゃと言う事で

雁字搦めになって

今思うと

すごく無理して

意識し過ぎて

ちょっと変だったのかも

しれませんね(^_^;)


友達って無理して

作るものじゃないですよね。


その人に合わせて

無理して付き合うものでも

ないですよね。


友達は人数じゃなくて

中身だってそう思うから

今は友達が少なくても

全然気にならなくなりました。

そして

友達の断捨離もしました。

勇気がいりましたが

名前だけの友達は

いらないかなと

思ったんですよね。



そう思うようになって


新しい出会いが

増えた気がします。

その時、その時で出会う人達。

友達とは言えない人でも

例え少しの時間でも

出会る素敵な人も

たくさんいます。

その人達から学んだ事

話した事は

私の宝物になる事もあります。


決して

友達と言う言葉に縛られないで

いろんな出会いを

楽しんでいきたいです。



私が出会えた全ての人に

感謝です。

「ありがとう」

こんばんは。

松田 ゆみです。

9月も終わろうとしてますが

晴天の今日は暑かったです。

少し動いただけで

汗が流れてしまいましたが

たくさんの洗濯物が

しっかり乾いて

スッキリしました。



最近

思っていたり

話していた事が

現実になる事が続きました。

まさしく

「言霊」

ですね。


今までは

そんな事思いもしなかったし

信じてはいませんでした。



過去を振り返った時

「私って何にも

良い事なんてなかったな」

といつも思ってたんですよね。


だけど

子供の頃からずっと

悪い方に考えてしまっていた

気がします。


「失敗するかもしれない」

「怒られるかもしれない」

「嫌なのかもしれない」


何をするにも

不安ばかりで

その先に

成功するとか

上手くいくと言うような

良い結果になる事なんて

考えもしなかったんですよね。


だからか

「ほら、やっぱりね。」

「私は何をやっても

ダメなんだ」

としか思えなく

全く

自信が持てなかったんです。


今思えば

当たり前の結果だったのかも

しれません。

全て自分が招いていた事

だったのかな?


自分の気持ちってとても大切。


例え

上手くいかない事でも

気持ちの持ちようで

変わる事だって

あるのかもしれませんよね。


どう思うのかは自由です。

誰にも遠慮はいりません。

自分の思いは自分だけのもの。

プラスに考えたり

楽しく思う事で

それが実現されるとしたら

いつも、どんな事でも

自分にとって良い風に

考えていきたいですね。



今のありのままの自分を

受け入れ

自分をもっともっと

好きになっていきましょうね。


それが

きっと自信に繋がっていくと

私は思います。

こんにちは。

松田 ゆみです。

昨日は中秋の名月でしたね。

キレイな満月を見るのを

楽しみにしていたのに

雨が降っていて

見る事が出来ませんでした。

すごく残念でしたが

前日に

キレイに輝いている

お月様を見れたし

お月見団子も食べたので

それで良しかな。

満足です。



どんな事も

完璧を求めてしまうと

なかなか満足できる結果は

出ないものです。


私はいつも

完璧を求めていました。

自分だけにじゃなくて

相手にも完璧を

求めてしまってたんですよね。

相手が

自分の思い通りに

動いてくれないと

怒れてしまったりして・・ね

(~_~;)


