第8チャクラ 対 第4チャクラ : 統一 統合

宇宙との融合、神との一体になる、この世の使命を果たす

存在ありのまま愛し、宇宙を愛し、神を愛し、自分自身を尊く愛する

 

 

第7チャクラ 対 第1チャクラ : 決断 決意 行動力 生命力 魂の軸

現実という大地を生き抜く

ここで生きていくという決意をして、決断して、行動する

「いま、ここ」の体幹をしっかりと根ざす

 

最低限の荷物と剣を取って旅立つ

 

 

第6チャクラ 対 第2チャクラ : 感情、創造 冒険 魅力 直観 集中

決意した仕事、夢、目標に情熱を注ぎ、自分を信頼する

人になんと言われようとも、命ある限り、遊び、働き、創造し、冒険する

自分のやるべきこと、理想の現実化を追い続ける

個人としてのやり甲斐を見つけて、色んな体験を通して感情を味わう

 

歩き続け、ときに立ち止まり、感情や体験を味合う

 

 

第5チャクラ 対 第3チャクラ : 自己表現 伝達 継承 貢献 喜び 自他尊重 

自己表現を通して隣人に貢献する

人々と協力し合いながらお互いの個性を尊重する

愛、自信、喜び、楽しさ、希望、勇気など、人にたいしてこの世に影響を与える

 

旅から得た経験を他の人々に伝える

 

 

第4チャクラ 対 第8(4)チャクラ : 慈悲 許し 無条件の愛 一体感 心のゆとり

 

相互依存と自他を愛し、許す心をもって、無条件の愛とは何かを知る

宇宙や他の存在との一体感「みなきょうだい」

自分と隣人がお互いに与え合い、受け取る

神の愛であり、宇宙の愛であり、生命の愛

存在そのままを肯定して、人の上に人を作らない、「天上天下唯我独尊」

われわれはありのままに、一人ひとりが尊い

 

無条件の愛を知る

 

 

 

 

やりたいことが見つからないとき

 

人から決めてもらっていた人生をやめて自分で決める人生にすればいい

優等生のように、集団に守られながら人の敷いたレールなんて歩いていても「自分のやりたいこと」は見つからない

 

第1チャクラはまだ個人のチャクラじゃない

集団の中でいくら優秀でも、自分がないなら第2チャクラも成長しない

 

第2チャクラに進むために、集団、親、先生、上司、社会が決めつけた「人生」の枠からはみ出して行動してみればいい

アドラーの嫌われる勇気を引用したら、他人の課題は他人の問題として、自分の課題は自分で引き受ける