2019年5月18日(土)19日(日)活動報告「春のローズフェア」 

 

18日:曇り 19日:晴れ     

 

参加人数:18日 大人2人 19日 大人3人 合計5人

 

活動時間:9:00~16:00

 

 

蜻蛉池公園 「春のローズフェア」の開催です。

 

 

 

18日は、曇り空で半袖では少し肌寒く感じる程度でした。

 

いつものように活動記録写真の展示、竹籠の展示販売、四海波花籠の籠づくり体験コーナーの実施です。

 

バラの花は、一部種類によっては満開でちょうど見ごろどきですが、全体的には7~8分咲きという感じで上の方に沢山のつぼみを付けて、下の方は大きくきれいに咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時30分頃から準備して9時過ぎにはスタンバイできました。

 

 

 

 

 

19日は、晴れて暖かく半袖でちょうどいい気温です。

 

 

 

 

 

 

人の出も良く朝から沢山の人で部隊の方も多くの出演者で活気がみなぎっています。

 

 

 

 

 

 

 

竹籠づくりの体験コーナーは18日1人、19日4人で合計5人の参加がありました。


 

 

 

 

 

 

 

今年度の活動計画は、HPトップに掲載しております。

 

夢の森つくり隊では、仲間を募集しております。

 

興味ある方は、どんどん参加をお願いします

2019年5月12日(日)活動報告

テーマ:

2019年5月12日(日)活動報告

 

晴れ     

 

参加人数:大人7人 子ども5人 合計12人

 

活動時間:10:00~15:00

 

ふれあいの森入口付近の野ばらが白く、ツツジはピンクに咲き誇っています。

 

ジャガイモは背も伸び茎も太く少ししっかりしてきました。

 

 

 


お茶の葉も新芽が大きくなっています。

 

 

 

 

今日の作業の中心は、次回活動日の「第1回ファミリーメイト イモッ子春」のため、サツマイモの苗を植えつけるための畑の天地変え、畝づくりです。

 

大人たちは、さつまいも用の畑とその周辺の40~50㎝にまで伸びてしまった草刈りをします。

 

 

 

 

 

 

大人が草刈りしている間、子ども達がジャガイモ畑の草取りをしてくれました。

 

 

 

大人たちの草刈りが終わると、子どもも一緒にスコップを持って、全員の力を合わせて天地変え、畑全面を掘り返します。

 

大人は深く掘り返し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもがその土の塊を細かく崩してほぐします。

 

 

 

 

暑いので熱中症にならないように休み休みの作業です。

 

 

でも、全員が働き者です。

 

 

 

昼食時、「森のシェフ」NSさんが家で作ったヨモギ茶と

 

 

 

スギナ茶を

 

 

頂きました。

 

どちらもほんのり甘く特にスギナ茶は甘み、香りともに良かったです。

 

疲れが飛びました。

 

午後、大人は畑の畝づくりをしました。

 

 

 

 

 

 

 

その間、子ども達はジャガイモ畑に水をやり、


 

  

お茶摘みをしました。


 

 

 

 

慣れているので、手早く上手に摘んで行きます。


 

 

 

畑の畝も無事に完成しました。

 

 

安心してファミリーメイトを迎えることができます。

 

 

 

これまで、ふれあいの森で確認したことがない花が咲いています。

 

昨年の台風の影響で荒れた所を、ブルドーザで均した影響でしょうか?

 

この花は、スパラキシス(スイセンアヤメ)でしょうか?

 

アヤメ科スパラキシス属の多年草で、花色は朱橙色、緋紅色、赤色、クリーム色、ピンク色や白色などがあます。

 

ふれあいの森の花は、白い6花弁で中心が赤と黄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

再度確認が必要です。

 

 

最後に、本日の秀治郎池です。


 

 

今年度の活動計画は、HPトップに掲載しております。

 

夢の森つくり隊では、仲間を募集しております。

 

興味ある方は、どんどん参加をお願いします。

2019年5月9日(木) 活動報告 竹籠教室

 

曇り時々晴れ

 

参加人数:大人5人、子ども0人 合計5人

 

活動時間:10:00~15:00

 

 

前回に続いて、おむすびケース製作です。

 

前回のヒゴ作りと木型製作から、今回は六つ目で底編みして

 

 

 

腰立て

 

 

 

 

 

胴編み

 

 

 

 

フチマキと一気に完成へ

 

 

 

と進みます。

 

 

腰立てにはお湯を沸かして湯気を使います。

 

 

 

押しピンを使って、三角の木型にヒゴをこまめに留める

 

 

 

 

ことで形を整えて行きます。

 

ケースは底と蓋の2つが必要です。

 

昼食時間以外、5人は口を動かしながらも、手が止まることはありません。

 

アッと言う間に終了時間が来ました。

 

 

 

 

 

 

昼前にコンロを取りに「ふれあいの森」の倉庫まで行きました。

 

 

森はすっかり初夏の様子で若葉を付けた様々な草が花を咲かせ、背を伸ばしています。

 

シロツメクサ

 

 

 

アカバナ

 

 

 

 

カラスノエンドウ

 

 

ヒメジョン

 

 

 

 

ジャガイモはグングン伸びています。

 

 

 

臨時駐車場横のフェンス裏には沢山のクローバーが新しく生えています。

 

 

 

今年度の活動計画は、HPトップに掲載しております。

 

夢の森つくり隊では、仲間を募集しております。

 

興味ある方は、どんどん参加をお願いします。