更好棚でやった貴人点前は、できたポイントとできなかったポイントがありましたが、全体的にあっさりと終了!!
 
以下、できた点、できなかった点を振り返ってみます。

お茶を客付に出す時は、左手を点前にずらす→自然にやれば左手をずらすしかないのに、左手を横にしたまま出したので、蓋との間が狭く無理な姿勢になっていました。

お茶を出したら、左右左と下がって控える⇒何度も迷っていた点でしたが、迷った分だけ身についていました。

☆仕覆を取るのは左手で⇒つい右手で取りかけてしまいました。

茶碗が返ったら右左右で前に出て、茶碗を引き、定座に戻る⇒この脚の運びも迷った分だけ身につきました!

拝見の棗を出したら、仕覆を右手で取り、形を崩さず左手に乗せて棚正面に向く⇒仕覆に乗せて茶杓を出す姿はイメージしていましたが、ここで一旦腰に付けようとしかけ、ハッと気がついてやり直し。貴人ですからね。

★茶杓を右手で取り、仕覆に乗せて左親指で抑え、定座に回り、仕覆に乗せたまま拝見に出す⇒ここは不思議と頭にも身体にも入る部分。☆拝見終わったら、まず仕覆を取って腰につける⇒仕覆はもう用無しですから、自然に動けてしまいます。

★棗は荘らないことが主流⇒今日はお稽古だから、あえて荘りました。あえてやっておけば、やらない場合には省くだけだから対応できるんです。

今度は入子をやって、長板一つ置き、総荘と進んで濃茶ですね。仕覆の結び方も練習しておいたし、大丈夫!
iPhoneからの投稿