夏は太りやすい?ヤセやすい? | ユメロン黒川のブログ

ユメロン黒川のブログ

天然鉱石を活用した “HEATRAY(ヒートレイ)” で
美と健康をサポートする蓄熱性・遠赤外線 製品メーカー
創業120年 ユメロン黒川のブログです。


テーマ:

結論から言うと、夏は人により太りやすい季節であり、ヤセやすい季節でもあります。


人のエネルギー代謝の仕組みという観点から捉えた場合、夏は太りやすい季節だと思います。
その理由は下記の通りです。


夏は体温を維持するために熱エネルギーを産み出す(褐色脂肪細胞による)必要がないため、他の涼しい季節と比較して、その分の消費エネルギー量が低下します。
暑過ぎる日には、外を歩く機会も減り、ジョギングなど屋外の運動もできないので、さらにその分のエネルギーも消費できません。


そこへ普段と変わらない食事を摂ると、脂肪が蓄積されるのは目に見えて分かりますよね。


逆に、夏にヤセてしまう人のケースは下記の通りです。


冷たいものの飲み過ぎなどで、胃腸が冷えて弱り消化吸収力が低下したり、肝臓が冷えて栄養素の代謝が低下したり、そもそも食欲自体が湧かなかったりすることが主な原因です。


体温が低下すると、酵素の働きが鈍る、免疫力が落ちて夏カゼをひきやすくなる、という要素もあります。


また、暑さとクーラーガンガンの交互攻撃の影響で、自律神経が乱れて、特に女性を中心に冷え性やむくみに悩まされている方、代謝が低下している方も多いでしょう。


なので、夏こそお腹まわりやお尻まわりをしっかりと “あたためる” ことが大切なんです。


一時的にはヤセますが、これは健康的にヤセているわけではなく、栄養素の摂取不足から筋肉量が落ちて体重が減少している、という基礎代謝が低下している状態が考えられるので、秋以降にリバウンドする可能性があります。


その他にも様々な要素がありますが、以上が夏太り、夏ヤセの主な要因です。


最後に、末尾の画像は、先日出展したイベントにて某ブースで計測していただいた私の体組成データです。


エネルギー代謝が高く、特に脂肪が燃えやすい(脂肪酸を利用してエネルギー源を産生しやすい)状態にあることが分かるかと思います。


これは、三大栄養素とダイエット  不足しがちな栄養素 ビタミン・ミネラルとは?など、健康についての豆知識コーナーで書かせていただいていることを念頭に置き、普段から実行していることの結果です。


夏だけでなく、季節によって体調管理の対策内容は変わってきます。


環境に応じた対策を練る際には、まず人の体の栄養と代謝の仕組みなど、基本的な知識を習得することが大切です。
その上で自身の体についての理解を深め、自身に合った対策を整理し、継続的に実行することを心掛けるようにしてくださいね。


 ※学説や定説は、研究成果や臨床結果などにより日々変更され、進化発展していきます。
   書かれていることや教えられたことをそのまま鵜呑みにするのではなく、必ずご自身でも
   調査および勉学を継続し、常にアンテナを立てておくことを心掛けるようにしてください。


written by staff M.Uchida


【保有資格】
・米国ISNF認定 サプリメントアドバイザー
・NPO日本食育インストラクターPrimary
・AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー
・NHA認定 ハーバル・フード・マイスター



“HEATRAY(ヒートレイ)” で 美と健康をサポートする
蓄熱性・遠赤外線 製品メーカー
◆ ユメロン黒川 ◆
福井県越前市元町5-7
HEATRAY「天然鉱石繊維」のサイトはこちら
ハイクオリティ・サプリメント「ドリームサプリ」のサイトはこちら
濡れない足湯「お・も・て・な・し・あしゆ」のサイトはこちら
Tel:0778-24-0500
電話注文受付時間:9:00~18:00
休日:土曜・日曜および祝日

株式会社ユメロン黒川さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス