穏やかな時 | YU-MEとChanson(シャンソン)

YU-MEとChanson(シャンソン)

酔いどれ歌うたいのネガティブライフ

たまご屋さんで
オムライスを食べた。
 
 
 
 
 
濃厚な卵を纏ったオムライス。
もちろん美味しかった。
 
 
 
だけど発注してから
ちょっぴり後悔。
 
 
 
だってこのお店
たまご屋さんなのに…
 
 
 
どうして
”たまごかけご飯”
にしなかったんだろ。
 
 
 
きっとそれが
一番美味しかっただろうなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
お腹いっぱいのまま
少しお散歩。
 

 
青梅にある塩舟観音寺
 
 
 
ここはツツジで有名な
歴史あるお寺。
 
 
 
何十年も前に訪れたきりだったから
とっても懐かしかった。
 
 
仁王像、阿形。
 
 
 
ヒノキ材の寄木造りで
鎌倉時代に作られたそう。
 
 
こちらは吽形。
 
 
 
古い木って
それだけで迫力満点。
 
 
大スギ。
 
 
 
根っこが豪快だったんだけど
大き過ぎて写真に収められず…
 
 
 
都内有数の巨木だそう。
 
 
 
確かに立派だった。
 
 
ここへ来るまでの間に
すでにゼェゼェ。
 
 
 
何しろこの間の旅でやっちゃった左膝を
庇いながら歩いてるもので。
 
 
 
だけど清々しい空気を
胸いっぱいに吸い込んでご機嫌。
 
 
本堂。
国指定重要文化財。
 
 
 
あんまり時間がなかったから
中を見学出来なかったけど
 
 
 
拝観料100円で
本堂を拝観出来るみたい。
 
 
 
次回はぜひとも。
 
 
ここがね
5月になると一面ツツジが咲いて
本当に綺麗なの。
 
 
こんな感じに。
 
 
 
昔よりも有名になっちゃったから
すんごい混むんだろうけど…
 
 
 
今年は見に来てみようかな。
 
 
丘の上に立つ
塩舟平和観音立像。
 
 
 
ここで手を合わせたら
不思議なことがあった。
 
 
 
どこからともなく
めちゃくちゃ甘い香りが
私の周りに立ち込めたのだ。
 
 
 
慌てて辺りを見回すけれど
お花とかお香とか
とにかく匂いのあるようなものは
何にも無かった。
 
 
 
シャンプーの匂いかと思って
自分の髪を嗅いでみたけど
その匂いでもなかった。
 
 
 
あれが何だったのか
今も分からないまま。
 
 
 
でもね
すごくいい香りだったんだ。
 
 
帰り道には
蝋梅が可愛く咲いていた。
 
 
 
お花ってなんて
いじらしいんだろう。
 
 
すれ違った参拝客の方が
美味しいと言っていたのを盗み聞き。
 
 
 
早速、買って帰った。
 
 
 
うんうん
確かに美味しかった。
 
 
 
素朴な味わいだから
飽きが来ないやつ。
 
 
 
塩舟観音寺は近場だったけど
なかなか楽しかったから
ぜひともまた行ってみよう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり精神の安定には

たっぷりの睡眠と適度な運動

これがいい。

 

 

 

思えば鬱の時は

ずっと寝不足だった。

 

 

 

寝ることが怖くて

それなのに朝が来るのが怖くて

 

 

 

そうして朝日を見ては

果てしない罪悪感に襲われていた。

 

 

 

精神が疲れている人は

1日7時間以上の睡眠と

週に2時間以上の運動がいいそうだ。

 

 

 

7時間の睡眠を確保するのは

意外と難しいけれど

せめて6時間は…と心掛けている。

 

 

 

心が病んでしまったら

歌えなくなってしまうもの。

 

 

 

鬱々としているけれど

病んではいない…

この状態が歌うにはベスト。

 

 

 

いい仕事をするには

まずそれに合った精神造りから。

 

 

 

心掛けというは

どこからでも始められるもの。

 

 

 

 

 

 

 

YU-ME