ゆめたびの素敵♪日記 ~写真・コスメ好きの女子旅ダイアリー~

旅行大好き女子の写真&旅行日記☆☆ 

弾丸あり。贅沢旅行あり。貧乏旅行あり。
写真たちも楽しんでね。
モニターや懸賞も大好きでアップしています♪
MOTTOや旅MUSEのライターもやってます♪


テーマ:

先日アナウンスさせていただいた、10月15日(土)に宇都宮で開催されたピンクリボンセミナー

少し遠い場所ではありましたが、本当に行って良かった!と思える、とても充実した濃い内容のセミナーでした。

 

 

そもそもこのセミナーに興味を持ったのも、母が乳がんで他界したため。

比較的ゆっくりと進行し、早期発見であれば助かる確率が高いと言われている乳がんですが、母の闘病生活を間近で支えていた私にとっては「乳がんは怖いもの」でした。

 

セミナーでも言ってましたが、「乳がんは転移、再発すると治らない病気」

他のがんの闘病を見たことが無いので比較は出来ませんが、とにかく乳がんの体内破壊力はすさまじく強力。

乳がんは脇と肺に転移しやすいといわれていますが、脇に転移する=リンパを伝って全身に転移するなんですよね。母の場合は見つかったときには末期だったので、脇や肺はもちろん、リンパを通って全身にがん細胞が行き渡り、脳や骨にも転移していました。骨に転移したがん細胞は骨に噛み付き、母の場合は運悪く脊髄までやられてしまい、余命何ヶ月かを残した状態で半身不随となりました。

 

「乳がんは完治しやすい」というのは早期発見した場合。その早期発見に向けた様々な取り組みが日本各地で行われていますが、特に宇都宮セントラルクリニックは日本中でも1、2を争うスピードで最新機器を取り入れ、果敢に早期発見に尽力する病院であると今回のセミナーで思い、強く感動しました。

経験値があるからこそ、納得したり、感動した事柄を皆さんにシェアしたいと思います。

 

乳がんについてはそれなりに独学で得た知識がありましたが、やはり最前線で活躍する医師の知識とは雲泥の差。最先端医療による検診がいかに進化しているかを思い知らされました。

セミナーは2部構成

第1部 竹原めぐみ女医(乳がん学会専門医・指導医、外科学会専門医、マンモグラフィ精中機構読影医・講師)による

「乳がん基礎知識入門~行こう、受けよう、乳がん検診~

 

第2部 佐藤俊彦氏(放射線科医、NPO法人ピンクリボンうつのみや理事長、宇都宮セントラルクリニック代表、セントラルメディカル倶楽部顧問医)による

「手術前には必ずPEM(ペム)を受けましょう!」

 

 

 

竹原先生は宇都宮セントラルクリニック医師。年間100~150人の患者さんと会い、述べ1500件もの手術に立ち会った偉大なお方。

 

セミナーでは、乳がん発見において何が大切か、そして発見された場合に必要な知識を教えて下さいました。

 

早期発見が大切なのは勿論ですが、一般的に言われている乳がん検査をすれば良いか?と言えば、単純にYESとは言えないそう。

 

何故なら、一般的な乳がん検診「触診」「超音波」「マンモグラフィ」だけでは発見しきれないガンがあるからです。

 

その理由の一つに、先生は「デンスブレスト」をあげていました。

デンスブレストとは日本人にとても多いとされている状態で、日本語では「高濃度乳腺」といわれています。

 

 

 

左側の写真の、一番右側が「デンスブレスト」の乳房。真っ白なのは乳腺が高密度なためで、正常な状態だそう。

けれどマンモグラフィを使って撮影した場合、デンスブレストだとがん細胞が乳腺に隠れてしまい発見できません。(右の写真参照)

 

 

超音波の場合はこのような形でがん細胞(左側)が写ります。

それぞれの検査機器には得て不得手があり、1つの検査方法だけでは全てのがんは見つけられない。と先生は仰います。

全てを併用することで発見率は上がるけれど、それでもデンスブレストの場合は見逃してしまう。

そんな中、乳がん検診で新たに注目されているのが<PEM><トモシンセンス3Dマンモグラフィ>なのです。

 

 

PEMとは、PETよりも更に感度の高い検査のできる機械。

マンモグラフィや超音波では見つけられないがん細胞を発見します。

なんと、2mmサイズのがん細胞の発見も可能だそうで、早期発見またセカンドオピニオンとしても大きく役立っています。

 

そしてトモシンセンスは3Dマンモグラフィのこと。立体的な画像を撮影することで、平面図では見逃してしまうがん細胞を映し出します。

 

 この辺りは第2部の佐藤俊彦先生のお話になるのですが、PEMやトモシンセンスを併用することにより、より詳細な状況確認をすることが出来、まだ小さながんの発見にも繋がるそうです。

 

がんの中では5% PEMでしか見えないガンがあり、

15% PEMでも見えず、MRIで見えるガンがあるそうです。

 

 

 

PEMを導入している病院はまだまだ少ないのが現状の日本ですが、日本政府からは大変注目されています。その証拠に、導入されるや否やすぐに保険適応になったそうです。

保険適応されてもまだ高いお値段ではありますが、ガンが進行した際の医療費に比べたらかなり価格抑えめです。私自身も母からの遺伝で乳がんになる可能性も否定できないので、このPEMは是非受けてみたい!と思いました。

 

 

またトークショーでは治療に付いての説明も行われました。

乳がんの出来た部位や、ステージによって処置方法はだいぶ変わってくるそうです。

 

 

 

手術と言っても全摘すれば良いという訳ではなく、また抗がん剤だけが良いものでもない。その病状にあった最適な方法を見つけ出すことが大事であり、それは千差万別。

信頼できる意識と医療機関に出会い、方針を決定していくことが大事。もし納得のいかない診断等があれば、必ずセカンドオピニオンを聞くこと。言いなりではなく、自分自身も知識を持って治療に取り組んでいくことが大切なんですね。

 

 

私の場合 母の治療方針を決定する際は、自分自身が知識がないため医師の言いなりになるのが精いっぱいでした。

ネットや本を使っていろいろと勉強しましたが、得られる情報は限られていましたし、悠長に調べている時間もありませんでした。

 

今回のように図や写真を使い、素人にもわかりやすく説明してくれるセミナーを事前に受けていたら状況が変わっていたかもしれない、、、と受講中に幾度も後悔の波が押し寄せてきました。。。

 

やはり「知る」ことって自分を守ることに繋がるし、場合によっては「寿命」にも繋がると再認識しました。
 

竹原めぐみ先生

寿命を10年延ばす 「乳がん専門医」の教え

 

 

 

佐藤俊彦先生

がんになった医者が書いた

あなたのがんは「これ」で9割防げる

 

 

 

今回のセミナーの内容は、それぞれの著書にも書いてあるので、興味がある人は是非是非本を手に取ってみてください!!!

 

小難しい医学書とは異なり、図式も多く難しい用語も素人でも分かるようにとてもわかりやすく書かれています。

乳がんをメインに書かれていますが、病全般に共通するような知識も取得できると思います。お世辞抜きで、本当にためになるとてもお勧めの本です。

 

セミナーの後は、実際に宇都宮セントラルクリニックを見学させてもらいました(^^)

最新のPEMも見てきましたよー!

次の記事でアップしていきますね☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先ほどの第3回 ピンクリボンセミナーレポ(→♪♪♪)の続きです♪

 

先ほどは文字ばかりになっちゃったので、こちらは写真ばっかりにします(^^)

 

セミナーの後は、実際に宇都宮セントラルクリニックの院内を見学させてもらいました。

駅から少し距離のある病院ですが、とにかく綺麗!

そして広い。。。。

 

 

広い院内には最新機器がいくつも設置されており、とても快適に検査を受けられる空間となっていました(^^)

 

 

宇都宮セントラルクリニックは、乳がん検診用のブレストセンター、人間ドック検診センター、乳腺外来があります。

女性専用入口もありました。

 

 

 

 

院内はとてもセンスが良く、綺麗で居心地の良い空間です。

受付も綺麗だし、待合室もとても綺麗。

子どもが遊べるスペースも確保してあります。

 

 

 

診察室も柔らかい雰囲気です。

病院の雰囲気って重々しくてなんだか雑多なイメージですが、こんな風に落ち着いていて綺麗だと、リラックスして受診できそうだなぁと思いました。

 

 

 

入口にはわかりやすい表示もあり、また検診の流れが丁寧に書かれた看板もありました。

ところどころ、親切です(^^)

 

 

 

PEMです。

このプラスチックの上下の間に胸を挟んで検査します。

挟むと言ってもマンモグラフィーのような圧迫感は無く、痛みが大幅に軽減されているそうです。

 

PEMは静脈に18F-FDGを注射し検査を行います。

所要時間は20分前後。

生検対応機として、国内初!導入された宇都宮セントラルクリニックって本当にすごい!!

 

 

 

そしてこちらはトモシンセンス(3Dマンモグラフィ)

プラスチック版に胸を挟むのは通常のマンモグラフィと変わりませんが、このトモシンセンスはカメラを付けたマシーンが胸の周り撮影します。

 

こちらも通常のマンモグラフィより圧迫感が少なく、約3分の1程度の圧迫感だとか。

3D撮影することでより精密な検査が可能となり、乳がんの早期発見を可能にします。

 

 

 

他にもABVSと言われる、乳房専用3D超音波装置も配備。

 

本当にたくさんの最新機器を導入しており、ここに来れば「ステージ0での乳がん発見」が本当に可能だと思いました。

名実ともに、乳がんに特化した専門の検査機関です。

 

 

今回発刊された <あなたのがんは「これ」で9割防げる>以外にも、多くの著書が院内にも置かれていました。

 

 

 

 

 

本当に本当に「がん」の事を真剣に考えた佐藤俊彦先生の医療に対する思いと、それを有言実行する姿が素晴らしいと思いました。

 

これほどの最新機器を導入するには、巨額な経費が必要となります。

日本ではほとんど導入されていない機械もいち早く導入するその行動力にも脱帽しますが、未病で治すことに尽力するその熱心な思いに胸を打たれました。

 

大学病院ではなかなか新しいことを始められない。

だからこそ、私たちのような開業医がどんどんと新しい治療法や機器を取り入れていく必要があるんです。

 

言葉使いは多少異なるかもしれませんが、上記のようなことをおっしゃっていました。

 

何が正しいかは正直私にはわかりませんが、専門医が良しと判断した最先端の医療を取り入れている病院もあることを知り、いち早く病気を発見するためにも宇都宮クリニックのような素晴らしい機関で継続的に検査をしていく事の大切さを学んだ一日でした(^^)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とても勉強になったスローエイジングアンバサダーミーティング。

(パート1の記事はこちら → ♪♪♪

 

第2部は、ニュートリション・アクトの石川社長のお話

   「スローエイジングなカラダ作りに大切なこと」  

 

 

こちらのイケメン社長さんは、空飛ぶ科学者という異名を持つ正真正銘の科学者。

 

毒物・劇物化学者が真の姿なのですが、若かりし頃に病に臥した際、米国での食事療法によりなかなか治らなかった病気が完治したことから食事療法や栄養学への興味が本格的に芽生え、国内海外を問わず食文化と健康素材を学んだそう。

そして究極の健康を目指し、化学と栄養学を基本としたニュートリション事業を現在行っています。

 

活動は多岐に渡り、

・栄養チェックに関する特許取得

・アルガンオイル生産者のベルベル人への識字教育プロジェクトの実行(2013年にその功績が認められユネスコにてプログラムパートナーとして選任)

・スポーツ選手、タレントへの栄養指導

・各製薬会社・食品会社・化粧品会社等の食品・化粧品開発、製造及びコンサルタント 

・絵本を出版

 

などなど、などなど。数え上げたらキリがないほどの実績があり、また世界中からも高く評価されているお方なのです。

 

そんな社長のお話が、とにかく面白い!そして目から鱗!!!だったので、少しだけお話をシェアいたします(^^)

 

 

まず、人間は25歳を過ぎると細胞がどんどんと減少していきます。

この<細胞>とは人の体の要であり、細胞レベルで病気も決まってくるそう。

 

 

ちなみに人間は60兆個の細胞で作られています。

60兆もあれば、25歳を過ぎてから減ったとしても大丈夫じゃなーい?なんて、気楽に考えてはいけません。

 

なんと!

25歳を過ぎると、毎日10億個の細胞が減っていくんですって!!

 

 

億や兆の単位になると一体どのぐらいの規模なのか想像つかないけれど、なんだかすごい数が減っていく!!!

95歳までには60兆個の細胞の42.5%が失われると言われているそうです。

ちなみに細胞の減少スピードには個人差があり、細胞の減りが緩やかな人は若く見えるんだとか。

 

細胞の減少原因としては、ストレスによる活性酸素の放出がその一つにあげられるそうです。自然の摂理で消滅していくものもあるけれど、日常のストレスも大いに影響しているんですね。

確かに激務の人は少し老け込んでいたり、ストレス過多だと白髪が増えてしまったりと、少なからず目に見える範囲でも細胞減少の加速化が確認できるかも。。。

 

活性酸素は細胞を壊すことがわかっていて、細胞減少の加速化がやがて病気に繋がっていく事もわかっているそうです。

ストレスは万病の元、と言われる所以がこの辺りにありそうですね。。。

 

 

このような活性酸素による細胞破壊を防ぐには、カラダが本来持っている2つの自己防衛能力を大いに発揮させることが大切。

1.守る(抗酸化)

2.修復

の2つが本来人間が持っている自己防衛機能だそう。

細胞の修復は寝ている間に行われるため、眠い時はとにかく寝ることが細胞修復の近道。

 

ただ、DNAの損傷は毎日50万回程度起こっているためそれでも追い付かない事もあるし、また若いうちは良好に行われたDNAの修復も、25歳を過ぎたころからこの修復機能が衰えていき、場合によっては修復不能な事も。。。。。

 

なんだか悲しい現実ばかりを見せつけられましたが、そこで終わらないのがニュートリション・アクトです!

 

そんな悲しい現実を救ってくれる成分を空飛ぶ化学者の石川社長が世界中から見つけてきてくれました(^^)

 

 

◯抗酸化酵素の活性化を促す<メロングロソディン>

 

◯細胞のDNAを修復する<AC-11>

 

◯体組成の変化や筋力低下を改善する<ペプチド>

 

メロングロソディンは、腐らない不思議なメロンが原料となっています。

そしてAC-11は寿命が延びると言われているアマゾンの植物を使っています。

なんてワールドワイド!!そして、なんて魅惑的な原料を使っているんでしょう。。。

空飛ぶ化学者でなければ見つけられなかった、他にはない特別な成分です。

 

 

 

それぞれの成分は用途に応じ、

最適な効果を発揮するよう適切なアイテムに配合されています。

 

 

UVモイストベースクリーム             リ・ハ・ダ

★AC-11                       ★メロングリソディン★AC-11

 

 

エステキュイジーヌ                 グリグル

★ペプチド                      ★メロングリソディン

 

今回お土産にUVモイストベースクリームを頂いたので、AC-11の効果を期待しながら若返りを満喫したいと思います(^^)♪

 

他にもニュートリション・アクトからお化粧品のラインナップも紹介されていました♪

 

フルール ド メール

エステやスパで使用有れるプロ用の200品目からホームケア用に厳選された7品目♪

 

 

それにしても、、化学的に研究され、細胞レベルに効果のある成分を配合したコスメやサプリメントがあることに大変驚きました。

そして細胞により病気や老化が決まる、という事実も驚きでした。

 

今までは効果がある!と言われているコスメやサプリを試してみては、その効果に一喜一憂していましたが、原因や理由が分かることで解決策が導かれ、今までよりもずっと効果的な対処法が得られるのは本当に嬉しいなぁと思いました。

 

これからは顔などの見える部分のケアだけではなく、細胞レベル、でケアしてく事を心がけ、いつまでも元気で若々しく健康的な心身で過ごしていきたいと思います。

まさにスローエイジング

 

歳を重ねるのがまた少し、楽しみになりました(^^)

 

(パート1の記事はこちら → ♪♪♪

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、かねてよりとても興味のあったニュートリション・アクトの開催する「スローエイジングアンバサダーミーティング」に参加して参りました♪

 

イベントは2部構成

1部 スローエイジング スペシャルライターのAtsushiさん×渡辺佳恵さんのトークショー

   「スローエイジングライフ」

2部 ニュートリション・アクト 石川社長によるお話し

   「スローエイジングなカラダ作りに大切なこと」    

 

スローエイジングとは素敵に楽しく年を重ねようという想いがこもった言葉。

誰もが取ってゆく年に抗うのではなく、より良いライフスタイルやコスメ、サプリメントを摂取して楽しみながら心身ともに健康的に歳を重ねていく事を目的としています。

 

スローエイジングの秘訣やコツは多種多様。それぞれのお勧めTIPSをまとめたサイトがSA~Slow Aging~

食、美容、健康、ライフスタイル、ハートフルと5つのカテゴリーに分かれ、それぞれのTipsが掲載されています。

 

 

このサイトでのスペシャルライターが今回のゲスト。

雑誌CanCam在籍時には初のファッションディレクターとしてブームを巻き起こし、今では美的などのプロデューサーやアドバイザーに従事する渡辺佳恵さん。

そして、ディーゼル、D&G、ヴェルサーチのPRを経て現在フリーランスでファッション&ライフプロデューサーとして活躍するAtsushiさん。

 

 

お二人のトークショーでは、スローエイジングライフについて語られました。

それぞれ美容と健康には人一倍気を使われ、また楽しみながら過ごしていらっしゃるため、出てくるお話がとても楽しくて為になる!

 

その中でも特に印象的だったのが、Atsushiさんの「年下のオトコは最大の媚薬」というフレーズ。そして、佳恵さんの「オバサンでコンプリートして女を下りないこと」というフレーズ。

 

60歳、70歳になっても女性を楽しんでいた祖母や母の元で育ったせいか、私も歳を重ねてもオバサンになることよりも「女性」を楽しみたいと思う気持ちが強いので、佳恵さんの言葉には大きく賛同!けれどその中の選択肢の一つとしても、Atsushiさんの言葉にはちょっとびっくりしました。佳恵さんも年下男性の事について触れており、「年下の男性と一緒にいてオバサンに見えないこと」を指摘されていました。

なかなか若い男性が周りにいない人は、TVタレントに胸キュン♪するのでも良いそう。

私はたまに電車の中で若い子たちにキュン♪としているので、これからもキュン♪を継続していこう!と思いました(笑)

 

もちろんそれだけではなく、大切なのは美容の努力を継続すること。

Atsushiさんいわく、美容の努力は必ず帰ってくる!そうです。

歳を重ねれば重ねるほど老化は避けられないけれど、見せ方次第でいくらでも若く見せることが出来る現代だから諦めないことが大切。

個人的には、男女ともに「若さ」は魅力的ではあるけれど、歳を重ねたからこそ醸し出す美しさや年齢を感じさせない「素敵」さを演出できるような歳の重ね方が出来たら良いなぁと思いました(^^)

 

またトークショーでは「食」の大切さも話されていました。

特に抗酸化作用の高いフルーツを毎朝摂取したり、旬の食べ物を積極的に取得することでより効果的なスローエイジング効果が得られるとのこと。私も毎朝フルーツを食べるようにしていますが、もう少し種類を増やしていこうかな、と思いました♪

 

そして第2部は、ニュートリション・アクトの石川社長のお話

   「スローエイジングなカラダ作りに大切なこと」   

 

なのですが、、、少し長くなってしまったのと、この石川社長のお話がとても面白かったのでまた長くなりそう。。。。なので(笑)

次の記事でアップします♪

 

パート2の記事はこちら → ♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とうとうやってまいりました、ピンクリボンセミナー。

最近、小林麻央さんのニュースでも認知度が高まっている乳がん。

 

私も母が乳がんを患い、気付いた時には全身に転移のステージ4。

最終的には脊椎をがん細胞にやられてしまい、自分の力では歩くこと、立つことすら出来なくなってしまいました。

そんな母を約1年間介護し、乳がん、そして乳がん患者を間近で見て色々感じる事がありました。

 

 

「乳がんは治りやすいから大丈夫よ」

「乳がんが酷くなるまでには時間がかかるから大丈夫よ」

 

そんなことが巷で言われていますが、それは早期発見した場合。

 

早期発見と言っても、発見することがが容易な個所と、困難な箇所があるわけで、<乳がん=大丈夫>という図式が世間で広まっていることにとても疑問を感じていました。

 

母が乳がんだったので、私自身も乳がんになる確率は若干高め。

系統に乳がん疾患者がいない人よりは断然高い確率です。

 

いつかなるかも、、なんて思いながら目に見えぬものに不安を抱くよりは、知識を付けて検査を受ける方がよっぽどストレスフリー!

けれど、どんな風に知識を付けたらよいの。。。?と思っていたところ、素敵なセミナーに出会ったのです。

 

それが、来週末 10/15(土)に宇都宮で行われるセミナー

 

 

第3回 ピンクリボンセミナー

~全国初乳がん検診率50%をめざして~

会場:「とちぎ健康の森」講堂

 

セミナー内容もとても充実しています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第1部 乳がん基礎知識入門
     ~行こう、受けよう、乳がん検診~
(10:10~11:10)
講師:竹原めぐみ 氏
☆宇都宮セントラルクリニック 乳腺外来常勤医
 著書(新刊)「寿命を10年延ばす「乳がん専門医」の教え」



第2部 手術前に必ず
※PEM(ぺム)を受けましょう!
講師:佐藤俊彦 氏
☆放射線科医・NPO法人ピンクリボンうつのみや理事長
 宇都宮セントラルクリニック代表・
 セントラルメディカル倶楽部顧問医
         ※PEM(ぺム)→乳房専用PET検
 著書「超早期乳がん 最新治療」
   「あなたのがんはこれで9割防げる」他…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私はマンモと超音波は必ず受けていますが、それだけで本当に良いのか疑問に思っていたため、、今回のセミナーで色々と勉強してこようと思っています(^^)

 

まだまだ募集していますので、乳がんが気になる方、是非一緒に参加しましょう!!

 

セミナー申込み → ♪♪♪
 

 

知ることは怖いけれど、知らないことは後で後悔する。

というのが、母を看病していて痛感したことです。

世の中にたらればは無いけれど、もし私にもっともっと知識があれば、母を救えたかもしれないのにな。。。という後悔は、何年経っても消えません。

 

なんて、暗い話をするつもりなかったんですが(^^;)

 

15日まであと少し!!!!

是非みなさんもサイトを覗いてみてください♪

Facebook → ♪♪♪
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。