悩む事を辞めた | おうちのぶろぐ

おうちのぶろぐ

「片づけで人生は変わる」を実践中。

1人も好き。お友達といるのも好き。

1人でおうちの空間を快適にするのを考えるのはもっと好き。

36歳にして汚部屋脱出。そこから目覚めた新たな人生。

日々、よりよい快適自分空間をめざして綴ってます。


テーマ:


私は悩む事を辞めた。

正しく言えば、悩む事を減らす努力をした。

そして、今も継続中だ。

30年以上、常に新しい考えや、価値観を逆らわずに受け入れて来ていた。

でも、気付くと、取り入れるばかりで、古くて自分の嫌いな価値観を捨てる事は一切していなかった。

そのおかげで、本来、自分が本能で求めている事がずいぶんやりにくくなっていた。


他人を気にする自分も、それが嫌な自分も、制御をかけている自分も、全てその親や社会から刷り込まれた嫌な価値観を、ずーーーーーーっと30年以上適応させていたからだ。



捨てよう。


自分を苦しめる考えは捨てようと思った。

でもそう簡単には捨てる事ができないのも事実。

なぜならば30年以上もその価値観使っていたんだから!!

だから、今日明日では変える事ができないのも分かっている。すぐの見返りを求めない。

30年かかったなら、また消すのに30年かかるかもしれない。


でも、やってみる価値はある。


30年も頑張って抱えてきたんだから、数年でもし自分が変わるとするならやらなきゃだ!

とにかくこれは修行だ。
トレーニングだ。

毎日継続させなければいけない。
そして自分のゆるがないものとして、定着させなければいけない。


毎日やってる事。

それは悩む事を辞めるトレーニングだ。自分で自分の脳をコントロールするのだ。カッコいいではないか!

そしてそれはいとも簡単にできる。

自分が悩んでるなと思ったら、直ちに辞める。
また考え始めたら直ちに辞める。

辞める穴埋めは、いい事を考える、何か家事をする。ありがとうございます。と唱え始める。


最初はとにかく何でもいいから、すぐに辞めることにフォーカスする。

悩みは隙あらば、また舞い戻ってくる。

そしてこちらも応戦することなく、思考が、妄想が膨らむ前に直ちに考えるのをやめる。

それの格闘だ。

2ヶ月もすれば割とマシになってくる自分が分かる。

最初は悩まないなんて、何も考えないなんて、自分が自堕落な人間になって行くだけじゃないかと思った。

悩みを解決しようとせず、考えないのは、タダの現実逃避じゃないか?と思った。
でもそれすらがもはや、いらぬ考えなのだ。余計な心配と言うものだ。




悪いことを考えるのを辞めた分、良い事を考える事が増えた。

もちろん、最初はそうはいかなかった。

なんせどん底に落ちていたのだから。

悩みの思考を辞めても、ものの30秒後にはまた同じ事を考えている。

このスパンが徐々に空いてくるようになる。30秒から1分へ。1分から10分へ。

するとこっちのもんだ。

その隙間に楽しい事を考えるようにする。

調子がいい時には半日くらい悩みに襲われていない自分に気づく。

このトレーニングでだいぶ変わってきた。
もちろん、思考の整理をするのに、家の整理はかかせない。
自分と向き合うには環境が整っていないと集中しにくいからだ。

それにぐちゃぐちゃの部屋だった時にはこんな事を微塵も考えたことはなかったからだ。

片付けと思考の片付け。

どちらも日々前進していきたい。




いつも読んで下さってありがとうございます。

起こしくださった方、ほーーーんの少しでも共感してくだされば幸いです。

ぜひポチッとお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村










iPhoneからの投稿

kaitekiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス