夢の餃子への挑戦! | めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」
新型コロナウイルスに関する情報について

めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」

<解説>
お店の最新情報からお得なお知らせ、そしてマスター自身の「熱い思い」をブログに掲載!!
また、Twitter や マイなう では、個人的な「独り言」をつぶやきます?!


はい咲いなぁ〜

久しぶりのブログと言うか、

先日、テレビ局の方から取材を受けた「夢の餃子への挑戦。」の内容を映像とは別に写真と文章で記事として取り上げていただきました。

その内容に少し加えさせていただきブログとして書きます。

内容文は、取材者の目線になりますのでご理解ください。


🥟🚀🥟🚀🥟🚀🥟🚀🥟🚀🥟🚀🥟🚀🥟🚀

新型コロナの影響で苦境が続く飲食店。特に岐阜県高山市の観光地域で営む店舗では壊滅的な状況になっています。

そんな苦しいときこそ、「下を向くのではなく、目線を上にあげよう」と、飛騨高山餃子総本山の店主が立ち上がりました。挑戦したのは、宇宙でも食べられる餃子作り。最終的には宇宙食を目指しています。




多くの観光客が訪れる高山市で、世界中の人に岐阜県産の野菜や豚肉を使った餃子を食べてもらいたいと、飛騨高山でお店を続けてきました。

しかし、新型コロナの影響で観光客が減少。かつての賑わいを失ってしまいました。



「お客さんが少なかったので、周りの店も下を向く時間が長いと思うんですよ。なので、下を向くのではなくて、目線を上にあげようと。地面には希望は落ちてないから、希望を打ち上げよう!今まで世界中の人が来てくれたから、今度は(餃子を)宇宙に飛ばしたい」(鈴木さん)


そんな思いから、宇宙でも食べられる餃子作りの挑戦が始まりました。

 


本店のある本巣市の店舗で営業後の深夜、ひとり厨房で試作を作る日々。

鈴木さんは、宇宙食への第一歩として、地元商工会に相談を持ちかけ、餃子をフリーズドライにすることに決めました。

餃子を厨房で焼き、急速冷凍したあと、協力を取り付けた県の食品科学研究所へ。


特殊な機械で、餃子をマイナス35度まで急速に凍結。その後、3日間かけ真空状態で乾燥させ、フリーズドライにします。

「フリーズドライ化すると、パリパリになりすぎちゃう。水分も全部飛んでしまうので。何回もひび割れして、食べるときすごく硬い」(鈴木さん)

宇宙食の開発は、簡単ではありませんでした。

 


一番苦労したのが餃子の皮。

お店で食べられる餃子の皮は、やわらかくて、もちもち。しかし、フリーズドライにすると水分が飛んでしまい、カチカチになってしまうんです。




そこで、研究所の職員からのアドバイスを受け、企業秘密というある粉を加え、硬めの生地で膨らむように仕上げました。さらに、皮の部分に小さな気泡を入れるなど研究を重ね、ひび割れや食感を改善しました。


また、水分量を減らすために大豆ミートを加えたり、臭いが強いという理由で使用できないニラやニンニクなどの具材を抜くなど、宇宙食としての課題も、ひとつひとつクリアしていきました。

「皮から工夫をしないといけないっていうのもあった。逆に楽しかったですけどね」(鈴木さん)

 


半年間の試作を重ね、先日、試食会が開かれました。



「気持ちはわくわくしています。夢の餃子を作りましたから」(鈴木さん)


そんな夢の餃子を食べた人は―。

「自分が想像しているよりは、食べやすくておいしかった」



「キャンプしたときに持っていくと便利かなと思います」(試食した学生)

「うれしいです」(鈴木さん)


この「うれしいです」の言葉には、夢の餃子を作りたい!と語ってから、多くの方々に協力していただいた感謝の気持ちも伝わってきます。


「でも、これからが大変なんです。色々な課題を乗り越えて価値を高めていまきます。」(鈴木さん)


最終的な目標は餃子を宇宙食として届けること。

鈴木さんの挑戦はまだまだ続きます。






有り難うございます!

まだまだ頑張ります!

宜しくお願いします!

んjah。







商品名、価格、発売日の詳細は、3月9日に発表します。

お楽しみに♫