遠くに見える月。


ようやく晴れたかな…と思ったら、
グッと冷え込む。
とうとう、冬の到来です。



「あなた、YUKIっていうの、素敵な名前ね。」


初めて会うイタリア人は、

大概、

そう言ってくれる。


イタリア人にとっては、

とても呼びやすい名前で、

まず、混乱することはない。


日本にいる時には、

ほとんど苗字で呼ばれてたから、

自分の名前を意識することはなかったけれど、

イタリアに来ると、

名前で呼ばれることの方が多い。


で、

二言目に、

こう聞いてくる。


「どんな意味があるの???」と。


意味など無い。


父ちゃんが、字画で決めたから。


それはそれで、

ウチにとっては、意味のあることだけど、

それはそれで、

説明は長くなるし、

そういう相手でもない。


ホントに気軽な気持ちで、

「何の意味あんの?」

と、問うイタリア人に

手っ取り早いのは、

「雪!かな…」と答える。


違うけど。


そうすると、

「おぉ、『雪』、気に入ったわ。」

なんて、言ってくれる。


気に入ってもらえて、

嬉しいけれど、

気にいる ってのがあるとしたら、

気に入らない ってのもあるのかな…

そんな事を

いつも考えたりする。


「あなたの名前、好きだわ!」

そう言われて、

喜んでいいのか、悪いのかは

わからないけど、

「あなたの名前、嫌いだわ」

なんて言われるよりかは

まぁいいか…

と思いつつ、

初対面の相手に

いつも、

こんな会話が繰り広げられる

イタリアのあるある、である。




⬇︎今日もありがとう!






最後までお付き合い、どうもありがとうございます。