めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」

めんぼーのマスター!?の晴れ時々「ブログ」

<解説>
お店の最新情報からお得なお知らせ、そしてマスター自身の「熱い思い」をブログに掲載!!
また、Twitter や マイなう では、個人的な「独り言」をつぶやきます?!

はい咲いなぁ〜


「餃子愛について」


今日は熱く語ろうと思います。





その前に、ちょっとしたエピソードを

最近ここ数年間とても大事にしていたモノを失いました。


すごく大切にしていたものです。


壊れてしまったのでもう元には戻りません。


世界に一つしか無い価値のあるモノだったので代わりなどあるわけがありません。


毎日のように欠かさず必要だったモノですから愛着もありました。


とても寂しく思うのですが、振り返ると自分自身が気付かないうちに、それを手に入れた時よりも大切にしていない自分がいたのだと思います。


毎日そこにあって、いつも安心して扱っていたモノだから壊れることなんて考えてもいませんでした。


失ってからしか気付かない事ってあるもので、その重要度の大きさは心の痛みにも比例します。


愛着のあるモノを失うことは、心の一部分が削られることだと実感しました。


そんなエピソードに想いを込めて







はい、さて本題へ


「餃子愛」について


まず、「餃子」と「愛」に分けて考えると、


「餃子」は、小麦粉をこねて薄く伸ばした皮に、ひき肉・野菜等で作った具を包み、蒸す焼く茹でる揚げる手法で調理したもの。



では、「愛」とは、


そのモノの価値を認め、強く引きつけられる気持。


であると辞書には書いてありますが、愛の定義があまりにも広くて確信的な表現は難しいと思います。


では、愛の反対を意味する対義語は何だろう?


調べてみると、無関心、無干渉、憎しみ、険悪、軽蔑と色々な表現があり、こちらも確信的な表現は難しいようです。




「好き」の反対は、「嫌い」です。


これは一択です。



簡単には表現できない「愛」とは奥深い意味を持ってるのでしょう。



では、「餃子愛」とは


私の言う餃子愛は、餃子を作るための創造力であると表現したいと思います。


もうひとつ表現すると、


自分なりの答えが、求めるよりも与えることが「愛」であり、いままで沢山の餃子を作ってきましたが、自分よがりで作った餃子より、誰かの為に誰かを喜ばせる為に作った餃子の方が愛着もあり、完成度も高いです。



そんな単純なことが、実は一番大切な事だと思います。


沢山の創造力を発揮し、沢山の愛を包んだ餃子作りをこれからも続けて行きます。


それが今の自分にできること。



そう、この「愛」を失くさないように。


壊さないように大切に。


枯れないように情熱を注ぎ続けたい。


愛を込めて餃子に包んで行こうと思います。




これは最近、作った餃子です。


餃子は皮の色、カタチにも変化を加えれば可能性は広がります。





⬆︎

(ハート型の餃子は結婚式とかでも需要があるかも)





包み方ひとつ工夫すれば可能性は無限大です。




⬆︎

(肉包み餃子は、牛肉や豚肉以外でもジビエを使ってみることもできる)







まだまだ未公開の餃子を含めて、自身の描く餃子像は奥深いです。




それをどんな風に広げて行くか、それがどんな風に広がって行くのか、一番ワクワクしているのは他の誰でもなく、自分自身であります。




餃子愛とは餃子バカでもあーる。(笑)




ん。jah


















大切な「モノ」を大切な「コト」や大切な「ヒト」に置き換えてると、今までの自分には足りないものばかり。


求めることが多過ぎると壊れてしまうからと知っていながら与えるより多くを求めていた自分がいます。


思い返すと恥ずかしくなります。(苦笑)



必要なのは大切なモノ、コト、ヒトに、どれだけ継続して情熱を注ぎ続けることができるかだと思う。


それが愛することの意味なんだ。って、


「愛」について語るほどロマンチストじゃないし、もうそんな歳じゃない。

正直言うと少し照れ臭いσ(^_^;)


でも誰かに伝えていくことなら恥ずかしいことじゃないかな。って、


たとえ愛のカタチを見失なった時が来ても

あなたが覚えている

その感覚

この想い

あの香りを愛し続けることはできるから


日常にある

この全ての報われない想いに光と愛を


5年前のブログを「振り返り投稿しよう」と案内が送られてきたので、振り返ってブログを読んでみると、なかなか上手に書いてるじゃん。(笑)って、ことで振り返って
今の等身大の自分に出来ることを考えるキッカケになった。


はい咲いなぁー


最近は年中夢休で休む間なく夢中のライフワークを過ごしています。


清太麺房のマスターとして経営をしつつ、岐阜夢餃子製作所の所長として夜な夜な餃子つくりに励み、飛騨高山餃子総本山のオーナーシェフの肩書きのもと餃子職人としてエンターテイナーを演じています。


週に3~4回の本巣↔︎高山の往復を繰り返す日々が当たり前になり、清太麺房でランチ営業し夕方には高山でディナー営業をすることもあります。片道2時間半以上の通勤も慣れれば大丈夫。σ(^_^;)



特に飛騨高山餃子総本山では外国人観光客が連日のように「GYOZA」を求めて行列のできる店にまで成長しました。


自身がオーナーシェフとして、また目の前お客様を楽しませるエンターテイナーとして、英会話の出来ない部分をコミニュケーションツールを使って何とか繋いでいます。


そんな姿がSNSにも拡散さていて、来店されるお客様は初対面でも超フレンドリーに!?(笑)


先日の出来事ですが、とても印象的で素敵な振る舞いの外国人カップルの行動に感動しました。


満席で店内に入れず、順番を待つフランス人カップルと次に順番を待つスペイン人カップル。

30分程お待ちいただいた後、4人掛けのテーブル席が空き、最初に待つフランス人カップルをテーブルに案内すると


フランス人カップルの男性:

「このテーブルは僕たちだけでは広すぎるよ」

フランス人カップルの女性:

「そうね、私たちだけでは申し訳ないわ」


しかし、このテーブル席は4人掛けと言っても大人が座れば二人でも丁度良い大きさのテーブルである。


すると突然、フランス人カップルの男性が次に順番を待つスペイン人カップルに声をかける

「もしよければ、一緒にテーブルを囲まないかい?」


スペイン人カップルの男性:

「そんな君たちの大切な食事の時間を邪魔することはできないよ、次の席が空くまで待つから大丈夫さ」


スペイン人カップルの女性:

「お気持ちは嬉しいわ、ありがとう」


すると、


フランス人カップルの女性:

「偶然にも同じ日に日本に旅行に来て、この高山で奇跡的にも同じレストランで席を待つ事ができた出会いに乾杯しましょうよ」


フランス人カップルの男性:

「そうだよ、こんな偶然も必然だったかもしれないし」


スペイン人カップルの男性:

「そうだね、こんな奇跡的な出会いに同卓しないのは不自然だね。」


スペイン人カップルの女性:

「それじゃあ、遠慮なくご一緒させていただきます。」


もちろん、これは私が感じた会話のイメージですが、フランス語、スペイン語、共通の言語は英語だと思うけど、この一瞬で見ず知らずの他国同士のカップルが仲良くなり、同じテーブルで食事を楽しみながら、素敵な光景が広がりました。


最後は一枚の紙にお互いの国を型取ったメッセージイラストを描いて、お互いのカップル同士サインを交わして幸せを誓い合い、記念撮影する素晴らしくも素敵なシーンになりました。


こんな嬉しいシーンをお客様から自発的に演出してくれる店になれた事に、ただただ感動です。





過ぎ去ってしまえば色褪せてしまう出来事も、ただの一回の食事で終わらせたくなくて、

思い出として少しでも残って欲しくて、


料理人として、ただ料理を提供するだけでなく、

できるだけ楽しい食事時間を提供することを心がけています。



まだまだ足りない部分も沢山ありますが、毎日が勉強と思い頑張ります!


