Quantum Healing Hypnosis Technique

(量子ヒーリング催眠療法)

 

 
{29E9DA8D-9981-4262-8D53-0E9F2C1F6147}
 
 
 
 
アメリカで45年以上の催眠療法のキャリアを持つ
「故ドロレスキャノン女史」が編み出した
独自の催眠療法です。
 
 
 
{1BB1AD3A-EC6F-4F51-B097-A8B9370D0FB1}
Dolores Cannon
 

 

 

ドロレス・キャノン女史とは?

 

アメリカで45年以上、

催眠療法の世界でもっとも長いキャリアを持つ

退行催眠・ET研究のパイオニアです。

 

通常のヒプノセラピーよりも深い部分、

ハイヤーセルフやスピリット

すべての答えを持っている自分の部分

へのアクセスに成功した

クォンタムヒーリング・ヒプノシス・テクニック℠(QHHT®︎)

の生みの親であります。

 

 

 
 
 
QHHT®︎最大の特徴
 
 
ひとつめは視覚導入によって最も深い催眠状態といわれる夢遊性トランスへとクライアントを導き“潜在意識”(ハイヤーセルフ)から直接答えを得ている点です。
 
 
ふたつめはクライアントの“潜在意識”は、いかなる身体的問題も識別することができ、適切であれば瞬時に癒し(肉体的な治癒)を行うことができると定義している点です。

 

 

日常生活でも私たちは1日に2度、この催眠状態を経験しています。意識が眠りからはっきりと目覚める前のうつろな状態と、眠りに落ちる寸前のあやふやな状態の時です。
 
 
歴史的にヒプノセラピストはクライアントに対して、この状態に誘導することを避けてきました。なぜなら奇妙なことが起こると記録されていたからです。
 
 
 
潜在意識とは?

QHHT®︎プラクティショナーたちが接触する潜在意識は、心理学者や従来の医学分野での潜在意識とは正反対の性質だとドロレスは言っています。(潜在意識活用で引き寄せ・潜在意識書き換え等とは別の存在です)

 

いわゆるサブコンシャス(略してSC)/ハイヤーセルフ/オーバーソウル/ワンネス/偉大なるわたし/高次の存在/集合意識/魂の源と呼ばれる存在で、あなたの過去世から現在まで全てを知っている、全知全能の愛の存在です。

 

潜在意識はドロレスに、呼び名に関係なく”ただ単に純粋で誠実な心の持ち主とともに協力し、働く”とはっきり伝えてきました。

 

この存在が私たちの肉体を常に世話しており「病気や怪我」「事故」などを通しあなたにメッセージを送ります。

 

QHHT®︎では潜在意識とアクセスする事で、必要であれば大いなる視点から問題を紐解き、肉体的なヒーリングを瞬時に起こすことが可能です。

 

こちらの記事で更に詳しく解説してあります➡︎潜在意識(ハイヤーセルフ)とは?

 
 
 
 
ドロレスの2つの発見
 

 

ドロレスはQHHT®︎を用いて意図的にもっとも深いトランス状態での探求を続けることで、誰でも過去世での経験に到達できることを発見しました。

 

 

さらに、個人が過去世の記憶を探求できるだけでなく、夢遊状態にあるクライアントのセッション中に接触できた存在から、無限の知識や説得力のある解釈を得られる“側面”と接触出来ることも発見しました。

 

 

 

潜在意識がもたらすこと

 

 

この部分の意識は、常に私たちと共にあり、顕在意識の下層に存在しています。ドロレスはこの存在を”潜在意識”と呼ぶことにしました。

 

“潜在意識”にアクセスすることで、ドロレスやQHHTプラクティショナーは過去世を探求でき、さらにそれが適切な場合は、瞬時にヒーリングを起こすことができるのです。

 

 

  

世界中で証明されたQHHT®︎

 

  

QHHT®︎が、年齢、性別、人格、身体症状、宗教や文化的背景の違いを問わず世界中の人々に効果があることを、45年以上のドロレスのキャリアが証明しています。

 
 

ドロレスのテクニックを学んだ、世界中のQHHTプラクティショナーたちがそれぞれのクライアントに催眠療法を行った結果、誰もが複数の人生(過去世)を生きた経験をもち、人生について抱くあらゆる質問の答えを保持した潜在意識を持っているのです。

 

このセッションでは、様々な肉体の問題を解決した報告が世界中でされています。

その多くの例で、クライアントは必ず治ると信じていたのです。

 

