太うどん。

テーマ:
なんかめちゃくちゃ久しぶりに書くなあ…

この前から、定期テストに定期演奏会に相当忙しくて書く気になりませんでした。

授業中も爆眠だったし。

まあよい。(おい)

さてここ最近は忙しくて、小魚水槽のえさやりも億劫やった。

さて、見せられないのは残念だが、俺の水槽はウィローモスがウザいほど育つ。

何もせんでもはいて捨てるほどあるウィローモスの中には小魚が泳いでいるというお手のかからない水槽・・・

・・・

・・・

・・・

なんじゃこりゃーーーーー!!!!(竹中直人風に)

細長いウィローモスになんか青っぽい苔がついとるー!!

ってゆうかモスほぼ全部についてるジャン!

ああ、マツモにも、スプライトにも…

調べたらラン藻というモンでした。

>>>悪臭を放つ上、繁殖力が強い苔。

>>>水槽内が汚れると発生しやすい。(!!)

でもまあ、これは苔。苔取りヤマトヌマエビくんが食ってくれるであろう・・・

おもっきし素通りしてるーー!!

さて、これを見た悪友Aは、

「うどんみてぇだなこれ…」

・・・

これから待ち受ける苔との戦いを思うと突っ込む気になれなかった。

カイヤンはまだ飼えないなあ…

よくよく考えてみたら

テーマ:
今日は部活がなかったではやく帰ってこれた。

帰り際に熱帯魚屋の窓を確認…

よしよし、カイヤン今日も元気だな。相変わらず泳ぎまくっている・…

「>>>かなり泳ぎますので、120cmでも(!!)将来狭くなると思います。」

・・・

さてさて家に帰ってまずは昔からある水槽を確認。(写真ってどうやってのせるんだろう…)

みんな元気だな。よしよし。

ん・・・

そういやこのポンプって…

そうなのだ!今動いてるこのポンプ、実はあるとおもっていたもう一個の水槽のやつだ…

もともと、家には二つポンプがあって前までつかってた一個壊れたからこっちを使ってたんだ…

と・い・う・こ・と・は☆

急ぎ倉庫を確かめてみるや・・・・

そう、よく見たらあるとおもっていた器具が 水 槽 し か な い ≡☆

足りないものリスト★

①カイヤン(500円)

②ライト(3000円)

③ヒーター(2000円)

④水槽のふた(300円)

⑤ポンプ(2000円)

⑥フィルター(1000円)

⑦ろ材(700円)

以上合計 1 5 8 0 0 円(!!)

meのこずかい 5000円

・・・

さて、今日の宿題は・…(現実逃避をしない。)

ちなみに、

①カイヤン(ナマズ、かわいい)

②ライト(水槽用。魚を照らす。)

③ヒーター(水をあっためる。カイヤンは熱帯魚なので。)

④水槽のふた(水蒸発防止)

⑤ポンプ(水をまわして濾過します。)

⑥フィルター(濾過に必要)

⑦ろ材(上に同じ)

カイヤンについて。

テーマ:
さて、カイヤンに一目ぼれしてしまった俺はカイヤンについて調べてみた。 

  結果。 

☆ な に も わ か ら な い ☆

「なぜじゃーーーーーーーーーー!!」 

カイヤンというのは大体どの本にも載っているが本当に 名 前 だ け である。 

わかった事を整理しますと、 

 

①体長は60(!!)cm。

②寿命は約10年!(ほんまか?)

③遊泳力あり。(泳ぎまくるらしい) 

④臆病。 

 

以上。 

なーんだ。これだけなら・・・と本読んでいると、どこにも餌が書かれていない!! 

このかわいらしいナマズは何を食うかまったくわからなかった… 

仕方ないのでインターネットで検索。 

まあ、こんだけかわいらしいのでページはたくさんあるに違いない・・・ 

さて、KAIYANっと・・・ 

検索!! 

・・・ 

なにーーー!!たったの500件?! 

カイヤンって人気ないのか・…? 

しょうがなく亡掲示板に書きこむ・・・ 

翌朝、こんなコメントがついていた。 

>>>かなり泳ぎますので、120cmでも(!!)将来狭くなると思います。またガラス水槽ですと大きな個体では突進力故に非常に危険です。 

・・・ 

ガンバリマス・・・

一目あったその日から…

テーマ:
それはいつも通りの一日だった。

部活して、家で勉強をして…そのまま終わるはずだった。

ふとわが水槽を見ると水草が枯れている。

ふっと自転車に飛び乗り近所の熱帯魚屋さんへ・・・。

水草を物色し、小魚を見ていた。会計を済ませ帰ろうとした時、ある水槽にそれはいた。

その名もカイヤン。

シャープな体。シロのライン。

そしてそのいたいけな目。

一目見たその瞬間に俺の心は叫んだ。

「キターーーーーー(゜∨゜)ーーーーーーーーッ!!」

即刻、店員さんにそのナマズについて聞いてみた。

こんな小さなナマズだし、きっと飼えるに違いない。高をくくってたずねると、

「ああ、そいつ、60(!!)cmくらいになるけど・・・・水槽ある?」

「・・・・・」

「まあ、小さいうちならまだ60cm水槽でもいいけど・・・」

「なら、飼います!!!」

「ああ、でもそれ(小魚)との混浴は無理やけど。」

「!」

「あと10年ぐらい生きるらしーし、」

「!!」

「世話はまあ簡単だけど・・・どうする?」

一目あったその日から俺は誓った。

「カイヤン飼いたい!!」

もはや誓いでもない。(笑)