夏の思い出 | 軽井沢でタロットカード鑑定;美穂の時つむぎ
2018-08-16

夏の思い出

テーマ:クチコミ・ブログネタ

小さな頃の夏の思い出は軽井沢に尽きます


軽井沢に着いた事を

近所の元看護婦さんの実家迄

弟と二人で

背丈以上に延びてる桑の木が生える真っ暗な中

懐中電灯一つで行かされるのが

本当に嫌だった!


近くの釜の淵で川に入ったら

ヒルに血を吸われた


弟と『この道まっすぐ』遊び

まっすぐ歩いたら信濃追分駅についた

帰りに草原で小さな赤いネズミを

捕まえて連れて帰ったら

お手伝いさんにしこたま怒られ

家から離れた所に離していらっしゃい!

泣きながらさよならした


雨の日は庭に向かって

クラッカー(音の鳴る花火の一種)を

投げ続けた



脛を擦り剥き

1回も塗ったことない

憧れの赤チンを塗ったら

塗った場所に水ぶくれが沢山出来て

大変なめにあった!


浅間山に落ちる雷を弟といつまでも

飽きることなく眺め続けた


小川で謎の葉を揉むと

水にまっ青な液が滲んだ


糸トンボを捕ろうとして

弟が田んぼに落ちた


私が今、寝室にしている8畳間に

5~60匹のトンボを放して遊んだ


パパが来た時に蝶の採集に行って

道の真ん中に車を止めて

蝶を追いかけて暫く帰って来なかった


パパが散歩中に

沢山の食べられる草を教えてくれ

採取して実食した


中でもベリー類を採取して

ジャムやゼリー、ジュースを

作ってくれたのが嬉しかった


小指の爪よりも

小さなセミがいた


白根山のお釜の色が

ホントに美しい

エメラルドグリーンだった


この辺で終わりにしよ



風鈴懐かしい夏の思い出を教えて!爆  笑

みんなの回答を見る右矢印
キャンペーン詳細右矢印

みほさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス