2017-03-07 20:06:45

桂島大好き!

テーマ:ブログ

 

 

 

島に住所を移転し住んでから6年、すべてが桂島のためと思って活動して参りました。

でも、桂島の人には伝わっていない。(一部の人に)

桂島区総会で「ふるさと島民登録制度」が個人の金儲けに使っているとか。区長の名前を勝手に使っているとか。指摘を受けました。

区長さん「俺の名前は自由に使っていいよ!」と言ったでしょう。
それなのに役員会では勝手に使ったと言ったんですか?

区長さん、私は元公務員、役職名と個人名は何があっても勝ってには使ってはならないことくらい知っています。

 

昨日は本当にガッカリしました。

区長の言葉「三浦さんも縁あってここに骨を埋めるのでしょう!だったら皆さんと協調して行きましょう」二言目には島を割らないで、みんなと協力してくれと言う。その通りだ!

当のご本人が好き嫌いで二つに割る行動をとる。

 

でも昨日で分かりました。親爺がどんなに頑張っても長年続いている島の奥底に流れる「島根性」は変えることは出来ません。皆さん不思議に思うでしょうが島では長いものに巻かれないと生きていけないのです。一旦、村八部。島八部になったら逃げるところがない。これが島の宿命です。

 

こんなことを書いている自分もそろそろその時期が近づいているようです。

でも、昔から「窮鼠、猫を噛む」と言う言葉もあります。ただ大人しく去るだけではなく、最後は桂島の闇の部分(金銭問題、人権問題)を曝け出するつもりです。

言って置きますが、親爺には愛する母ちゃんと孫が盛岡に居ます。今すぐ帰ることが出来ます。ただ、心残りは、牡蠣養殖の後継者、大場くんを定着させることです。この仕事が終わったら盛岡で普通の老人生活をします。

 

最後に親爺のブログ、HPfacebookなどを島の人に提供している方、ご苦労様です。できれば、古い情報ではなく新しい情報ですべてをお伝えください。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

頑固親爺さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■?

窮鼠猫を噛むだと?何が島の為だ!ちゃんちゃらおかしなオヤジだな。恥を知れ!

3 ■誰の島

元島民ですさん に賛成です、自分も子供のころは島中を遊び場にしていた生粋の島っ子です。
たまに帰省すると、良い話だけなら美味しい酒も飲めるのですが、残念な話も多く聞きます。
その一つが、子供のころよく遊んだ学校浜(昔から島にある小学校が授業やイベントで多く利用したため住民は学校浜と呼ぶ、鬼が浜の通称)の名前が無くなり、なぜか(プライベートビーチ?)マイビーチ鬼が浜となっている。
島には独自の文化や思想もあるが、あなたの使う島根性と言う表現は間違っていると思います。あなたも日本と言う島国に住んでますよね、どんな根性なんですかね。
色々変えたい人も居れば、変えられたくない人もいると思いますよ。
今後、地域の住民と仲良く生きてゆくか、出てゆくかの2択ではないでしょうか。


2 ■無題

正直 あなたが出て行ってくれれば 嬉しいです。面と向かっては言えませんが 島根性は素敵です。このまま廃れてもいいですよ。他人に土足でかき回されるのは 嫌なんです。私は金儲けしてるとは言いませんが あなたの周りはだいぶ金の匂いがします。あなたも利用されてるんです。島の人は鬼が浜の私物化が堪えたのでしょうね。弱ってる島を分断させたのは事実ですよ。我慢してる人 多いですよ あなたが居なくなれば みんな島に寄り集います。 色々ぶちまけると書いてますけど、あなたは籠池さんですか?あなたにとっていい時代は6年も続いたでしょ?逆恨みはみっともありませんよ

1 ■意見

確かに面白くは思われてないですよね。
私にも話は伝わってきます。

自分は被害者と言わんばかりの内容ですが
車?Kトラ?の荷台に人を乗せて島内を移動し周りに迷惑をかけてるのを気付いてないこと。

自分の土地でもない砂浜を不法に占有し、勝手に建築物(海の家)を建ててる事や無許可で飲食物を出してる事。

建築物を始め不法に占有してる事実は近いうちそれこそ告発し訴訟になるでしょう。

記憶に新しいとこですと経済産業省前で沖縄の反日活動家らが勝手にテントを建て数年座り込み(占有)し、3000万超の賠償命令が出たのはご存知でしょうか?

また、辺野古もそして桂島も同じことになります。

桂島6年目との事ですがそれよりも何十年も前から小学校の海水浴やマリンスポーツ、BBQ等で使ってた人や団体などがいる事も忘れずに。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。