過度に緊張することはなくなりましたが、それでも点前手順や扱いに若干不安が残る、そんな長板総荘です。
でも、今日は先生に褒められたし、今までとは違っていい感じに終わりました。

碗(茶碗)、建(建水)、ばし(火箸)、蓋置、建水
ー何度も言ってすっかり覚えたこの呪文(炉でも風炉でも同じ)に加えて、今シーズンからは、

蓋置、ばし(火箸)、腕(茶碗)

も登場!
これは、水指の蓋を閉めて拝見がかかってからの順番です。

まず、蓋置を上から取り、左手で扱って右手で右横を持ち、灼立寄りに置きます。
次に、両手を膝前で草の手でつき、左手で長板左横に置いた火箸の先をつまみ、畳を滑らせて引き出し、人差し指を伸ばして箸先を畳に付けて火箸を持ち上げ、身体正面に持ってきます。
右手で火箸を持ち、左手は草の手で膝前につき、箸先を下に向けて長板スレスレを風炉寄りにS字を書きながら通し、灼立に仕舞います。
最後に、茶碗を右手前、左横、右横の三手で勝付けに置きます。

今日のお稽古ではお茶を二回点てました。
お茶を点てる時、味見ができないのが嫌だなあ、といつも思います。
濃かったかな、薄かったかな、お湯の量が多すぎたかな、しっかり点ってないかもな。
毎回、自分で飲んで確かめたい思いにかられますね。
これだけは、どんなお点前でも変わりません。

稽古中にその話をしたら、失敗ができないから修行するの、と一言。
先生は、茶筅を振っているときの感触や香りで、いいお茶が点ったかどうか判るそうです。

長板上に道具を荘りつけるとき、灼立と建水は中心から一寸程度右にずらして置きます。
中心は神様が通る道だから、開けてあげるのだそうです。

お盆の時期に稽古をすると、いつもと違い厳かな気持ちになりますね。
長板はもう一度やって、その次に濃茶稽古に入ります。
今シーズンは、濃茶でも総荘をやりたいです。

iPhoneからの投稿