ぼんぼりの夜。 | 近藤佑子ブログ『3歩あるいて5歩さがる』
新型コロナウイルスに関する情報について

ぼんぼりの夜。


20080708214551.jpg

昨日、お通夜にいってきた。
とっても沢山の参列者の方がいらっしゃっていて、故人がどんなに篤い方だったのかが伺えた。一年以上お会いしてなかった方に会った。久しぶりの人に会った。ついこの前会った人にまた会えた。こんな時に引き合わされるのも故人のパワーなのかもしれない、と思った。

お寺を後にした帰り道、これまた偶然に、われが大っ好きだったバーのマスターの奥様と鉢合わせた。お寺では気付きませんでしたのに、あら、まぁっ!と。
われはこのマスターに、本当に色んなことを教えてもらった。お酒と音楽が大好きで、にょほほって笑って、俺の背中を見てろっ的なのにふわぁっと凄いタイミングで言葉や優しさをくれる人だった。でっかい人だった。
その、奥様。
もっともっとでっかかった。

二人で呑める機会なんて今まであったことがなかったんだけど、不思議だ。不思議なタイミングだった。日本酒をさしつさされつ・・・色んなお話をした。お話を聴きながら、美しいヒトだぁぁと心から思った。でも、この強さと優しさと美しさの海下にあるモノを考えたら、自分はいつになったらそこに辿り着けるのだろうかなぁ・・・と呑むしかない若造の自分がいた。

また呑みましょうっ!とお約束をして店をでる。
電車に揺られて一瞬うとっとしてしまいながら、ちゃんと中目黒で起こしてもらう。そう、また中目黒。楽屋 マスターのマッシー(そんな仲でもないのに勝手に呼ばしていただいてます。スミマセンだす。)から、オススメのライブがあるから遅くなってでもいらっしゃいと言っていただいたのだ。この日のライブは、酒井 俊(Vo)・中尾勘ニ(Sax,Ds,etc)・桜井芳樹(G,Banjo)・関島岳郎(Tuba)というバンド。この酒井さんの女性ヴォーカルの歌声がとてもステキだった。歌との向き合い方というのだろうか。声が届く。そんなライブ。こういうのを「歌手」というのだよ。はっはは。


なんだか、女性の強さと美しさを満喫した夜であった。