「出来上がりましたら、お持ちしますから、少々お待ちくださいね。」


店が混んでくる8時半以降は、

注文内容によって、

少々、

時間をいただくことがある。


「待つ」ことに

弱いイタリア人には、

そう一言伝えるだけで、

あとの対応が

ずいぶん違ってくる。


それで、

少し先回りして

言われる前に

そう言うようにしている。


その日もやっぱり、

同じ時間に注文が集中し、

揚げ物を出すのに

少し時間がかかりそうだった。


食べ終わったお皿を下げつつ、

私は、

冒頭の言葉を伝えた。


すると、

シニョーレは言った。


「いいんだよ。ゆっくりで。」


私は、

「グラッツェ!」と言って、

頭を下げた。


イタリア語で、

「ありがとう」を言いながら、

頭を下げるのは、

妙に日本的で

我ながら、滑稽ではあるけれど、

まあいい。


すると、

シニョーレは言った。


「いいんだよ、なんつったって、今、バカンス中だから。」


「え?そうなんですか...」

と答えると、

「うん、明日の朝までだけど...」

そう言って、笑った。


あぁいいな、そういう考え。


今、これをしておかなければ、

明日はこれがあって、

今週中には、これをして...


そうやって、

いつでも突っ走る私たち。


そうして、

徐々に、

自分の首を絞めていく。


日本にいた時は、

常にマラソンしているみたいに、

でも、

ゴールが近づくと

途端に

それが引き延ばされ、

あぁ、また走らなくては...

みたいに生きていた。


仕事が終わったら、

完全にスイッチオフで

楽しむイタリア人は、

バカンスを楽しむ天才である。


たまに、

日本人と足して2で割りたい...

衝動にかられる時もあるけれど、

このことばかりは、

ちょいと真似してみようかと

思ったりする私である。


明日の朝までは...。



{404E0070-06B3-4DBE-93D9-309227BFC44B}


Pappardelle al ragù di anatra 
パッパルデッレ ラグー ディ アナトラ

鴨肉のミートソースパスタ。手打ちのパスタ、パッパルデッレは、ミートソースには、もってこいですね。肉がホロホロして、とろけた野菜が、甘味を感じさせてくれます。イタリア人ののミートソースは、やっぱり美味しい!








⬇︎  あとひと押し...





最後までお付き合い、どうもありがとうございます。
AD