好きな○○ | くまの足あと

くまの足あと

世界もずいぶんと狭くなったようで・・・。
うかつにドジってると、世界の物笑いになりかねないご時世のようで。


テーマ:

 

仕事で相手先に出向いた時など特に、大概当たり障りのない時候の挨拶などから始めるものでしょうね。

 

単刀直入にというか、いきなり用件を切り出すなんてことは普通はしないかも知れません。

 

どこのテレビ局でもプロ野球中継をしてた頃は、雑談代わりに野球の話をしてたように思います。

 

猫も杓子もゴルフと言った時代には、(コースに出たこともないのに)ゴルフ談義をしてた記憶が・・・。

 

さりげなく出身校を訊いてくる人もいましたねえ。

大きい会社に行きますと「学閥」なんてのが結構ありますからねえ。

 

[ 語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな ] 芭蕉  湯殿山にて

 

といった学歴のアタクシは話題をはぐらかしてましたけど。

 

名刺に書かれた職制と資格で、大抵納得してくれて打ち合わせに入れましたけど、6大学様ほど出身ガッコに拘りがあった様に感じました。

 

京大出身者は割とそういうことには無頓着で、一緒に仕事してて楽しかったように思います。(個人的な感想です)

 

 

初対面の場合は、お互い腹の探り合いから始まりますからね。

「どんな歌手が好きですか?」と先方さん。

 

島津亜矢という演歌歌手がお好きという先方さん。

コンサートに行って来たそうです。

 

どうせ大した意味も無い話題なので、普通は相手に合わせて「坂本冬美」とか答えるんですが、ちょっと打ち合わせ事項の事が頭にあったのでトンデモな答えをしてしまいました。

 

言っちゃってから、しまったと思った「メイリア」。

すかさず、「ん?、誰??」とのツッコミ。

 

 

「村田英雄でも聞いてろ!」という雰囲気になった先方氏。

「ふ~けば とぶよ~なぁ」・・・ですか。

 

いやいや、そちら様より10コ位くらい下なんですから、せめて川中美幸くらいにしておいて欲しい。

 

好きな歌手が誰なんて、別にいいじゃんねえ。

坂本冬美だろうが、坂本冬やすみだろうが・・・。

 

好きなタレントは?って聴かれたら、迷わず「さしこ」って答えちゃうよ。

 

 

高橋真梨子さんは好きな歌手の1人。

変わらぬ歌い方がいいし、相変わらずの歌唱力。

 

長く歌手やってる人の歌は、発売当初の歌い方とは随分変わってきてるので、あまり聴きたいとは思わない。

 

TVで懐メロなんてやってても、ガッカリする事の方が多い。

洋服でいうと、着古してズタボロになってしまった感じがする。

 

その点、高橋真梨子さんはペドロ&カプリシャス時代からほとんど変わらない歌い方。

 

ただ、「別れの朝」だけは前野曜子で聴きたい。

 

 

くまさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス