創作童話・・・綿毛になりたいふぅ | 青い鳥のブログ

青い鳥のブログ

こんにちは

青い鳥の巣箱へようこそ(^-^)


青い鳥自作の気まぐれポエムを中心に
訪れて頂いた素敵な皆様と

心の御部屋で素敵な一時が過ごせればと

楽しみに舞ってます(*^_^*)

























青い鳥の家に訪れて頂いた皆様
こんにちは(^.^)(-.-)(__)




幼い頃から、
父親っ子で、父の尻尾のように育ちました
四年前、母が他界してから尚更、今でも尻尾のように楽しく二人で生活してます(*^-^*)



私にとって父は
兄であり、親友であり、彼氏であり
旦那様であり、
時には、弟でもあり、我が子でもあり
抱き枕でもあり(笑)(笑)(笑)






先日も
いつものように父とのおとぼけ会話
しちゃいました( ^ω^ )








チルチル
【ねぇ、今度一緒に宝塚歌劇見に行こうよ】

【あぁ、良いよ。劇好きだし宝塚歌劇団は宙組、月組、星組、花組、雪組みんな素晴らしいよね。男役と女役に別れててさ】

チルチル
【ゃだ、男役と娘役だよ。】











いずれ、一般的に
私、お嫁さんに行くのかな💦

未だに彼氏は居たことないけど
(笑)(笑)(笑)






なんて
ふと、結婚を妄想したとき
こんな童話を書きました




















創作童話2
綿毛になりたいふぅ














私はタンポポ綿毛のふぅ
活発でドジでちょっぴりお転婆な女の子

見た目は普通の女の子だけど
実は・・・

私の髪の毛
鉄の針で出来てるんだ

だから
ちょっぴり悲しい
私だけが綿毛じゃないなんて
(;つД`)

でもね、たくさんの兄弟達もいじめたりしないし、みんな仲良く
お父さんの頭の上で暮らしてるの

お父さんが地面から吸い上げてくれるお水は
凄く美味しくて、とーっても元気になるんだ

朝の目覚めの雫も美味しいし
お昼の太陽君の暖かさも心地好い

静かな夜もたくさんの兄弟達と一緒だから
寂しくないしね

でもね
時々、犬君やカマキリ君がやってくる






風サンが
強く吹く時もあるんだ



兄弟達がさらわれる




私は
鉄の髪の毛針で
みんなを守ってきたんだけど
とうとう独りになっちゃった💧



お父さんを守らなきゃ💦



ねぇ、お父さん
私がお父さんを守るからね


ねぇ、
お父さん・・・



みんなが飛んで行ったから
寂しいの?


私がこんな体だから
悲しいの?












「ふぅ、勇気を出して飛び立つんだ。大丈夫!
お前のその優しく温かい心で、そしてなによりお前の素敵な個性である鉄の髪の毛針で、みんなを守り、素敵な家族を作っていくんだ。私は平気だ。お前達の笑顔をたくさん見てきた。十分に幸せだった。元気でな』



あ、💦
また、一段と激しい風



私も
飛ばされそう



あぁ
私はどうすれば良いの?


























気まぐれポエム
【綿毛の旅立ち】










そうなの

飛んで行くんだ

僕達

やっぱり行くよ

私達

心の中ではずっと

ここに居たいと

願っている

何時までも

あなたに守られ

眠りたい

でもね

僕達以外の何かが

私達の意思とは

別のものが

勝手に身体中を駆け巡る

ごめんね

ごめんね

話したいことが

上手く伝えられない

この大地の温もり

決して忘れたわけじゃない

雨の日も風の日も

しっかり支え続けてくれた

あなたから貰った

この大事な種

きっと素敵に咲かせると

約束するよ

私なりに

一生懸命咲かせると

だから見ていてね

必ず

見ていてね