お礼 | 進行胃がんと戦う旦那さまの闘病記

進行胃がんと戦う旦那さまの闘病記

2017年12月22日に胃がん・多発肝転移でステージ4。余命告知を受けました。進行が早く、抗がん剤治療も奇跡を呼べず8か月間の闘病を経て、2018年8月21日52才で旅立ちの日を迎えました。

今日、初七日が終わりました。

 

バタバタと慌ただしい1週間が過ぎ、旦那の葬儀も24日、25日と

無事に終わる事ができました。

 

正直、もぬけの殻です。喪失感だけが残っていて、

何もする気がおきません。

 

入院中、付き添いなどで家にいなかったこともあり、

家が掃除しないと汚いです。でも、気力がないのです。

 

昨日は1日、掃除もせずに旦那の写っている動画を

ひたすら見ていました。もちろん号泣です。

 

しかし、このままでいる訳にはいきません。

なんとか気持ちを奮い立たせて、前に進まなければなりません。

それにはやっぱり時間が必要ですね。

 

まだ、亡くなって1週間。そんなすぐに立ち直って、日常に

戻れるわけはないのです。こんなに悲しく、こんなに切ない

日々を今まで経験した事がないので、どうしたらいいのか・・・

答えは見つかりません。

 

ただ、勇気づけてくれる娘がいます。

1人だったら・・・と考えると怖いです。

娘がいてくれるから、悲しいけど半分の悲しみで毎日を

過ごしていける。娘には本当に支えてもらっています。

 

ブログの方は、ボチボチ書いていこうと思います。

まだ、終わっていない闘病記。時間が経っていない分

涙流しながらになるかもしれません。

でも、旦那が頑張ってきた証を、きっちり綴っていこうと思います。

 

たくさんの方に励まして頂いたコメントのお返事も

まだ、書けていませんが、すべて読ませて頂いています。

少し時間はかかると思いますが、ゆっくりお返事したいと

思います。進行胃がん・多発性肝転移で亡くなった旦那の

頑張りをみなさんに知って頂き、今後のお役に立てたらいいな

と思います。応援して頂いたみなさん、本当にありがとうございました。