ゆうま先生のデンタルブログ
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

えっ?口はお尻より汚い?・・・

 

皆様、こんにちは。

ゆうまデンタルクリニックです。

 

いつもたくさんの方にご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、ちょっと難しい言葉が出てきますが、

興味津々なお話ですよ。

最後まで頑張って読んでみて下さい。

 

人間の体は1本の管のようなものだという考え方があります。

その管とは口と肛門を介して外界へと繋がっています。

「入り口であるお口は、出口であるお尻よりも汚い」といったら何を言ってるんだと

思われるかもしれませんが、事実です!

 

人の体は皮膚という防護壁で守られています。

その次の防護壁は口・鼻・気管支・胃・腸などにある粘膜です。

粘膜は、粘液や非常に細かい毛で覆われていて、体を様々な細菌の進入から防いでいます。

口も内部は粘膜に覆われていますが、むき出しのまま多くの細菌と接触しています。

 

ここが体の中に収められている他の臓器と大きく違うところです。

 

口から体の中に入った細菌は胃酸によってその多くが死滅し、さらに腸管には独自の乳酸菌が動いて体に害になるようなものはやっつけてしまうので、お尻から便となって出てくる細菌の種類はごくわずかです。

こんな状態の口の中に虫歯ができたらそこはむき出しの傷口と同じです。

さまざまな悪い細菌がその傷口から入ってきます。たかが虫歯と侮ってはいられませんよ。

さぁ、丁寧に歯磨きしましょうね。

 

 

 

 

 

スポーツによるけがを予防するマウスガード

 

皆様、こんにちは。

ゆうまデンタルクリニックです。

 

いつもたくさんの方にご覧いただき、ありがとうございます。

今日は 「 マウスガード 」 についてのお話です。

 

 

 

マウスガードの装着が義務付けられているスポーツをご存じですか?

ボクシング、キックボクシング、空手、アメリカンフットボール、

ラグビー、アイスホッケー、女子ラクロスなど歯を守る為の装備です。

 

マウスガードを用いることで、以下のような利点が得られます。

1.直接的外力から歯、特に前歯を保護する。

2.口唇、舌、口の粘膜に対する歯によるケガを防止する。

3.衝撃力からあごの関節を保護する。

4.顎の関節を介しての脳震盪や脳へのダメージを防止する。

5.頸部のケガ軽減する。

 

マウスガード装着を義務づけているスポーツもありますが、

スポーツをする際のマウスガードの装着率(普及率)は、まだまだ低いようです。

また、市販のマウスガードは、適合性や形態が不良で、使用感がよくありません。

歯科医師が製作するカスタムメイドの使用が望ましいと考えられています。

お気軽にご相談くださいね。

 

虫歯の遺伝はあるの?

 

皆様、こんにちは。

ゆうまデンタルクリニックです。

 

いつもたくさんの方にご覧いただき、ありがとうございます。

今日は「虫歯の遺伝はあるのか」という内容です。

 

骨格や歯の大きさ、歯並びや溝の深さなどは遺伝による影響を受けていると考えられますが、
 

虫歯そのものは、遺伝よりも生活習慣が影響します。

 

虫歯になってしまう可能性が高いということです。
 

母親が甘いものをしょっちゅう食べていたり、歯磨き回数が少なかったりすると、

 

危険度が大きくなります。食生活や生活習慣の改善を考えるほうがいいでしょう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>