だけど

考え方ややり方は人それぞれ。

自分の価値観や考えを

人に押し付けるのは

違いますね。



私は子供の頃

いつも誰かと比べられ

誰かみたいになりなさい。

とずっと言われてきました。


だから

人と同じ事は良い事だと

思っていたんですよね。


完全に自分と言うものが

ありませんでした。


それに

例えば

テストで90点を取っても

間違えた所だけを怒られ

私より出来る人がいては

怒られていました。

だからか

完璧以外認められない。

ずっとそう思ってきました。


でもね

完璧な人なんていない。

失敗しても良いんだと

思います。

失敗から学ぶ事は

必ずあります。

失敗しないとわからない事も

あります。

完璧じゃないといけないと

雁字搦めになっていると

身体も頭もガチガチになって

疲れてしまいます。

誰も信じられなくなって

しまいます。



力を抜いて

出来た事に目を向ける。

出来た事を褒めてあげる。


自分で自分を

褒めてあげて下さい。

そして

人の良い所も見つけて

褒めていきたいですね。



たくさん褒めて

嬉しい気持ちになりましょう。


やる気もきっと出てくると

思います。


こんばんは。

松田 ゆみです。



太陽を見ると元気になれます。



すごくイラッとする事があって

気持ちの切り替えが

なかなか出来なかった昨日は

久しぶりに

眠れない夜に

なってしまいました。


寝る前に

嫌な事を考えてしまうのは

ホント身体にも心にも

良くないですね。


スッキリしない朝を

迎えましたが

今日は美容院

まつげパーマで

気分転換。


それと

友達とのおしゃべりタイムで

ストレス発散出来ました。


そんな風に

信頼出来る友達がいるのって

私にとっては

とても幸せな事です。


出会わせてくれたご縁に

感謝と

ずっと付き合ってくれている

友達に感謝です。



毎日いろんなご縁があって

例え短い時間でも

その人と話をしただけで

一緒にいただけで

嬉しくなったり

感動する事もあります。

その度に

ご縁に感謝ですが

決して

良いご縁ばかりじゃないのも

事実。



私はずっと

全ての人に

好かれないといけないと

思ってきました。


誰かに嫌われる私は

誰かの事を嫌いだと思う私は

ダメな人間なんだと

思っていたんです。

だから

自分の気持ちに嘘をついて

「そう思わないように

しなきゃいけない!」

と思い込もうとしていました。


でもね

全ての人を好きになるのは

無理だし

全ての人に好かれようと

するのも無理なんです。


100%の人に

好かれている人なんて

いません。


嫌いな人がいても良いんです。



「2:6:2」

どんな人でも

2割の人には嫌われて

6割の人はどっちでもなく

2割の人は自分を好きに

なってくれる。


そう思ったら

自分を好きになってくれる人を

今以上に

大切にしたいと思います。


そして

嫌いな人を

無理に好きになろうと

思わなくても

無理に付き合っていかなくても

良いんだと思います。



もし

職場で

どうしても

付き合わなきゃいけない人が

いても

出来る限り

距離をおいてみる。

イラッときたら

一度その場を離れてみたり

深呼吸してみてくださいね。



嫌いでも嫌われても

良いんです。


苦しい思いをするのではなくて

自分に素直になって

ありのままのの自分を

受け入れていきましょう。

こんばんは。

松田 ゆみです。


コロナ禍の今は

家族と過ごす時間が

増えてますね。



私は自分の母親の話をするのが

嫌いでした。

誰にも理解してもらえない。

私の家は変なんだと

ずっと思っていました。


だけど・・

違ってました。

私と同じように・・



母親に

「ずっとあなたの顔色を

気にして何も言えずに

辛かった」


と大人になってから

伝えたら

とても怒られて

聞いては貰えなかったと

打ち明けてくれた

人がいました。



「頑張ったよね。」

「すごく勇気がいったよね。」

「怖かったよね。」



例え

わかってもらえなくても

伝える事が出来た事は

素晴らしい事だと

私は思います。

それだけでも充分。

前に進めたんじゃないかな。



どれだけ変わって欲しくても

人を変える事は出来ません。

変えれるのは自分だけです。




親自身が理解してくれて

変えようと

自分で思わない限り

親が変わる事はありません。



また子供も

親が勝手に

自分の思い通りにする事も

出来ないんです。

ただ

子供は

親の思い通りに

ならなきゃいけない。


言う事を聞かなきゃいけないと

思い込んでしまい

怒られる自分は

言う事を聞かない自分は

ダメだと思ってしまうんです。


自分の意見を言ってはいけない

と思い込んでしまうんです。



そうやって

いつも自分の気持ちを

飲み込んで我慢しているうちに

考えなくなって

いつしか自分の考えが

わからなくなって

人に合わせてばかりで

自分がわからなく

なってしまうんです。



でもね

親と子供は

同じではありません。


皆んな一個人。


それぞれ違っていて

良いんです。


人にも合わせる必要はないし

自分の意見を

言って良いんです。


わかってもらおうと思って

話すのではなくて

素直な気持ちを

ぶつけてみて下さい。



自分を押し殺して

心に蓋をするのではなくて

素直な自分でいる事が

一番居心地の良い

自分でいられると

私は思っています。

こんにちは。

松田 ゆみです。

今日から9月。

私の職場では

今日から下半期が

スタートしました。


節目の時に

気持ちも一新してとは

思ったりもしますが

なかなかそうはいかない時も

あります。


仕事ではありませんが

私は今

これからの母との事を

考えなきゃいけない時が

きていて

私の中のインナーチャイルドが

また騒ぎ出してます。



子供の頃から今まで

母と会話をした事が

どれだけあったんだろう?