 

 

潜在意識によるヒーリング・癒し

 

 

潜在意識は、どんな身体的問題も判別し、特定できます。体内の状態を見抜き、QHHT®︎プラクティショナーに、問題の有る現世や過去世での原因を説明します。そして、必要に応じて、薬や手術、痛みなどを伴わず、瞬時に癒しを完了します。

 

 

ほとんどの場合、なぜその病気になっているのか、なぜ特定の感情を経験しているのかを理解するだけで、癒される条件は十分で、潜在意識によって問題は取り除かれます。

 

 

長年の経験の中には、ドロレスにとってさえ理解し難い身体的癒しがクライアントに起こったセッションもありました。ドロレスは、QHHT®︎のテクニックを10年にわたって世界中の生徒たちに教えてきましたが、教え子のプラクティショナーからも多数、似たような奇跡的な癒しの経験談が詳細に報告されています。

 

 

どのような癒しが可能なのかを詳しく述べる前に、癒しは本人が癒されたいと望んでおり、癒されることが人生の目的を邪魔しない時に初めて起こるということを、明確に定義しなければなりません。

 

 

私たちは、各々の経験のために地球に具体化した無限の魂です。視覚障害者の潜在意識は、もし目の不自由さがその人が経験することに同意した人生の重要な側面のひとつであったなら、視力を癒すことはないでしょう。

 

 

あるいは、肉体を敬い愛することを学ぶ課題を課してきた者が、健康管理がおろそかなために作り出した身体的問題を癒すこともありません。文字通りそれは道理にかなっています。保証はありません。ですが、ドロレスやQHHT®︎プラクティショナーは、同様の驚くべき結果をセッション中に経験してきました。

 

 

ヒーリングの実例リスト:
関節間の軟骨の再構成
AIDSの治癒と根絶
心臓(の状態)の癒しとその後の手術の不要
低下した肝機能の再生と機能回復
障害を受けた腎臓の再生と機能回復
開いた軽傷の再生と傷痕の消去
片頭痛の解説と原因の撤去
2.0/2.0視力の回復による視力矯正の不要
糖尿病の癒しと原因の説明
腸疾患の癒し
腰と背中の中程の疾患治癒
首と肩の痛み撤去
肺関連の疾患治癒
肌疾患治癒

 

 

 

”あなた自身が想像力の限界を作らない限り、

 

可能性は無限に広がっているのです” BY ドロレス・キャノン

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

■QHHT®︎ JAPAN Official Site

 https://japan.qhhtofficial.com/日本語訳あり)

 

QHHT日本版の公式サイトです。活動中のプラクティショナーの情報や世界のプラクティショナーのブログなども掲載されています。

 

 

■ドロレスキャノン・ジャパン日本情報サイト

→ http://dolorescannonjp.wixsite.com/dolores-cannon-japan

 
ドロレスキャノンについて日本語の詳細な情報はこちらまで。
 
 
 
プラクティショナーより

 

齋藤 優子/こりん

 

 
 
スピリチュアル界では有名なドロレス氏の発見した退行催眠QHHT®︎は日本ではまだまだ知られておりません。
 
 
なぜなら海外では”代替医療”として認められている催眠療法自体日本ではあまり認知されておらず、日本人のプラクティショナーも少ないため受けられる人もごくわずかだからです。
 
 
私は運良く2012年12月にドロレスの最初で最期の日本のセミナーを受講することが出来ました。 そして2014年10月ドロレスは地球での役目を終え、宇宙へと活動の場を移したのです。QHHT®︎を学ぶ貴重な機会を与えられ、セッションを出来ている私はとても幸せ者です。
 
 
国内で活動されているプラクティショナーもごくわずかで、現在公式でアクティブに活動している方も数名です。世界各国でプラクティショナーは活動しています。
   
 

QHHT®︎はまるで魔法のようです。
 

 

このセラピーではたくさんの奇跡が起きています。それは世界中で証明され、私もその目で奇跡を見てきました。この奇跡のセラピーQHHT®︎を日本中に広めるべく、日々奮闘中です!

  
 

↓こちらの動画で更に詳しくQHHT®︎について話したので是非ご覧ください♩

 

 

 

 
ドロレス・キャノンより

 

 

こちらも是非ご覧ください。

 
 
「ドロレス・キャノン QHHTに対するドロレスの思い」 
 
 


 

 

動画提供:http://www.dolorescannon.com