テーマ:

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

夢人5代目副代表 リュウホです。はじめまして。

 

代替わりしてから今日までの半年と少しの期間を振り返りつつ、5ヶ月後に迫った引退までの活動に対するワクワクを感じながら、コーヒー片手にパソコンの画面に向かっています。

 

 

さて、気付けば早5月末。

 

多くの団体が新歓期を終えていく中、遂に自分達夢人も「5代目夢人-yumenchu-」としての第一歩を踏み出そうとしています。

 

(5月11日の決起会には新入生100人が集まりました)

 

 

さてさて、突然ですが僕は関西出身です。こっちに来てからも関西弁の訛りが抜けず、ラオスでは子供達相手にも「なんでやねん」と、通じもしないツッコミをすることも多々あります。 

 

とまあ簡単な自己紹介(?)も終えたところで。 

僕は高校時代、大学受験に向けた「目標」を持って勉強一筋の生活を過ごしていました。

 

「東京の大学に行けば何かが変わる」

 

そんな漠然とした、でも確かに自分を奮い立たせていた「目標」を抱いた生活でした。それから少し経ち、「目標」を達成したいわゆる”大学生活”をなんとなく謳歌していた大学1年の冬に、僕は「夢人」に出会いました。 

 

初めてのミーツ。 

 

「なんやこのパリピたちは」 

 

「なんでこの人らが教育支援しとるんや」

 

時速300キロくらいの衝撃を受けたあの日を境に、僕の”大学生活”は激変しました。 

 

 

怒声とも取れる程飛び交う発言。 

夜通し熱く語り合える仲間。 

すれ違いによる衝突。 

大学生1000人規模のイベント。

純真無垢な異国の子供たちの瞳。

そして、「夢」の先にある涙。 

 

 

「夢人」は「夢」を叶えます。 

《日本中の学生を巻き込み行動に移す》 

そんな団体であると、僕は誇りに思います。 

 

「ボランティアをしていること」ではなく、「一人の夢人であること」に誇りを抱いています。

 

 

つい最近、「目標」と「夢」の違いについて考えることがありました。

 

「目標」は「goal」です。つまり「終着点」。

一方の「夢」というのは、寝ている時にみる「夢」という単語があるように、いつか覚める、終わりを迎えるものだと思います。決してマイナスの意味ではありません。「夢」を見終えてから、1日が始まるように。「夢」があるからこそ、その先がある。 

 

「夢人」は「夢」を叶えます。

そして、その先に新たな未来を描いて活動しています。

 

「goal」に行き着く・「目標」を達成することではなく、「夢」を叶えること。

 

一体この「夢」を達成した先に俺たちはどんな景色を見ることができるのか?

 

そんなワクワクをメンバーは抱いています。

 

 

以上が僕の考える「夢人」が「目標人」ではない理由です。

 

 

さて、最後になりましたが改めまして、

 

常にカッコいい後ろ姿を見せてくださった先代の方々、ありがとうございました。新歓を終えた今、先輩方が誇りと実績を残してくださった学生団体は、歴代最大規模の人数を誇るようになりました。俺たちはもう大丈夫です。どうぞ、安心して一人一人の活躍にご期待ください。

 

 

設立6年目となった2017年。 

 

今年も「夢人」は皆さんをワクワクさせ、「夢を夢で終わらせ」ず、「一人では叶えられない大きな夢をみんなの力で叶え」ていきます。 

 

そんな僕達「学生団体夢人-yumenchu-」に今年もご注目、ご声援頂ければ幸いです。

 

 

最後に、僕が活動するにあたり、何事にもベースとしている言葉を添えて終えたいと思います。

 

 

 

夢なき者に理想なし。

理想なき者に計画なし。

計画なき者に実行なし。

実行なき者に成功なし。

 

故に、夢なき者に成功なし。

 

 

 

夢を見た。

夢を語った。

次は夢を叶える番だ。

 

5代目のみんな、最後まで一緒に駆け抜けよう。

 

 

5代目副代表 小室 立帆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

学生国際協力団体 夢人 -yumenchu-さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。