競馬徒然日記~ヤマザキ的思考回路~

競馬専門紙・優馬のトラックマン山崎が、競馬の事を中心に気ままに書いていくブログです。
少しでも競馬に興味を持ってもらえれば幸いです。


テーマ:
★東京11R 根岸S(GⅢ)
 
◎ ⑬エイシンバッケン
○ ③カフジテイク
▲ ⑤ベストウォーリア
注 ⑭キングズガード
△ ⑦モンドクラッセ
△ ④ニシケンモノノフ
△ ⑮ベストマッチョ
 
 ◎エイシンバッケンは、5走前に後にGⅠスプリンターズSを制するレッドファルクスとタイム差なしの②着。4走前には現在1番人気のカフジテイクと0.2秒差③着。しかも、どちらも掛かって頭を上げたり口を割ったりしていただけに、レッドやカフジと同等かそれ以上に評価をすることができます。その後、夏にしっかり充電して秋に復帰。1600万→オープンと連勝。前走のファイナルSは②着でしたが、折り合い重視で後方からの競馬。しかも少し掛かる面を見せていましたが、馬群を捌いて伸びてきた末脚は見所十分で、ここにきての地力強化が顕著。とにかく折り合いが最大のポイントだけに、コーリンベリーやノボバカラを筆頭に先行馬が揃ったことは好材料ですし、癖を知る岩田騎手に戻るのも大歓迎。重賞初挑戦ですが、十分勝負になるとみています。
 ○カフジテイクも充実一途。超高速決着だった2走前の武蔵野Sで③着し、前走のGⅠチャンピオンズカップでも、一線級相手にあの直線の末脚は高く評価できます。元々は1400㍍がベスト距離。展開も向きそうですし、当然上位候補。ただ、2枠3番が仇となり包まれるかも、ということは少し考えておきたいところです。
 ▲ベストウォーリアは近10戦で馬券圏内を外したのは1回のみ。それが昨年のGⅠフェブラリーS④着ですから、GⅢレベルなら実績は断然上位。58㌔は背負い慣れている斤量ですし、東京実績も十分。好位で立ち回れる強みもあります。
 注キングズガードは前走の武蔵野S、前々走のグリーンチャンネルCでカフジテイクと0.2秒差。1400㍍はベスト距離ですし、いつも坂路中心でしたが、この中間はいわゆるコース追い。栗東CWでしっかりやられている効果があれば、逆転も可能。
 △モンドクラッセはGⅠチャンピオンズカップでは一旦は突き放し見せ場十分の内容。同型が多い点はネックですが、気分良く運べれば渋太いタイプ。最終追い切りでは迫力のある動きで状態は良さそうですし、1400㍍に距離短縮がいい方にでる可能性もあると思います。
 
 
★京都11R シルクロードS(GⅢ)
 
◎ ⑤ソルヴェイグ
○ ⑫ブランボヌール
▲ ⑩ネロ
注 ⑦ダンスディレクター
△ ⑧ダイシンサンダー
△ ⑪セイウンコウセイ
△ ⑨セカンドテーブル
 
 ◎ソルヴェイグは函館SSをレコード勝ち。続くキーンランドCは出遅れが応え④着でしたが、前走のGⅠスプリンターズSは前にいたミッキーアイルが壁になり脚を余しながらも③着。改めてスプリント能力の高さを示しました。休み明けになりますが、栗東坂路でしっかり乗り込まれ、最終追い切りではラスト①F11秒8と動きは上々。京都実績がありますし、ソツなく運べる4枠5番も好材料とみます。
 ○ブランボヌールは1200㍍は[3001]。着外1回は前走のスプリンターズS⑪着ですが、出遅れに加えて直線でも前が開かず、まともに追えませんでした。スプリント能力は高いですし、休み明けになりますが鉄砲実戦も十分。巻き返しに注意の存在です。
 ▲ネロはテンが速く、おそらくハナを切ると思います。多少ハイペースでも渋太いタイプですし、今週からBコース替りで前が残りやすい馬場も歓迎。攻め駆けするとはいえ、相変わらず栗東坂路の動きも抜群です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。