いつも母の顔色を気にして

ビクビク過ごしてきて怒られた

記憶しかありませんでした。




インナーチャイルドの事を

知って


「寂しかったよね」

「優しくして欲しかったよね」

「褒めて欲しかったよね」


そうやって

私の中のインナーチャイルドと

話をして

癒やしてあげて

自分を見つめ直す事が

できるようになって

少しずつ自分を認める事が

出来るようになりました。


母の言いなりではなくて

私は私で

私の考えで行動していいんだと

思えるようになりました。



今、

老いていっても

何も変わってない母を

目の当たりにして

子供の頃の

私にとって嫌な記憶が

甦えってきて

モヤモヤしましたが

母を変える事は出来ません。


そしたら

私が変わらなきゃ

何も変わらない

とそう改めて思いました。



今までの泣きっぱなしだった

私じゃない。

インナーチャイルドと

向き合う事で

また前に進んでいきます。



焦らなくても良い。

休んでも



戻っても

またそこから

始めれば良いんですよね。


「3歩進んで2歩下がる」

です。

こんにちは。

松田 ゆみです。

パラリンピックが

始まりましたね。


私は

開会式に出ていた人達

選手の人達から

凄いパワーをもらえています。



「私は何の為に

生きてるんだろう?」

子供の頃からずっと思っていて

大人になっても

「毎日嫌な事ばかりで

何にも良い事なんてないし

私って何なんだろう?」

と思ってばかりでした。


だけどね

それって私自身が嫌な事にしか

目を向けてなかったから。

いつも

不安や不満ばかりだったから

なんですよね。

そんな私の周りには

不思議と同じような人が

多かった気がします。



例えば


職場で愚痴ばかりの人や

誰かの悪口を

言ってたりする人は

いませんか?

そんな話を耳にした時

そうは思わなくても

それを否定したり

違った事を言ったら

嫌われるとか

仲良くして貰えないとか

思っていたんですよね。


でも


そんな事で繋がってる

関係だったら

いらないですよね。

そう言う人といても

楽しいどころか

後からいつも

嫌な気持ちになって

自分が益々

嫌いになるだけでした。


そんなふうに

気分が下がってばかりだと

あれもこれもと

嫌な事が次々に起きたり

考えてしまうものです。


きっと

私は自分で嫌な事を

引き寄せてたんですね。



引き寄せるなら

良い事や楽しい事を

引き寄せたいですよね。




自分が居たい人と会う。

自分に素直に。

人に合わせるのをやめる。

自分が一番で良い。

どんな自分も認めてあげる。

自分を褒めてあげる。


そうしたら

良い事も見えてくると思うし

人の優しさも

感じれるようになって

嬉しさも増えてきます。


嫌な事があっても

自分で考えて

そこから

抜け出せるようになります。

自分から行動できます。


笑顔には笑顔が寄ってきます。

周りの雰囲気も

明るくなります。


これからも

たくさんたくさん


良い事を引き寄せて

いきましょう。


輝いていきましょうね。

こんばんは。

松田 ゆみです。



あなたは

「自分が好きですか?」

こう聞かれたら

どう答えますか?



私は自分の事が大嫌いでした。


子供の頃から

私はダメな子だから

私の事は

みんなどうでもいいと

思ってるんだと

寂しく思っていました。


だから

自分を認めて欲しくて

褒めて欲しくて

いつも周りの空気を読んで

顔色を伺って

ビクビクしていました。



認めて欲しいって何だろう??


自分に嘘をついてまで

人に合わせる。

それは少し違う気がします。


自分の為ではなくて

誰かに言われたからとか

誰かに褒められたいからと

思ってやる事って

どこまでいっても

ゴールは

みえないんじゃないかな?

満足出来ないんじゃないかな?


「もっと、もっと・・」

って思って必死になって

それでもし

自分がやってる事を

注意されたり

怒られたりしたら

私はこんなにやってるのに

と人のせいにして

誰かを責めて

逃げようとして

しまうんじゃないかな?



真面目な人程

人に認めてもらえないと

自分はダメだと思ってしまう。


でもね、

そんな事はありません。



あなたはそのままで

良いんです。


とっても

一生懸命頑張っています。


だから

もっと自分の頑張りを認めて

自分を褒めてあげれば

良いと思います。


自分で自分を認められないのに

人に認めてもらおうなんて

虫がよすぎます。

例え

認めてもらえていても

気付きません。

と言うか

誰かに認めて貰えてたとしても

それを自分が

認められないんだと思います。

それってすごく

勿体ない事だし

あなたの良さが

消えてしまうんじゃないかな?



良い所も悪い所もあって

当たり前。


好きな人も嫌いな人もいて

当たり前。


飾らなくて良いんです。

良い人に思われようと

必死にならなくて良いんです。


ありのままの自分が一番。


自分の為に

自分をたくさん

褒めてあげて下さい。


そうしていると

自分を認める事が

出来るようになって

自分が好きになっていけると

私は思います。