めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」

めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」

<解説>
お店の最新情報からお得なお知らせ、そしてマスター自身の「熱い思い」をブログに掲載!!
また、Twitter や マイなう では、個人的な「独り言」をつぶやきます?!


テーマ:

「嬉しい新人アルバイト。」


はい咲いなぁー♫


春からスタッフの入れ替え時期に合わせて募集をしていましたが、その中でも特別に嬉しい新しいアルバイトの子が来てくれました!


毎年一回、地元中学校の一、二年生を対象に「職業人として」のテーマで授業を依頼され教壇に立って、もう何年も継続して来ました。

たしか23年前の授業で熱心に聞いてくれていた女子生徒がいて、質問でも大人びた内容で問いかけて来た生徒を思い出しました。


その女子生徒が授業の最後に、

「私、高校生になったら、清太麺房でバイトしたいです!」

って、発言した事があって


でも、きっと冗談だろうと思って軽く流しながら笑って誤魔化してた記憶にあります。

 

実は、その子が本当に高校生になって、アルバイト募集に応募してきたのです。


最初は電話で話したのですが、かなり緊張していたのでしょう。

ガチガチの歯切れの悪い会話で本人だと言うことに気がつきませんでした。


いざ、面接の時になって、

マスター:「あれ?やっぱり⁈〇〇さんだよね?」 

そう、あの時の


新人バイト:「はい、初めてのバイトは清太麺房と決めてました!」


この時代、学生がアルバイトするのに不人気な個人飲食店にわざわざ来てくれて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。 




また、元気印の女の子がアルバイトスタッフに加わった事で、恵まれている事に感謝したいです。





⬆︎この授業がキッカケで興味を持ってくれて、「清太麺房で働きたい! 」って、

ん~~嬉しいねー


ウチは仕事はハードで、そんなに時給は高くないけど

バイト先に選んでくれて、ありがとうー♫

この繋がりを大切に育てて行きまーす!



で、早速お客様アンケートにも新人アルバイトちゃんの事が書かれていました。

「研修中の子、頑張ってる姿勢がよかったです。」って。




よし、よし。^_^

彼女の成長が、これからも楽しみです。


かんしゃ

かんしゃ


 ん。jah











初めてでも大丈夫!

現在、ウチのアルバイトスタッフ6人中、5人はアルバイト初めて組なんです。

そして、成長していく過程が、

とても、嬉しいんです。 



そう、あの子も、、、(^_^;


テーマ:

嬉しい「お客様」


4月から近くの学校に留学生として訪れている少しワイルドな外国人が最近よくウチに来店してくれます。


きっと、学食が口に合わないみたい(^_^;)


どうも肉や魚がNGで辛いものが好みらしい…  

毎回、辛いラーメンを食べてます。


しかし、全く日本語が話せない、

そして、全く日本語が伝わらない、


来店頻度が増えてきたので、ジェスチャーで一生懸命に伝えたり、

ウチのスタッフが英文のメニューを作成して、他のラーメンも食べてもらえるように工夫してみました。


挽肉は大丈夫らしく、台湾ラーメン系がレパートリーに増え、


炒めた米なら大丈夫らしく、チャーハンも食べるようになりました。




そんな彼が、先日

突然、カバンの中から包装された四角い箱を取り出して、


私たちにプレゼントだと言って、渡してくれました。



なんと、携帯電話の液晶画面に日本語で、


「私のために、英語のメニューも作ってくれてありがとうございます。

私は、日本に来て、この店が一番好きです。これは私の故郷のキャンディーですが、皆さまで食べて下さい」






リールってことは、、、

えっ?

フランス人だったんだね(^_^;)


フランス語のメニューが必要だったのか!



メルシー

メルシー


あっ、発音が違うみたい(^_^;)


Merci  (ありがとう)は


「メルスィー」って発音するんだね


まぁ、共通語が英語だから許してー!!



知ってるフランス語と言えば、あと

「ボンジュール」だけだけど( ̄∇ ̄)w


勉強して覚えなきゃ(笑)


ん。jah











そうそう、

もうひとつ嬉しいお客様が、


学生時代、毎週毎週楽しみに台湾ラーメンを食べに来てくれた青年が、社会人になって訪れてくれるシーンは何度もあって嬉しいんだけど、 


なんと、昨日は「今から結婚式です。その前に清太麺房でラーメンを食べたくなったので来ました。」って、

くーーっ、嬉しいねー

メルスィー♫

メルスィー♫

Félicitations



はい咲いなぁ~


何年も前から商品化に向け開発していた「コレ」が、ついに完成しました。

{67BD5E85-0F42-4082-996B-BCB401331C53}


でも、とは言えまだプロトタイプでして店頭のみで、こっそり販売しています。

今後の改良を重ね可能性を広げて行きたい商品なのです。


そう「コレ」とは、

タイトルにも公表しました

「餃子ライス」という新商品です!

{BB984D0B-C640-4801-8065-2CC27C0FF6F4}


実はコレ、失敗作から生まれた商品なんです。


元々、当店で人気の「餃子丼」をレトルト化にしようと開発をしていたのですが


加圧加熱殺菌するレトルトパウチにすると、野菜の食感が全く無くなり、トロトロの状態になってしまい


何度も試行錯誤を繰り返すも、上手くできず、、、

まるで

カレーのルウみたい ^_^;


ご飯の上に乗っけて食べてみると、餃子味のカレーみたいに


なんか不思議な食べものになってしまった。



そして餃子丼のように餃子のタレと辣油をかけて食べてみると


ん?んん!?


口の中で広がるのは、餃子&ライスを一緒に食べてる感覚になるじゃん。


コレは、カレーライスじゃない、

「餃子ライスだ!」

それは、餃子革命の瞬間でした(笑)

{90DF4197-530E-4A6F-86DA-2DDF930436F9}


餃子に革命をもたらすとまで言うと大袈裟だけど、餃子の具とライスを口の中で包み込む感覚は新しい!!


よし、コレを商品化しよう!

って、ことから

この餃子ライスが誕生しました。



さて、何で

餃子をレトルトにしようと考えたかと言うプロセスですが、


家庭で食べる餃子と言うと

生餃子か冷凍餃子が主で、専門店やスーパー等で購入して要冷蔵か要冷凍で保存するのが当たり前でした。


気軽に常温でで持ち歩るける餃子って、無かったですよね。


しかも長期保存が可能な餃子なんて無いですよね。


だからチャレンジしてみたかった。


そして、作ってしまいました!?


っても、

餃子そのものをレトルトパウチにすると原形すら無くなるお粗末な姿になり大失敗。


だから餃子の中身だけを工夫してみることに。


餃子の具材を、あんかけにして

レトルトパウチに密封!


常温保存が可能で、非常食にもなります。


加熱殺菌処理がしてあるので、常温のまま食べることもできます。


もちろん、美味しく召し上がるには、

レンジ等で加熱して

熱々のごはんに乗っければ

「餃子ライス」の完成!!


お好みで付属の餃子のタレと辣油をかけて食べることをお勧めします。


キャッチコピーとしては、


スプーンで食べる⁈

あんかけ餃子ごはん


餃子の具材をあんかけ風にしました!


ですね。


さらに具を使った

食べ方のアレンジ次第では無限に広がります。


たとえば、

フライパンでご飯と一緒に炒めて

「餃子チャーハン」に!


和風だしを加えて卵とじにして

「餃子味の玉子丼」や、


四角くカットした豆腐と一緒に煮込んで

「餃子風味の麻婆豆腐」など。


この餃子ライスの具材が、アイデア次第で色々な食べ方ができます。



餃子の可能性は無限大♫



これからも、もっともっと研究して

より良い餃子アイテム作りに励みます。




ん。jah











テーマ:

はい咲いなぁー🌸



タイトルの


「生きるよすが」


こんな素敵な日本語があったんだ。


なんか今まで聞いたことがあったような無かったような曖昧な記憶の中で、ちゃんと言葉の意味を理解してなかったかも。


先日の新聞記事中に「生きるよすが」と見かけ、あれ?コレ誤字かなと思って調べてみたら、前後の文章にしっくりきたので納得。



{FF670A17-D4FD-449C-8E50-E461F3B33F7B}





誰にでも「生きるよすが」として、人それぞれに大切なことがありますよね。



日本語って、言葉に意味があって

文章にすることでしか表現できないこともあり、深さを感じます。




さて、ブログテーマの「愉快なスタッフたち」として、



今回はスタッフのYちゃん。


彼女も素晴らしい才能の持ち主で、将来は小説家を目指してます。



かなり本格的に書いているので、ウチでの仕事以外の時間は執筆活動に専念しています。



そんなYちゃんが作品を仕上げる為のモチベーションのひとつとして、締切日をつくり

時々、出来上がった原稿をチェックしたり、編集する役が私に回ってきます。


{0637F9FC-6396-4979-B1CB-FF77DDC1A45D}

{D85EBF27-1FBF-4744-878E-7EEE049EAB2F}

{257F0CF3-A12F-4A6F-92D2-0803B663BB60}



マスターは編集長⁈なんやと^_^;

だから、忙しくても、ちゃんと読みますよー


っうか、何百ページあるねん^_^;





小説の内容は、日常の生活に疑問やトラブルに対応しながら、ゆるやかに展開していくストーリーで、登場人物がウチのスタッフをモチーフしてあったり、地名や地域は地元をイメージしてあり親しみやすい雰囲気の世界観になってます。



いつか一冊の本になり、注目され、話題になり、実写化されるようなれば、ウチの店もスタッフも近くのショッピングモールも映画として登場することになるかも(笑)





って、冗談交じりに話してるけど





Yちゃんは、この小説を書くことに生きるよすがとして執筆活動を頑張っています。



目指せ、芥川賞デビュー!

目指せ、直木賞で売れっ子作家!!



夢は大きいくらいが丁度いい






ん。jah









ただ、「生きるよすが」って言葉を使いたかっただけの話です。(笑) 

なーんてね。^_^









テーマ:

はい咲いなぁ~


「友達と部下には気をつけろ!」

って、なんか意味深なタイトルですが( ̄∇ ̄)w


でも、テーマは「愉快なスタッフたち」

共に働く仲間の少し笑える話です。




ウチの天然アルバイト君

名前は「りょうま」くん。(個人情報上一応、仮称ってことで)


そう、あの坂本龍馬と同じ名前。

きっと、親も期待を託して「りょうま」と付けたと思うんだけど


学業の成績の方はノーコメントとしておいて^_^;


ウチでの仕事内容は、

なかなかの天然で行動や判断が全てスローペースで

「りょうま」ではなく「のろま」くん。

指示や質問に対して、反応が遅いんだな^_^;



そんな、りょうまくんと

たまたま歴史の話になって


きっと、名前なりに幕末の話は多少は学んでいると思い、、、


聞いてみた


「坂本龍馬は、何をした人?」



りょうまくん

かなり長いシンキングタイム ^_^;


そして、答えた言葉は


「死んだ人です!!」


おい、おい"

そりゃ、確かに最後は死んだけど( ̄∇ ̄)w


どんな風でも、歴史上の人は皆んな死んでるでしょ!(笑)



「ああ、暗殺されたんです。」

って、ウチのりょうまくん

意外に、まともな答えを付け足してきた



じゃあ、誰に暗殺されたの?

って聞いたら、



「あぁ、確か土佐の友達に殺されました」

って、

自信満々の表情で答えたりょうまくん^_^;



まぁ、未だ真犯人は不明だから

土佐藩の誰かの可能性もあるけど


土佐の「友達」って何っ?^_^;


まぁ、そもそも質問の答えになってないんですけど( ̄∇ ̄)オィ



すると、りょうまくん

「実は、僕は幕末より戦国の方が詳しいんですよねー」

って、自信満々に言って来た。


既に、この地点で怪しいが


一応、質問してみた


織田信長が死んだのは何処で誰に討たれたの?

って、聞いたら


即答でりょうまくん

「本能寺の辺り」( ̄∇ ̄)w


ほんのうじのあたり

ん~確かに、そうかもしれないが、


きっと彼は

「本能寺の変」を「本能寺の辺」と勘違いしているような^_^;


そして、

彼の究極の答えに最後は爆笑した🤣




⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎


「織田信長を討ったのは同じ会社の部下です」www



ウケを狙ってなのか、ただの天然なのか、

もしかして本当は天才かも。いやバカでしょ


りょうまくんの謎は深まるばかり(笑)


{EDDFD07C-BB47-4E77-8E04-6DB56CF6EE21}


愉快なスタッフたちに恵まれて幸せです^_^;



ん。jah









今日も元気に働く、りょうまくん

ちなみに会社の部下の名前を訪ねてたら

「明智みつひげ」? だって

光秀じゃなくて、光髭…(笑)


おぬし、やるなぁ~







こんなスタッフと一緒に働いてみませんか?

只今、アルバイト募集中です。

同時募集で、フルタイムスタッフも募ってまーす!

ぜひ、ご応募、ご紹介下さいませ♫

{26E04DA2-DC70-4BDE-A1AC-EB8DE0A2AB39}


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス