ヘポタイヤ!浅井です照れ
いつも有難うございます✨

今日は内容書く前から、まとまらないニオイがぷんぷん漂ってますけど。

しかもまだ竹○堂さんのお姉さんの感激ホスピタリティの事も予告しといて書いてないな。

まとめると…
○汗ダラダラダラダラで来店した私に麦茶サービスと、クーラーの吹き出し口を案内してくれた笑

○単品買いをして両手がふさがった私に、ドンピシャのタイミングでカゴを差し出してくれた

○会計時、購入品の中から賞味期限が古いものを新しい商品と交換してくれた

○お包みしてる間、椅子へかけてお待ちくださいの声がけ。

○待ってる時に電話してた私を見て、「ご用意できましたが、お電話の用事済まされてからで、お渡し致しますね。中も涼しいですから、ゆっくりして行ってくださいね。」の声がけ。

○私ホントに涼んでしまい笑
すみません、歩いてきたもので…おかげで汗ひきましたーなんてって。その後、ホントに暑いですね〜等の世間話の後、びんずるの音響リハーサルの笛がピーヒャラ鳴り響いてた外を見ながら、二人でびんずるの想い出を語り合ったり笑

○丁寧に包んでくれた商品を受け取り、お店を出るまで、柔らかな笑顔と声でお見送りしてくれた。

○ゆったりしているようで、会計やお包みはスピーディ。絶えず素敵な笑顔と耳触りの良いよく通る声。

○お使い物とは別に、自分で食べるおやつを購入笑
もてなしてくれた売り子さんの、びんずるトーク等を思い浮かべつつ頂いた、お一人様栗鹿の子のおいしさたるや、んもう絶品、ほっぺた落っこちフェイス!


その栗鹿の子はね、作り手さんの愛情+お店の彼女の笑顔と手に触れて、さらに愛情たっぷりの栗鹿の子だったんだよ。


モグモグ頂きながら、あ〜、私も見習う!!と心に決めた出来事でした。

フタの裏の栗ペーストをすくって嘗めようか迷いながら、やっぱり嘗めながら、フト、考えました。

つい先日の、セルフ会計の時の彼。対応すべてが「!!!圧」のビックリマークボーイ。

彼もまた、多分きっと、すごく一生懸命に仕事してたんだよね。お客様が!!戸惑っていたら!!このボクが!!助けなきゃあーーー!!!と。笑

おんなじ一生懸命なのに、なぜ違う印象を持ってしまったんだろう??

彼女の目配り、気配り、心配りがごく、「自然体」だったのに対して

彼は、目が笑ってなくて怖かった…何というか、「遊びがない」というか笑

一生懸命は一緒でも、これがセンス…??
うーん、わかんない。

私自身もまだ粗だらけで、ザルのような電話受しかできないもの。

お一人お一人に合わせ、ストレスを感じさせない電話受けになる事は、目下の目標です。

どのようなお仕事も同じと思いますが、一から十まで全部が全部、型にはまるわけがないし

型にはめるんだったら、何も人間がやらなくたっていいとも、思う。

とりあえず、まだ人間がやってるので

やはり常に相手のお気持ちを推し量りながら、最善を尽くす事、を務めとして行けたら。


だからこそ毎日が発見だし、反省だし、勉強だし、経験だし、いりこだし。
(こーいうとこなんだよな私の余計なところ)


だから、例のビックリマーク君も

とにかく一生懸命が伝わってきたってのは

接客員としてはまだ育ち盛り中かもしれないけど

生き方としてはカッコいいよね。

……こんな場で文句言っちゃって、悪かったなぁ笑

ごみん笑


一生懸命は、報われないのか?

本当は違う事をイメージして書き始めたんだけど

もうお腹いっぱいになってしまった笑

またねアデュ〜(゚∀゚)


ガンバリスト!って素敵な呼び名だよねねーラブラブ
漫画の内容は、よくしらないよう。


ゆめはな  浅井