牡蠣の仮植を終えて! | 夢の愛ランド
2019-05-10 13:16:12

牡蠣の仮植を終えて!

テーマ:ブログ
 やっぱ販売網の確立だ!  



牡蠣養殖も4年目、昨年は筏に吊るす縄を3,000本に増やした。それも今までのように種牡蠣を選ばずただ吊るすのではなく、種牡蠣を選び、薄い物は2枚抱き合わせ、濃過ぎる物は一部除去してしかも落下しないよう11つをゴムで止めるなど今までの倍以上の手数をかけた。だから、普通に行けば1本当たりの収穫はこれまでより良くなると見込んでいたが残念ながら全国的に牡蠣が死滅するという被害にあった。

そこで今年は昨年以上に手を掛け仮植の作業を終えた。 

 

 例え、漁獲量がどんなに増えても売値が安く叩かれたのでは事業収入を上げることが出来ない。共販では入札なので売値は他人任せだ。一定の値段で安定的に販売するマーケティング(販売網)を確立する必要がある。  

いろいろなマーケティング方法はあるがインバウンド・マーケティング(来てもらうマーケティング)やイベント会場での販売ではなく、より積極的なアウトバウンド・マーケティング(発信していくマーケティング)に挑戦して行きたい。その為には私自身がいままでのように牡蠣造りのお手伝いをするのではなく。ビジネスマンとして本気で全国を飛び歩くことだ。

 






浦戸桂島の牡蠣養殖後継者を育成するにはその覚悟が必要なようだ。
親爺の一番の喜びは与えること。夢を与え、心を与え、そこに喜ぶ人いればその人のために働くのが夢を追う男と言うものだろう!
 

』に人生をかけて本当にやりたいことを、一人でやりきる覚悟で本気でチャレンジしている。そんな姿を目にしたら、きっと人は応援せずにはいられない。いつの間にか自分もその夢の当事者になってしまっています。

 

頑固親爺さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