先週金曜日に、

今年度最後のスキルアップ研修、

『心に寄り添うケア』研修を

開催しました。

心理カウンセラーの奥園清香先生を

お招きしての、

弊社恒例の大切な研修です。

‟心に寄り添うケア”をしていく為に

大切で欠かせない、

コミュニケーションの技術を、

毎回ワークを交えて学びます。

 

 

今回は『砂漠で遭難をしたら

必要なものは何か?12個のアイテムに

優先順位をつけましょう』というお題

があり、ゲーム感覚で

グループワークを進めました。

生き残るために、グループ内で

それぞれ出し合ったバラバラな順位を、

話し合って一つにまとめていきました。

 

また、カウンセリング技法のひとつ、

傾聴のトレーニングもしました。

ペアを作り、悩んでいる事を話す・聞く

トレーニングでした。

なぜか舞夢のメンバーは、

悩み事なのに悲壮な感じにはならず、

にこやかに話してしまう場面も

ありました(笑)

 

ワークを通して、

相手の話を聞く際、

こちらの頷き方ひとつで、

相手は話しにくくなったり、

話しやすくなったりすることを、

また、「聴く」ということは、

相手に寄り添うだけでなく、

自分の心と向き合うことでもあると、

実感しました。

 

この研修を通して学んだことを、

ケアにも、自分の生活にも、

活かしてみたいと思います。

 

岡本