今年の4月に、蒲島知事の宣言のもと、動物管理センターから、動物愛護センターへと名称変更した熊本県動物愛護センター。
この1年間、ずっとこのセンターを一般のボランティアとしてみてきた。
{923184CD-F53E-4C11-8EE5-46276B7F1E4C}
『殺処分ゼロを目指す』という耳ざわりのいい看板はしかし、なにもその準備が整っていないままのスタートであり、今に至っている。
{BBCAAB1E-4960-4804-B9BC-C3646F935241}
現場には殺処分ゼロゆえ出口がなく、入り口(飼い主の遺棄、多頭崩壊)も開きっぱなしのため、犬たちは日々ここに詰め込まれ、収容限界40頭ほどの施設に、現在150頭余りの犬猫たちが所狭しと繋がれ、繋ぎ場がなく、譲渡対象から外れた犬たちは、暗い檻の中から外に出ることもできず、適正な医療も受けられない。
病気になっても治療してもらえず、『立てなくなったら』初めて檻の外に出してもらえる。立てなくなるまでは死ぬまで、個体管理はしてもらえない。それが県の方針だ。
センターが決めていることではない。センターは民間の会社に委託されているので、県の指示に従うしかない。
根元悪である、犬を捨てた飼い主さん、よく見てください。
あなたが捨てた、長年家族としてあなたを愛してきた犬は、この暗い檻の中で、自然に生き絶えるまで、日の光も見ることなく、散歩なんて当然なく、名前で呼ばれることもなく、殺処分ゼロゆえに、この先の長い長い時間を、震えながら、ただ水と餌だけを与えられて、「生かされて」ていくんですよ。
「殺処分ゼロだから、捨てても安心」でしたか?
そうやって、これからも犬の搬入は続く。

『愛護センター』の名とは程遠く、それなら元々の『管理センター』の方があっているかと言えば、その管理さえも破綻しかけているのが実際なのではないか。
『愛護センターでボランティアをしている』とひとに言う時に、『愛護』という言葉を発するのが私は恥ずかしい。

今回発表された第三次動物愛護推進案をざっと読むと、このように書かれている。
スクリーンショットで申し訳ない。
『保護動物の適正管理の徹底』
⚫︎それぞれの生態、習性などに適した取り扱いの実施
⚫︎保護犬猫に対して必要なしつけや運動等の実施
⚫︎ストレス軽減のための犬猫の適正や個体に応じた環境の整備
今現在、これのどれも、最悪です。
犬猫のしつけ、運動、それは誰がやるんですか。
確かに私たちは『お散歩隊』として、70頭の譲渡対象犬たちの散歩をしている。しつけもしようとしている。
でもそれ、ボランティアありきですか?
皆さん、仕事や家事や子育ての合間を縫って、無償でここに来ているんですが、それを推進案に、県の計画みたいに盛り込むって、甘えるにもほどがありませんか?
{033981B4-9346-4F34-87E1-D7789E1C208D}
それとも、あふれる犬たちの管理や犬舎の清掃でヘトヘトになっている、民間の委託会社の職員さんたちにこれ以上負担させるんでしょうか。

じゃあ県の役割はなんですか?
『こうしてくださいね』と、私たちに指示して終わりですか?
{57B9203B-5F21-45C6-898D-D72CA0AE6EFB}

県の職員が1人も常駐していない現場。
現場の声は届かない。
センターの場所がわかりづらいから、道路脇に看板をつけて欲しいと言っても通らない。
来る人来る人、皆さん、間違えて、市の愛護センターの方へ行かれる。
それを県が知らないはずがない。
知らないとしたらあまりにも現場に無関心すぎる。
知っていてなぜつけないのか。
『犬猫を、管理する施設から、譲渡する施設へ』と言ったのではなかったか。
まるで人を来させたくないように思える。
ボランティア一同から提出した要望書の返事も来ない。
すべて丸投げ。
これが私がこの1年みてきた、熊本県の姿勢です。『動物愛護』です。
でも評判は良くなるでしょうね。
『熊本も殺処分ゼロになったんだってね』
表看板は立派ですもの。
でも中身はどうなんですか?
胸を張って自慢できますか?

『迷子札が有効である』
『推進していく』
『啓発していく』
それでは今後もなにも姿勢は変わりません。
具体的にどうすれば推進され、啓発され、実行されるのでしょうか。
私はこの推進案を、年末年始じっくり読み込んで、年明けに意見を送ります。
これまでも要望を送っても、何か具体的に変わるわけではなかったけれど、意見を送らなければ『ご意見なし』と記載される。
無視されるだけかも知れないけれど、送ります。
皆さんも、これまでの私のブログを読んでくださって、もしなにか感じることがあったなら、ご意見を送ってみてください。
県内外を問いません。
熊本に力を貸してください。
よろしくお願い致します。

⚫️第三次熊本県動物愛護推進計画案に関するご意見募集


{0D238E90-F0CF-41CD-81AB-9F3C9F954466}