相変わらず家族の新築に口出し中のPandaです。

 

無事に工事が始まっておりますが、先日現場監督さんとの打ち合わせに同席しまして、今頃発覚したことがありました。

 

それはガス乾燥機「乾太くん」についてです。


扉裏側にフィルターがついていて掃除がしやすいデラックスタイプお願いを購入予定です。



洗濯が大好きな家族は「乾太くん」の導入を決めました。

 室内物干しも設置するので、いつも

「あーん、もう干す場所ないよ〜」えーんえーんえーん

との悩みも解決するのではと期待しています。



乾太くん導入を考えるうえで、設計士さんと意見が割れたのが、


「洗面所と脱衣所、分けるのか、分けないのか問題!!」

 

決して広くはない家で、

「1階だけで生活が完結する家」

を目指していたので、

洗面・脱衣所にさけるスペースはあまりなく、3畳ほどのスペースでした。


設計士さんは「3畳しかないのに、洗面化粧台、洗濯機、乾太くん、収納も、となると、扉のスペースももったいないし、分けない方が良い」というご意見でした。


でも、

「お風呂から出て裸んぼ状態の時に誰かガラっと入ってきてうわーっ!!となる」


とか、


入る方も「今お風呂から出てこないかな?と気配を伺いながら、わざと音を立てつつ入っていく」


とか、、


そんなことから解放されるなら、狭くても良いのでは?となりました。


普段は引き戸を開けっぱなしにしても良いですし。。



ということで、1.7畳という狭い独立の脱衣所を作ることになったのですが、スペースがないので乾太くんの台を造作し、その下に洗濯機を置き、余った隣のスペースに可動棚をつけていただくことにしました。




洗濯機は縦型。蓋を開けるスペースも考えて、造作棚の高さは130cmにしてもらいました。


しかし先日監督さんにお会いしたときに、今の高さでは、乾太くんにダンパー付き排湿口ガイド」がつけられないと言われたのです。


排湿口から外気が逆流してくるのを防ぐものなのですが、取り付けをしていただくように事前にお願いをして、見積もりにも入っていました。


でもSNSなどで、天井高が標準だとこのダンパーをつけられないと言われたという投稿を見かけるようになり、今回監督さんに伺ってみたのです。


標準の天井高は2450なのですが、オプションで天井の高さを上げることができます。

でも契約して工事も始まっていますし、このためだけに天井上げるなど無理です。。


でも花粉症の家族もいるし、冬は冷たい風が入ったりなどが心配。

洗濯機をドラム式に変えるという方法もありますが、乾太くんがあるならドラム式より縦型が良いなぁと思ってしまって、この日結論はだせませんでした。。


監督は設計士さんに伝えたとおっしゃっていましたが、特に連絡はありませんでした。

たくさんのお客さんを抱えているので忘れてしまったのかもしれないです。

仕方ないです。


どうしたものかと考えて、思いついたのが乾太くんと洗濯機を横並びにする案です。

造作棚は気に入っていましたが、その棚のための仕切り壁が10cm以上はありそう。。


残念ですが造作棚を諦め、乾太くん専用台を設置すれば、なんとか横並びで置けるのではと考えました。


ソフトでシミュレーションしてみたところ、なんとか置けそうな気が。。


乾太くんも専用台もソフトにはないのでキャビネットやドラム洗濯機のサイズを乾太くんと専用台のサイズに合わせて配置してみました。


↓でもギリッギリ滝汗


今からこんな変更が可能なのかはわかりませんが、監督さんにこの内容をメールをしてみました。


なんとかダンパーがつけられると良いなと思っていますが、さてどうなるでしょうか。。


週末別荘生活ランキング