私たちのちょっとした行動で未来が変わる〜気候変動ストップ〜 | 全ては流れのままに〜ひたちなかクリスタルボウル奏者 高松稚子〜

全ては流れのままに〜ひたちなかクリスタルボウル奏者 高松稚子〜

「主婦では終わりたくない」そう思っていた私が辿り着いたエネルギーの世界。一生懸命に学んできた中で、ある時ふと気が付いた自分のこと。「今」は全て自分が創り上げた世界であり自分が望み変えられる世界。エネルギーを学んだ一主婦のブログ。

こんにちは。

先月、ドイツに移住した気候変動の活動をされている方が地元に来て下さったのでお話を聞きに行ってきました。



私は、高校生くらいから自然環境についてとても関心があったので、自分なりに意識はしていたのですが。。


現段階で世界的にどんな気候変動が起きているのか?を聞いて驚きの連続でした!



日本では本当に報道されていない。

されてるかもしれないけど、意識がいってないと情報って特に入ってこないんですよね。



日々、疑問に思ったことを調べていたら、結局は

◯ゴミを減らす

◯本当に必要なもの以外買わない

◯ペットボトルを買わない(マイボトル、マイタンブラー持参する)

◯プラスチック製品から土に還る天然素材に変える

◯節電をする

◯車を減らし電車か自転車を増やす

などなど。



そして、資源ゴミとして分別しているものがリサイクルされているパーセンテージが低いこと。

リサイクルには人件費もかかり、汚れたものが混ざっていたり、プラスチックも様々な種類が混合していることなどが、回収した全てのものがリサイクルされない要因だそうで。



辿り着いたのが、

☆使い捨て生活から物を大事にしていく生活に切り替える

☆プラスチック製品を買わない

☆個包装より大袋

☆マイバッグ持参

☆八百屋さんで袋詰めされていない野菜を買う

☆詰め替えできるお店があれば瓶持参で詰め替えしてもらう(日本にはまだまだそんなお店が少ない)

などなど


生活から意識から変えて行く必要性を感じました。




コットン100%もエコなイメージだったけど、

思いのほか、大量生産となると農薬と除草剤を使うという話も聞いてショック。

スポンジの代わりに麻やヘチマがいいと知りました。

麻紐でたわし作ってみました。



そんな意識で買い物に行くと、いやぁ〜プラプラプラプラ、プラスチック天国!

ほぼプラスチックで包まれているんだなぁ〜と。

そして、残念なことにプラスチックはめちゃ便利。



人って一度便利に慣れてしまうとなかなか切り替えも難しいですね。

雨の日に子供の荷物はビニール袋に入れれば中身は濡れないし。

猫のトイレ掃除したらビニール袋は大活躍!



いきなりゼロは難しいから、プラスチックを減らすように心掛けてます。

洗濯ネットを麻布で作ってみました。


容器はプラですが、蜜蝋ラップを作ってなるべくラップを使わない。


薄くなって来た部分を塗えばまだまだ履ける。



衣類のゴミも年間凄い量出てるんですよー!

メーカーによっては、リサイクルの為に引き取ってますが、リサイクルが追い付かず【埋め立てか・燃やすか・倉庫に保管か】ですが、保管しているところはそう多くないと思います。

物が多くて、手軽に買えるから買い替えすぎなんですよね。



そろそろ使い捨て生活をやめていかないと

氣付いた頃には住めない地球になっているかもしれませんね。

そうなる前に、私たちができることは、日常の中で意識して、出来ることをやっていくこと。



もし、我が家が火事になったら何をしますか?

即行動しないと全焼です。

今、まさに地球がその状態です。

もう誰かがやってくれる、では間に合わない。

1人の100歩より100人の1歩がどれだけ威力があるか。



影響力のある人が動くのが一番だけど、

私は市民1人1人が動いたってもの凄い力になると思っています。

出来ることから、無理をせずコツコツと。

どうすれば地球のためになるかを考えてみて下さい。

一番大変な思いをするのは子供たち。

今の状況をつくった大人が、その責任を果たすことが必要だと思います。



30分くらいの動画なので、まだ観たことない方は是非ご覧ください。
↓↓↓