1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-05

カズオ・イシグロ

テーマ:* 本 *

ノーベル文学賞受賞なさったそうで。
おめでとうございます。
この1作しか読んだことありませんが、とても重いテーマで胸が痛くなりました。
大好きな綾瀬はるか主演でドラマ化されたので、予習の意味で読みました。

他はどんな作品があるのでしょう・・
他の作品を読めば受賞の意味がわかるかな?(^-^;
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-13

本に呼ばれる

テーマ:* 本 *
投稿写真

本に呼ばれる


3~4年前かな?
私は近野敏の特殊防諜班のシリーズを読んで、ある事を知り気付かされた。
その後、スタジオジブリのかぐやひめを観て、もののけ姫を観て、上橋菜穂子の作品を読み直して、1作読んでなかったな、と取り寄せて、(画像中)この作品は続けて4回読んで・・
法事で東京に戻った時に自分の本棚見たら積ん読で既にあった(^-^;
前回買った時は“時期”じゃなかったのね。

それから確信を持った私は上画像の本を取り寄せて、風の王国読了、もう一冊を読んでる最中です。
知りたい。
こんなに陰ながら本の中に紛れ込んでる史実を知りたい。
知った事は私の中から消せない。
究極、あの世に持って行けるかもしれない唯一のもの。

少し違うかもしれないが、深夜放送している『陸・海・空』を録画して興味深く観ている。
特に部族アースがすごい!
ナスDが言うように商業部族は悲しいものがある。
先日放映された“借りぐらしのアリエッティ”でも『この世には沢山の美しい種族が滅んできた』って言う台詞があった。
子供の頃“床下の小人たち”のシリーズは全部読んだ。内容がちと違うのは仕方ないね。いぬいとみこの“木かげいえの小人たち”も読んでる。
おままごとのコップに毎日ミルクを入れて本棚に置いていたっけ。

日本にも縄文時代から閉鎖的に暮らす中で脈々と生き続けてきた人達が昭和40年代前半迄はいたらしい。
この世の中、あちらをたてればこちらがたたずって事はよくある話。
あちらにもこちらにも言い分はあるのだろうが、少数派が弱いのは世の常。
だからせめて私は知っていたい。
私の中からは消せないでいられるから。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-17

鹿の王 上下巻読了

テーマ:* 本 *
投稿写真

鹿の王 上下巻読了


こちら2015年本屋大賞受賞作で、正直積ん読でした。
守り人シリーズ2回目読み終えて読み始めたら、まさに時期だったんですね・・
はまりました!

この作品は上橋氏の両親や自身の更年期障害等で人の躰に目を向けた時に出来た作品だそうで、人の躰を国と例える辺り、唸りました。
なるほどぉ・・・
こちら児童文学の域を完全に超越しています。
しかも固有名詞が滅茶苦茶難しい!
国により漢字表記だったり片仮名表記だったり、黒狼病はミツツァル、火馬の民はアフアル・オム、飛鹿はピユイカ、一事が万事こんな調子です。
火馬や飛鹿自体が架空の動物、それに対してのルビはないから本来何と読むかもわからないので片仮名の上橋ワールドの呼び名を覚えなくては進まない・・
それが面白すぎて!
氏は3年を費やして書いたそうですが、架空の時代の架空の世界の医学とは言え、現代の人が読む訳ですから、その辺りの取材はかなり綿密に行ったようです。

1月の下旬からすずが病気になり、完治ではないけれど治療を続ければ落ち着いている現状、色々と考えたこの時期にこの本を読んだのはまさに邂逅(?)
多いんだよね、こう言う事・・

読み終えて積ん読4~50あるのに他の作品に手が伸びない・・
結局、守り人シリーズの天と地の守り人3回目、読み始めました(^-^;

こんな本の読み方は初めて!
子供が何度も何度もディズニー作品を見続ける状態に私、今、陥っています!
鹿の王もまた読むと思うな・・

#鹿の王 #守り人


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-12

夢の守り人 読了2回目

テーマ:* 本 *
投稿写真

夢の守り人 読了2回目


バルサを陰で支えるタンダとその師匠のトルガイが主人公になる物語です。

夢・・

そういや、軽井沢に来てから、あんなに見ていた夢を殆ど見なくなってしまったのはどうしてだろう・・?

この物語に書かれている“夢”は若干思っている事と違います。

それと文中に出てくる『夢は何度となく生まれ変わった魂の記憶』と云う部分。
何かわかるなぁ・・と思う位、現実的な夢を昔はよく見て、夢日記をつけて自己分析したいと思った位。

そんな夢をここ何年も見なくなって残念です。
理由は何となくわかってはいるのですがね・・

#夢 #守り人 #物語


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-01

虚空の旅人読了2回目

テーマ:* 本 *
投稿写真

虚空の旅人読了2回目


チャグム皇太子が皇太子になって初めての公務がサンガル国の国王のお披露目式でした。
サンガル国は沢山の島を束ねた国。
生き神とされる新ヨゴ国に比べると、サンガル国は元々海賊のトップが国王となった人間臭さのある国。
お国柄に違いがあり過ぎです。
しかもサンガルには船の上で生まれて一生を船の上で暮らし、死ぬ時も船の上と云うラッシャローと言われる人達もいます。
ラッシャロー、惹かれます!
守り人シリーズの舞台はとても興味深い。
皇太子としての初の公務、チャグム、やってくれます。
しっかりとサンガルの中枢にチャグム、お飾りの皇太子ではないと印象づけます。
この時にチャグムの行動が蒔いた種が後の蒼路の旅人でしっかりと役立ちます。

実は最後の1冊の夢の守り人も読み終わってしまい、3回目読むかなぁ~とマジに思っています。
10年以上前にはまって今またはまっています。
面白い・・・

#チャグム #皇太子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。