yull. Jewelry and Life

yull.のブログ


テーマ:

ただ今3D CAD(Rhinoceros)を勉強中

 

yull.のジュエリーでもCADを使って作られたシリーズが少しずつ増えております。

今までは人にお願いしてデータを作ってもらっていましたが、自分でも出来るようにならなくては!

そして、学校のデザインの授業でもCADをもっと気軽に取り入れられるようにしたい。

 

職場でCADの先生に教わりながら、なんとか宝石が作れるようになりました!

 

 

 

仕事の合間にこつこつと、年度末までにマスター出来るように頑張ります!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、教え子ちゃんたちのジュエリー3人展に行ってきました。

 

この展覧会、今ジュエリーを勉強中の3人が自主的に発表しているものです。

ヒコ・みづのジュエリーカレッジのファッションアートアクセサリー専攻でコンテンポラリージュエリーを学び、今年はさらにもう1年研究院コースという、大学でいうと大学院的ポジションのコースで学んでいる3人。

 

展覧会のタイトルは「いってん」

 

いってん【一転】

1.一回転。ひとまわり。

2.がらりと変わること。変えること。

例文

「ジュエリーへの価値観がーーする展示だ。」

 

という、3人がジュエリーへの意識を一転させるきっかけとなった作品が展示されています。

 

 

 

 

ギャラリーの入口はこんな感じ。

出品者のAちゃんがお出迎え!

 

中に入ると…

 

 

バーン!

様々な素材を使ったジュエリーたちが!

 

3人の作品紹介

 

Aちゃんの作品:木と向き合った作品を発表

木に水分を染み込ませて柔らかくしてからひたすら叩いてなんと繊維が毛のように!

 

 

 

なんと木に櫛が入ってしまう!

 

Kちゃんの作品:絵の具と向き合った作品を発表

大きな板に絵の具を塗り、半乾きになったら削り取っていき寄せ集まった形。

少々見えづらいですが手前の作品です。

 

 

 

狙わないデザイン!

 

H君の作品:プラスチックと向き合った作品

カラーのプラスチックの板を何枚も重ねてくっつけて削りだす。

 

 

 

重ねたことで生まれる様々な色、そして削りだすことで生まれる独特な質感。

 

もとの素材が分からなくなるくらい素材と向き合い、対話して生まれた作品たち。

それぞれの個性があるけど統一感のあるとってもステキカッコイイ展覧会でした!

 

3人の作者たち

http://h-stew.comより拝借)

 

良い笑顔!!

 

これからももっともっと自分らしい作品を作って行って欲しいです。

応援してるよ!

 

こちらの展覧会は9/10(日)まで開催中

みなさんのジュエリー観が一転する展示会です!

是非行ってみて下さい。

 

 

開催場所:Pamina / パミーナ

開催期間:

9月5日から10日まで

12:00〜19:00(最終日のみ17時まで)

住所
東京都渋谷区神宮前4丁目13-1
表参道駅a-2出口より徒歩3分

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『Carton / カルトン』というブランドはご存知ですか?

 

Cartonとは、「不要なものから大切なものへ」をコンセプトに路上や店先で放置されている段ボールからお財布を生み出しているブランドです。

 

ただ今、学校のギャラリーHOLE IN THE WALLでCartonのアーカイブ展を開催中。

段ボールで作られたお財布やパスケースなども販売されているのですが、かなり素敵なのです!

クオリティー高い!

 

そこで、先日行われたワークショップに参加してきました。

 

ワークショップでは、ペンケース・コインケース・折財布から好きなものを選んで作る事が出来ます。

私はペンケースを作ることにしました。

 

デザイナーの島津さんが丁寧に教えてくれます。

 

 

段ボールを選んで、まずはトリミングから。

トリミング次第で完成のデザインが変わってくるので悩ましい〜

完成イメージをしっかり考えて…

 

 

どの図柄をどこにいれようかな〜

 

場所が決まったら次に段ボールを薄く加工してカット。

段ボールの裏側の紙をはがして薄くします。

 

 

学生のSチャンも一生懸命制作中〜。

 

 

カット完了!完成したらどんなデザインになるのかドキドキ!

 

 

これが裏面を一枚剥がしたもの。なみなみが見えてます。

マチ部分を折り畳んでいき…

 

 

完成!

途中だいぶ端折りましたが…

 

中はこんな感じ

 

 

ステキ!

 

途中ギャラリートークも。

 

 

ギャラリートークでは、お財布を作り始めた頃からこれまでのアーカイブ作品の解説や世界の段ボールについての魅力を中心にお話していただきました。

やっぱり日本の段ボールのクオリティーは相当高いらしい。

強度・印刷などなど。

 

 

こちら、段ボール財布の歴史です。

強度を持たせたり、形をブラッシュアップしていったり改良をたくさん重ねていった作品たち。

一番手前が初代です。

継続するってすごい。

 

 

使用変化の見本も展示してあります。

とっても丈夫です!

 

「不要なものから大切なものへ」

モノを生み出すってやっぱり素敵なこと。

なんかいろいろと心が満たされるワークショップでした。

 

みんなの作品大集合

 

 

段ボールってこんなにきれいなデザインが入っていたんだな〜。

 

それからというもの、ついつい段ボールをグラフィック的な視点で見てしまう。

可愛くて、格好良くて、何か作りたくなって捨てられなくなってしまう。

 

楽しかった!

 

 

こちらのワークショップは9/7(木)にも開催されます。

HOLE IN THE WALLのサイトから申し込み出来ますよ。

とってもおすすめです!

また、展示販売会も9/9(土)まで開催中です。

是非お越し下さい!

 

詳しくはこちら→

Carton hp →

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とてもとてもお久しぶりのブログです。

新年のご挨拶ぶりでもう9月になってしまいました…

 

9月からはブログ復活して行きたいと思いますので、またのぞいていただけるとうれしいです。

 

さて、2017年も学校のお仕事など日々一生懸命こなしております。

そのうちの一つ、学校のイベントのトピックのご紹介。

 

もう数ヶ月前に遡りますが、高校でワークショップを行ってきました。

私はジュエリーの専門学校で講師をしているので、学内での体験入学は何度も行っていますが、高校に出向いての体験実習は初!!ドキドキです。

 

今回担当するワークショップのメニューは「コサージュ」

コサージュって一歩間違うと渋くなってしまうので、高校生がときめくコサージュってどんなのがいいのかな〜と試行錯誤しながらサンプル制作にはげみます。

 

パターン1:可憐なお花タイプ

 

とか

 

パターン2:リボンと石のキラキラタイプ

 

とか。

 

検討の結果パターン2に決定!

 

 

いざ、茨城県取手市にある取手松陽高校へ

 

松陽高校は実は私が大学院生の時に1年間非常勤講師としてお世話になった思い入れのある学校です。仲良しのSちゃんも働いている学校です。

 

美術科の1年生対象に制作してきました。

なんと男子も5名くらい希望してくれました!

 

 

板書

懐かしの黒板。チョークで文字書くって難しい…

 

 

制作風景の写真は撮れなかったのですが、みんな楽しそうに作ってくれました。

お裁縫のような内容でしたが、意外な事に男子が上手い!

 

1時間半という短い時間で頑張りました。

 

みんなのコサージュ完成〜

 

 

リボンとビーズは好みのものを選んでオリジナリティーが出せるような内容にしました。

そのかいあって、なんとも個性豊かなコサージュに。

 

いくつかピックアップ

 

 

ピンクやレースのリボンがキュートなコサージュや

 

 

黒やブルーグレーのリボンやビーズのシックなコサージュ

 

 

こちらの2つは男子作!

 

意外にラブリーですね。左の子のデザインは天の川をイメージしたそう。

お母さんにプレゼントするそうです。泣ける!!

 

 

こうしてワークショップは無事終了。

高校で教えるなんて教育実習以来でとっても新鮮なお仕事が出来て貴重な体験でした。

 

皆さんお疲れさまでした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)