虫歯のでき方をご存知ですか? | ゆうま先生のデンタルブログ

虫歯のでき方をご存知ですか?

 

皆さんは、虫歯をよく観察したことがありますか?

たいては穴があいており、穴の部分は黒く柔らかくなっているところもあります。

いかにも「虫が食っている」という感じで、放っておくと、だんだん進んでいき、痛みだすというやっかいな病気です。

 

実際、虫歯は細菌によって引き起こされることがわかっています。

ミュータンス菌は、虫歯菌の代表的なものですが、その他にも虫歯の中には様々な細菌が住みついており、歯を壊しながら奥の奥へと侵入していきます。

 

歯の中には歯髄という組織(神経といわれています)があり、細菌がそこに近づくと痛みが出てきます。

はじめは冷たいものが少し「しみる」程度ですが、感染が進み、細菌が歯髄に近づくにつれ、痛みも激しくなり、最後には夜も寝られないほどの激痛となります。

 

痛みは本来、「身体に何か害が与えられていますよ」という警告で、体を危害から守るためには必須のものですが、歯の激しい痛みは勘弁してほしいと思われる方も多いと思います。

そのためにも毎日の歯磨きはがんばってくださいね。