素敵なシーンに感動。

素晴らしい出逢いに感謝。


ありがとう

merci

gracias



ん。jah













シナリオには無い明日を楽しみ

シナリオには無い未来を描いて

目の前の今を全力で。

そんな気持ちを大切にしたい。

はい咲いなぁ♫


三寒四温を繰り返し少しづつ暖かくなってきた春の陽気に誘われて(笑)

久しぶりにブログを更新!?


最近は、本巣の清太麺房と高山の飛騨高山餃子総本山の両店を行き来する回数が増え、本巣で3日間、高山で4日間のワークスケジュールの日々です。


この三月に飛騨高山餃子総本山で、

「求む!アルバイト」

・少し英会話できる方を歓迎

・自身のコミニュケーション能力を向上しませんか?!

・短期間でも大丈夫!!


って的な募集をしたところ、

応募があり、

この三月に春休みで高山に帰省してる女子学生を短期間のアルバイトで採用してみました。



春休み期間だけのバイトだから、あまり細かい事や難しい事を教えても仕事を覚えた頃には辞めて行ってしまうからと、


仕事内容は、「とりあえず、目の前の外国人観光客のお客様に喜んでもらえるように楽しくコミニュケーションをとってくれればいいよ」

と、ひと言を指示しただけ、σ(^_^;)


しかし、このアルバイト学生Aちゃん、素晴らしいコミニュケーション能力を持っていました。(笑)


働く度にレベルアップしていきます。









自ら餃子の被りものを着用したり、各国の挨拶の言葉を覚えてコミニュケーションをとったり…常に笑いの絶えない店内になり、

海外からの外国人観光客にも受けが良かったです。


春休み限定の短期アルバイトでしたが、なかなか愉快で素敵な子に恵まれました。




そんなアルバイトAちゃん、短期間でしたが自身のスキルアップにもなり充実したバイトを経験して、四月からの新学期の準備のため、大学のある三重県に帰って行きました。


次に高山に帰省するゴールデンウィークや夏休みも必ず働きたい!って言ってるので、更なる成長したAちゃんを楽しみに待ってまーす。



バイトの最後の日に、お菓子と手紙をもらいました。



手紙の最後に書いてある「だいすき!!」はご愛嬌でσ(^_^;)あはは


ありがと。



ん。jah













高山の古い町並みを散策して気付くこと…

日本人を探す方が難しいσ(^_^;)

高山あるある。


はい咲いなぁー


先日、地元の中学校で「職業人から学ぶ会」と題して中学一年生の前で教壇に立って話して来ました。



毎年この時期なると依頼があり、毎回同じような話しかできませんが、少しでも生徒たちに伝わるものがあればお役に立ちたいという思いで将来の夢や目標に希望が持てるような話を自分なりに下手なりに語ってきました。


中学生という微妙な年頃の生徒に対してただ一方的に話すのではなく質問を交えながら笑いを入れながら進めていきます。





授業後半では生徒全員の夢が叶った10年後の未来を想定したワークを行い皆んなで盛り上がりました。


通販会社の社長になって宇宙旅行することが夢だったり、通訳になって世界を繋げる人になるとか、学校の先生、ペットショップやトリマーなど動物愛のある生徒もいたり、美容師になって女優さんのヘアメイクしたいなど…沢山の夢に溢れてました。



写真に写るのはクラスの中で一番やんちゃそうだったT君が10年後にゲームクリエイターとなりヒット作品を作ってお金持ちなりご満悦の表情に!(笑)


そして何より嬉しいのが、その授業の後に生徒たちが全員、感想を書いてくれるのです。






この感想文を読み返しながら、もっともっと未来の子供達に夢を与えられる人になりたいと思います。


まだまだ自身も発展途上。未熟な面も多々あります。


料理を作ること。

そこから繋がる、あらゆる可能性を信じて

今の自分にできる最大限のパフォーマンスをして行きます。


ん。jah